大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペペペペペルー!しんこ。

ピサックへ向かう道中、心地よいタクシーの揺れでうっかり3人とも居眠りしてしまい、

ふと気がつくと、

タクシーの運ちゃん、ピサックをスルスルーと素通りしやがり、

すでに最終目的地のオジャンタイタンボ近くのウルバンバ辺りまで来ておるではないかー!!!

「お、お、おどりゃー!なにしよんならー!

サクサイワマンとケンコーとタンボ・マチャイとピサックに寄ってから、

オジャンタイタンボまでって交渉したじゃんけ!

わしゃ5ヶ所のなかでピサックの市がいちばん楽しみじゃったんじゃけ!

はようピサックまで戻らんかい!」

と、こげな↓形相で日本語でまくしたてたんじゃけど、
ペペペペペルー!
(まむたん、思い出して足がガクブルした?)

スペイン語しかわからんタクシーの運ちゃんとは話にならず、

ピサックまで戻れと言っても頑として戻らず。

しかたないので警察に行ったはええが、やはりスペイン語しかわからん署員ばかりで途方に暮れ、

と思ったら、

署員が探してきてくれた、スペイン語と英語のわかる超イケメンの村人が颯爽と登場!

(ペルー人ではない感じ。よっぽどウルバンバが気に入って沈没したんかな?)

その超イケメンがわしらとタクシーの運ちゃんの言い分を聞き、通訳し、交渉までしてくれ、

なんとかピサックをスルーされたぶん、タクシー代を安くしてもらえたのでした。

が、とっても楽しみにしとったピサックがどうしてもあきらめきれんかったので、

超イケメンに、

「(マチュピチュ村から戻ってくる)1月1日って、ピサックの市、しようると思う?」

と聞いてみたら、

「いつもより規模は小さいかもしれんけど、たぶん、しようると思うよ。」

と言ってくれたので安心し、

ウルバンバのビュッフェレストランでお昼ごはんを食べました。やけ食いじゃ!
ペペペペペルー!
しかし、

ピサックってわざわざ遠回りせんにゃいけん場所にあるわけではなく通り道にあるのに、

なんでタクシーの運ちゃん、スルーしたんじゃろ?

わしらがうとうとしようるときにタクシーの運ちゃんのケータイが鳴って、

ピサックがどうのこうの言いよったけ、

寝ぼけた頭で「なんかおかしいな~?」とは思いよったんじゃけど。

時間が惜しかったとか?かなあ?まあもうええ!

その後、無事にオジャンタイタンボに到着し、
ペペペペペルー!
ペルー・レイルでマチュピチュ村までのチケットを購入しようと思ったら、
ペペペペペルー!
なんと満席で売り切れ!

「お願い!席がなくてもええけ!立っとくけ!乗せて!お願い!おーねーがーいー!」

とがんばるネゴシエイター・まむたん。

だいじょぶじゃから。

マチュピチュ村まで行く列車はペルー・レイルだけじゃないから。

というわけで、インカ・レイルのチケット売り場に行ってみたら、
ペペペペペルー!
あっさりチケットが買えました。

ちなみに、どの鉄道会社でも事前にネットで予約ができるのですが、

リマからクスコへの飛行機は有視界飛行で遅れることがかなりの確率であるらしいので、

あえて予約しなかったのです。遅れんかったけど。

さて、いよいよ列車に乗って出発です。頭のなかはあのテーマ曲がエンドレスで流れまくってます。
ペペペペペルー!
いっちょまえにドリンクサービスがあったので、高山病予防にコカ茶をいただきました。
ペペペペペルー!
恐ろしいほどの濁流のウルバンバ川を眺めながら約1時間半、
ペペペペペルー!
標高約2000mのマチュピチュ村に到着です。
ペペペペペルー!
ここってまるで湯来温泉!?と思うほどの温泉郷っぷり、なんだかとっても癒されます。
ペペペペペルー!
まずは予約しとった宿にチェックイン、マチュピチュ村での宿はここ↓、
ペペペペペルー!
グリンゴ・ビルズ・ホテルです。

てか、標高3000m超えたところから約2000mまで下がってきたのに、

宿までのほんの数段の階段で息が切れるんですけど・・・。

部屋はこんな感じ。おっきいベッドはもちろんわしが使います。
ペペペペペルー!
このホテル、かなり凝った造りの大きい宿で、
ペペペペペルー!
ジャグジーやムーチョス小さいプールもありました。
ペペペペペルー!
アグアは入ってませんけど。

宿を探索したあとは腹が減ったので温泉街に繰り出し、
ペペペペペルー!
こんなレストランに入ってみました。
ペペペペペルー!
クスケーニャ(ペルーのセレベサ)を注文したら、

瓶ビールのふちでグラスを微妙に傾けて注ぐというパフォーマンスを見せてくれました。ブラボー!
ペペペペペルー!
はい!今日はいろいろあったね!警察まで行ってしもうてから!おつかれ!かんぱい!
ペペペペペルー!
え?高地でアルコールは禁物?もちろん知っとりますけど?

アボガンド。
ペペペペペルー!
甥っ子たちが小さいころ、アボカドのことをアボガンドって言ってたんです。

きんぴらごぼうはぴんぴらぽぽー。おともだちはおぽのだち。

なぜわざわざ難しく言うのだ?

