大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発作性上室性頻拍。~ドッキンコ撃退手術。~

7階の個室から2階の手術室まで車いすでゴロゴロと移動し、

フルネームで名前を名乗り、

股間のブラブラが気になりつつも、恐る恐る手術台に上がって横になりました。

(なんか抜けそうな気がして歩いたり動いたりするのが怖かったけど、

実際は膀胱の中で風船を膨らませとるらしく、ちょっとやそっとじゃ抜けんらしいです。)


手術室にはたしか?5~6名の方がおられたんじゃけど、

パッと見は女性のみ(じゃったと思う。)でした。


手術着を脱いでマッパになり、

バッタオルを掛けられ、

カテーテルの先から電流を流すので腰のあたりにアースを貼り付け(アースて。わろた。)、

穏やかな口調で「これは○○のためのものですよ。」とか、

「ちょっと冷たいですよ。」などと逐一丁寧に説明してくれたり、

話しかけたりしてくれながら、(クランケの緊張を和らげるための配慮じゃと思う。)

なんやらかんやらいろいろなものを装着されました。


ほいで、

カテーテルをぶっ刺すところ(右足付け根と右鎖骨下あたり。)を消毒され、

眠っとるあいだに動いたら危ないとのことで両手両足を縛られ(正解。わしはかなり寝相が悪い。)、

バッタオルを除けて緑色の布みたいなのを掛けられ、

(いまちょっと調べてみたら“なんで緑色なのか”の理由がちゃんとあってびつくりした。)

「はい、じゃあ点滴に眠くなるお薬を入れていきますねー。」と言われました。


ちょっと経ってから、

「そろそろボーっときてきましたかー?」と聞かれたけど、ギンギンに冴えまくっとりました。


またちょっと経ってからもう一度、「眠くなってきましたー?」と聞かれたので、

「いや・・・、まったくです。」と答えたら、

「あら・・・、お酒はよく飲まれます?」と聞かれたんじゃけど、関係あるもんなん?お酒って?


で、

「じゃあもうちょっと眠くなるお薬を増やしますねー。」と言われ、

またもや「どうですかー?ボーっとしてきましたかー?」と聞かれたので、

「ん~、まだ全然。はっきりしてます。」

と答えた直後にスコーーーンッ!と意識がなくなり、深ーい眠りに落ちたのでした。あとは任す!


余談ですが、入院の流れが書いてあった紙に、

“手術中に音楽を流すことができるので希望される方は看護師にCDを渡してください。”

と書いてありました。

そりって、

マキシマムザホルモンとかでもええんかな。

執刀医の手元が狂ったりせんのんかな。


つづく。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

手術に至るまでの経過がリアルすぎて、こぇぇぇ~。

私入院したことないから余計に、こぇぇぇぇ~。

お酒もほどほどにしないとこんなところに影響でるんだ!

好きなCDをかけてもらっても、医者が気に入らない音楽な
ら患者が麻酔で意識のない時は、「プチ#!」って切られるかも
ね。

ひょええぇぇ

ほんま
しゅじゅちゅ実況中継聞くだけで
こわぁ~~なって
知らん間に股間押さえとったですけ。

なかなか眠くならん理由が酒って、
すぱな様らしゅうて思わず吹いたです(笑
やっぱ酒呑みっていうの
ひょんなことからバレるもんなんじゃね。

しかもオペ用BGM
持参できるってのにビックリ!
ほいなら
「お前も蝋人形にしてやろか」
とか手術室で響かせてもええんじゃろうか^^;

ぷぷ、チンポ酒♥
あれ以来ボトル注ぐたび
ちんこ尿道のビジュアルちらついてやれんです。
ほんましらふじゃと
しょうも無さ過ぎな発想じゃ思うたのに
スタオベ恐縮ですわ♪
でもどこかの秘境に
存在するかもしれんですよねちんぽ酒♡

hanaさま
リアルでそ?
手術を受けるかどうか長年悩んだり、
手術を受ける決意をしたはええがやっぱり不安でやれんかったんじゃけど、
実際に手術室に入ってからは、サクサクーっと流れ作業的な雰囲気じゃったんで、
あんまり怖くなかったです。
(わしに対する声掛けは流れ作業的ではなかったですが。)
もう腹は決まっとったし。

いまちょっと調べてみたら、
お酒をたくさん飲むしとはそれを処理するために肝臓の酵素がどんどん増えるらしく、
お酒を飲めば飲むほど分解できる量が増えるようになるんだって。
(酵素誘導って言うらしい。)
で、
アルコールを処理する酵素は同時に薬物もどんどん分解して処理してしまうけ、
薬の有効成分が血液に留まる時間がみじかくなるんだって。
睡眠薬が効きにくかったわしの肝臓ってば、働き者~!

「プチ#!」の、、#はもしかして怒りや苛立ちを表現されてるのでしょう
か?


じぇにーさま
このときはもうあんまり怖くなかったですよ。
グッバイフォエバー!ドッキンコ!みたいな気持ちでした。
ほいでも眠らずにどがいなことされるんか体験しときたかった気持ちもあるにはあったんですが、
しゅじゅちゅを決意してもやっぱり不安でネットで調べまくり、
おなじ症状でしゅじゅちゅを受けたかたのブログを読み漁ったんで、
想像力豊かなわしは(妄想族とも言う。)すでに何度もこの手術を受けたような気持ちになっとったんで、
パニックになるかもしれん不安よりも安心を選んだ次第であります。

ほうなんよ、
「いまこの状況でわしが酒飲みかどうかって関係あるのか?」と思うとったんですが、
ばっちり関係あったみたいです。笑
ほいでも最近はすっかり飲めんようになってもうたですよ。
ビール4本とワインorポン酒2~3杯で立派なヨッパになってしまうなんて・・・!

しゅじゅちゅ中に好きな音楽って、
ほんまにどげな曲でもええんか試してみたかったですわ。
蝋人形の曲ってしゅじゅちゅにぴったりな曲ですよね。
壁に飛び散る生き血の飛沫が~♪
って、きょ、きょわい・・・っ!

ほいでもまむし酒(まむたん酒ではない。)が存在するくらいじゃけ、
ほんまに存在するかもですよね、ちんぼ酒。
あらやだわしってば。
ちんぼって言うてもうた。
きゃー。

>>「プチ#!」の、、#はもしかして怒りや苛立ちを表現されて>>るのでしょう
>>か?

正解~。
伝わってえかった、えかった。


hanaさま
#一個で感情を表現されるhanaさん。素晴らしい!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/698-ccde8f4e

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

さあて。そろそろ5月の旅行記をアップしようかな。(すぱな)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。