大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンシーなオイスター


fancy  【不可算名詞】 (気まぐれで自由な)空想、(詩人・画家などの)創造的空想力、(事実に基づかないで想像された)思いつき、気まぐれな思い、思いつき、感じ、(個人的な)好み、嗜好、愛好
~weblio辞典~



米国からニッポンへ渡り、さらに中東の一国に連れて来られようとは思いもよらなかったはずの芸者さん。きゃぴきゃぴした特別な女子会にでも開けようと思っていたのだが、「仕事大人数、うまいもん小人数(こにんずう)」と言う、クイーンから叩きこまれた我が家の家訓に従い、酔っぱらった勢いで夜中の12時にぱっかん。


しゅんすけく~ん、だ~い好き!

かぼちゃぺぁ~~んつ!!!(すぱなしかわからんネタでスマソ)


右の真ん中のやつがでけえ

ぱっかん開けるときの最後の瞬間の油はねをどうにかする方法を考えた人にはなんかいいものあげたい。という気持ちはあっという間にどっか行ってしまうほどご立派かつちょっと松崎しげる風の大粒のオイスターたちこんにちは。勝手に想像していたよりも、かなりふっくらしっかりしたしげるたち。


もにょふわ

美しい人生よ、限りない喜びよ、歌いながらお箸で持ち上げるも、崩れるんです。儚いほどソフトです。ファーファもびっくりです。そろーっと口に入れてみました。


うまい!!!!!!!

ここんとこニッポンでは”缶○ま”なるものがブームじゃけれど、こりゃ比にならんうまさ。もにょふわな牡蠣にたっぷり詰め込まれた海の旨み、ニッポンの海食品の、ちょっと間違った”磯臭さ”がまるでない。しっかりめのスモークなのに牡蠣のうまさは清々しく健在。これ可能ならば段ボールでお取り寄せしたい。一気食いです。


提供は、アトランタスタジアムより、じぇにーさんです。

ありがとうございました。


なにげに創業100年以上だもんね

創業104年の貫禄に、ありがたみさえ感じるfancyのキャッチコピー。芸者さんとおいしいオイスターなんて、米国の方々にとっては空想レベルの夢のコラボといったところか。





コメント

おお、さすが創業104年のゲイシャ!


アトランタスタジアムから
中東まで到達しとったんですね☆

こっちじゃスモークオイスター、
お気軽つまみとしてヘビロテしよるのですが
いつもストアブランドの調達しよったけ
ゲイシャの実はこちらで初めて拝見、
想像以上にプリプリおおきいのに
こっちまでビックリ!

なんせ怪しい名前付いとるぶん
珍土産としてネタにはなるかな、的に
調達したのが思わぬ大当たりじゃったとは!
ほんまに
Traditional quality Since 1912
なんじゃろうかも怪しげじゃけど。
しかも後から付けたような
Fancyのさりげない字体サイズ
突っ込み出すと尽きんね~

ぱっかんの際顔や服に油跳ねたり
開ける以前に取っ手部分だけ
もげて思わずファックとか言うてしまう
そんなハプニングも
スモーク缶の魅力でしょうか。
次回はごっそり調達しておきまーす!


で、、箱詰めで送って差し上げたい程ですが
アメリカってあの辺りの国
今異常に警戒しとるけ
無事届けられるんかどうか、
ちょっとトライしてみよっかなダメ元で。むふふふ

はっきりとは思い出せん松崎しげるの黒い顔に白い歯のイメージがもやもやっとやって来てあのテカテカしたスモークオイスター達を見つめなおしたよ。ごもっともです。行儀よく並んどってから。
ファーファよりソフトなんて、なかなかないよ。でもとてもソフトだったんじゃね。あのよく分からんソフトさを上回るとはゲイシャ恐るべし。

わしもこの商品知っとる。いつも見かけてはガイシャと呼んでしまうわし。しかしコットンシードオイルって…?
なに一緒に飲んだん?