セビーチェ。
ペペペペペルー!
チキンのなんたら。
ペペペペペルー!
アルパカのなんたら。
ペペペペペルー!
ア、ア、アルパカって・・・、
ペペペペペルー!
ムーチョス美味い!!!

このレストラン、お会計のときに、

勝手に高額なサービス料(チップ。)を上乗せして払えと言ってきましたが、

もちろん「なんでサービス料の金額をわれが勝手に決めるんや?」と抗議したったりました。

さて、翌日はいよいよあそこへ行きます。

子供のころテレビで見たときに、「いつか必ずあそこへ行く・・・!」と誓った、

あそこへ!

つづく。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

あのイケメンお兄さんのスゴイ歯が忘れられない。(歯フェチ)

そういやわし言ったね~、「立ち乗りでもいいから乗せて!!!」つて。我のことながら忘れておった。

ペルー記事、とっても楽しく読んでるよ。
それにしても 三人の逞しさに『ホの字』のアタシ。
自分だったら丸っきりお手上げ状態で泣いとるわ。

料理はとっても旨そうだね。
↓記事のレストランも興味深かった。
貝殻を飾り付ける技を見たのは“武田久美子”以来だったわ。

そうそう、ウチの母
“サブリナパンツ” の事を “サブリミナルパンツ” と、何度指摘しても間違える。
確かにわざと難しくしているとしか思えん。
あ、“寅さん” を “亀さん” とも言ってたっけ。
よーわからん。(笑)
しかし、“ピンピラボボー”は 言い間違い界の傑作品だと思う。

きゃー

こげな形相で睨まれたら
わたしゃ萌えるですわ☆ 

で、おっきいベット
目覚めたら隣に‥ムフフとか。きゃ

でもこのペルーの温泉街(?)
ほんま懐かし感あってエエね♪
どこぞの遊郭街みたいでワクワクじゃ♥

インカの列車もバリかっこええですね!
あのテーマ曲って
もしや世界の車窓から?

それとも猪木のリング入場テーマ‥ 
ぴんぽーん☆じゃ


そういえば・・・

うえきばち、って言えない人もいましたよね、たしか。

しいたけが食べられない人とか。

それよりもクレヨンが好物だったりした人とか。



きゅうちゃんさま
しー!ペルーは美味しいもんがいっぱいあるんよー!
肉も魚も穀物もセレベサもビノもピスコサワーも、
なにもかもが美味しかったよ、ほんまに。
特にペルーの名物料理のセビーチェ!
コリアンダー大好きなわしらにはたまらんかったです。
マリネされた生のお魚をお口いっぱいにほおばってモグモグしたら、
鼻の穴からブワワワーっと抜けるカメムシ臭。
悶えましたですよ。

ぴんぴらぽぽー、かわええじゃろ?
当時、そのかわいさに発狂しそうになったんじゃけ、わし。
ほかにも、コンピューターのことをコンプータって言いよったんよ。
いまは大きゅうなって、それはそれは素晴らしい発音でコンピューラー言いようるけど。
サブリミナルパンツって・・・。
なんか、サブリナパンツを穿いとる動画で、
一瞬ノーパンの画像が写る、みたいなん想像してもうた。笑

「あそこへ!」って、鼻の穴ふくらまして言った(いや、書いた。いや、打った。)はええが、
忙しゅうて忙しゅうてなかなかつづきを更新できずにおるのに、
楽しく読んどる言うてくれてありがとうねー!
お礼に貝殻の水着を着用したわしの画像をプレゼントしようかー?
しじみの貝殻の水着を着用したわしの画像。
(ギ、ギリすぎる・・・!)


じぇにーさま
シャイニングなわしの顔、萌える?まじで?
ほいじゃあ王冠ごっこんときのすんごいすんごい変顔でも萌えるかも?キャ

おっきいベッドで寝て目覚めたら隣に‥・、は、ないない!
だってうちのおっさん、すんごいテレビっ子で、
テレビが観たいがためにちっこいベッドを選んだんじゃけ!
(ちっこいベッドの前にテレビがあったんよ。)
なに言いようるかわからんでも、なにがなんでも観たいもんなんじゃね、テレビっ子って。

インカ・レイル、かっこええじゃろー!
山の緑に映える列車よね。
ペルー・レイルのチケットが売り切れで逆にえかった☆
(いうて、ほんまはちょっと焦った焦った!)
世界の車窓からでも猪木のリング入場テーマでも、
どっちでも大正解でーす!

マチュピチュ村は、
前はアグアカリエンテス(熱いお湯)っていう名前じゃったらしいんじゃけど、
その名のとおり、マチュピチュ村には温泉があるんですよ。
その温泉、入りたい思いよったんじゃけど時間が足りんかった!
残念!
(酔っぱらう時間を削ってマチュピチュの温泉に入る、という選択は当然ナシ。)

まむたん
なんで“うえきばち”って言えんかったんじゃろ?
しいたけはこどもが好む味じゃないじゃろ?
クレヨンだけじゃなく粘土も食べたことあるよ?

ちみはアレできるようになった?
両手を逆さにして指でメガネを作るポーズ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/635-2a491bb9

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

さあて。そろそろ5月の旅行記をアップしようかな。(すぱな)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。