堪能させていただきました

>じぇにーさん
こんなに素敵なものを頂いて感謝感謝です。ありがとうございました。
気になったので外箱を細かくチェックしてみたのですが、実はこれ、Made in Chinaでした。中国→アメリカ→日本(ちょっと祖国へ近くなる)→トルコ、という輝かしい大陸横断を経て、わしの胃袋へ。心から、お疲れ様と言ってあげたい。(トイレに向かって)
あの、ぱっかんの最後の瞬間のいらだちったら、ビニール袋ぱんぱんに入った液体入りもやしのナムルをあけるときに匹敵すると思います。こんなにアイデア商品や便利グッズが溢れている日本、早く誰か「ぱっかんの最後油散りません~!ボクは死にましぇん~!」(商品名はわしがもう決めた)を開発して欲しいものです。





ガイシャお試しあれ

>ロデニの娘さん
顔がはっきりと思い出せんのも無理はない。こげ茶に白い歯、だから。でも笑顔のイメージだね。
ゲイシャさん、儚いほどソフトでした。ちなみにわし、この世の中で一番柔らかいものを触ったことがあるんです。それは、新生児のタマきん全力投球。おむつ替えるたんびに「世の中これより柔らかいものは存在しない!」と感動していたのを覚えとる。吸いつくんよ、柔らかすぎて。二番目はこのゲイシャさん、うーん、でもファーファも同等二位に認定しようかな。癒しだから。
コットンシードオイル、ご存知ない?綿実油。しかし今調べてみたら、この油そうとう体に悪いらしい。ま、だからうまいっちゅうこったね。
いっしょに頂いたお酒はもちろんラク。マリアージュしましたよー。

ちょいと吊り目のゲイシャさん。

かぼちゃぺぁ~~んつ!!!
なになに?めっちゃかわええランチョンマットじゃん。新聞じゃないじゃん。
なんかもったいない、と思うてしまう貧乏性なわし。

ぱっかんはね、キッチンシンク内でするんよ。
もう油が散るのは大前提で。
もしくは最後まで開けてしまわずちょこっと繋げたままにするとか。
てかまむたん、儚いちんたま、じゃなかった、牡蠣を持ち上げとる画像、
オイルこぼしとるし。

まむたん、吸い付く柔らかさ???どんなん?

だったら新生児のファーファのとキンタマハムスターの新生児のとどっちが柔らかいんやろかな?
想像つかん…

我が家貧乏なんで新聞とってません

>すぱな
かぼちゃぺぁ~~んつ!!!は、ランチョンマットなんて洒落たもんではなく、日本からクイーンが持って来てくれた綿0%の水分まるで吸ってくれないイケズな布巾です。何に使っていいのか全く見当がつかないのでゲイシャさんの下敷きになってもらいました。
ぱっかんを最後まで開けずにくっつけたまま食べるのがわしはなんか嫌いなんだな~。お、お、おむすびが、す、好きなんだな~。
オイルこぼしとる、とご指摘いただき画像を確認しました。我が家のキッチンに白い場所などない。酔っぱらっていたにも関わらず、己が絶対油こぼすのをわかっとってちゃんと白いお皿の上でタマきん全力投球を持ち上げたようです。酔っぱらっているときのほうがしっかりしてる~、自分~。

クがタになった奇跡

>ロデニの娘さま
吸い付くのはタコの吸盤だけじゃないってことです。(また食べたいね~、口の中をキュ~ッとやられる活きたタコ!)
どちらが柔らかいか、そ~っと撫でてみてください。想像で。
fancyですから。

あーああいう感じか〜(あくまで想像)。
なんかきゅっとくるね。やっぱfancyじゃ。

きゅっ

想像というか空想というか、妄想じゃね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/787-f289f760

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

さあて。そろそろ5月の旅行記をアップしようかな。(すぱな)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。