大人の女三人がぐだぐだ

こばとさんから伝書鳩がきました①

首相の動静なみに、分刻みでのお仕事に追われるこばとさん。
そんな多忙を極めるこばとさんから伝書鳩が届きました。
おだやかな言葉運びの裏に見え隠れするこばとさんの憤り、
それはまるでステージの最後に楽器をめっためたにぶっ壊してしまうヘヴィーメタラーも
たじたじにしてしまう勢いで、思わず誰かとっ捕まえてジャンプしながら「炎ッッッ!!!」
て叫びたくなりました。
是非みなさんにご紹介したいと思います。
あまりの超大作であったため、上・下に分けさせていただきました。

ちなみにこばとさんはわしよりも8才年上のため、ところどころわからない単語が出てきます。
ジェネレーションギャップを感じます。









天空の宿『ネムールイン立川』 ~上~


仕事柄、2~3週間の出張が毎月のようにある為、
様々なホテルとの出会いと別れを繰り返す日々でございます。
それぞれの出来事は良い事も悪い事も、過ぎてみれば皆、甘酸っぱい旅のメモリー。
そしてこの度、ついに至高の宿との出会いを果たした興奮から、思わずお便りをしてしまいました。
甘美な光りと輝きに満ち満ちた、誇り高き殿様こそは、
あ、いやいや、その様こそはキング・オブ・ホテル。まさしく天空の宿。
その名も『ネムールイン立川』二週間ぶりの東京。
この度はどうなる旅か危ぶむなかれ、と疲れた体に言い聞かせ、
スーパーホテルを横目に宿へ急ぐ。
「ふふふふ、これからネムールさんいち押しの大浴場へゆったりつかったら、
冷えたビールと白ワインで、立川の月に吠えちゃるでぇ~」と、はやる心に足ももつれ気味ながら、
ようやくチェックイン。
「えぇ~っと、大浴場は何時までですか?」
「はぁ??20:30までですけど」
「へっ??・・・・・??」
あら大変。
時計の針はもぉ22:30。
まことまこと、女湯12:30~16:30男湯16:30~20:30と、エレベーターにも
ぴしゃーっと書いてありますわい。
東京来てまで残業するバカはわれだけよ、何て乱暴な事は決して言わず、
男湯チェンジの時間に合わせて仕事をこなすのが、本物の男と教えてくれた。
ありがとうネムールさん。

気を取り直し、いざお部屋へ。
「たちまちはビールじゃ。ワインも ええあんばいに冷やしますでぇ~・・・あら??・・・??」
ない!ない!ないったらないっ!昭和の頃は、三種の神器と崇め奉られたが、
今となっては生活必需品のポジションに落ち着いてしまったあなた。
まるで丸くなってしまったロックスターの如き“レイ・ゾウ・コー”がどこにもないっ!!
かわりにあるのは、暖房がまったくきかないこの部屋の厳しい寒さ。
なぁ~んだ、これならわざわざ冷やすまでもなくよく冷える。
冬に来てよかった~。季節と共に生きる事を教えてくれた。
ありがとうネムールさん。
見回すと部屋の中のあちこちには、もう憎らしい程の小粋な演出が、随所に顔を覗かせる。
天井付近のコンセントから、昭和四畳半風アナログテレビのコードがぶら~んと垂れ下がり、
ターザンが現れそう。(※1)
洗面台で使えるのは、どんな朝でも一発お目覚め間違いなしの冷たい水オンリー。(※2)
お風呂やシャワーでお湯を出したきゃ、ゴォゴォ音がとってもイカす、巨大給湯機をスイッチオン。(※3)
バスタブに湯をはれば、ここはバリ島のフラワーバス!?!?とみまがう程、
不思議な物体がウヨウヨ浮いて来て、うぅ~~んゴージャス!!(※写真自粛)
その上お湯を抜いた途端、排水溝から逆流したそのお湯があふれかえり、
あたり一面一瞬にして真冬のプライベートビーチと化す手の込みよう。
思わず波打ち際で、浴衣のすそをまくってキャッキャッとはしゃいでしまった。
何気ない日常から、大きな喜びを見つける事を教えてくれた。
ありがとうネムールさん。

食堂を訪問。夜間は従業員さんの休憩&仮眠室も兼ねている模様。
基本、施錠されているのは、従業員さんがポテトチップスを食い散らかしたり、
カップラーメンの汁をこぼしたり、テーブルに枕を置いたり、イスを並べてふんぞり返り、
後ろからシャツが出ているのが見えるのを防止する為のようだ。危機管理能力の高さを伺わせる。
すでに翌朝の無料朝食がセットされている。タッパーにセットされた食パン。
「パンは一人2枚迄でお願いします」の注意書きを、皆さんには是非守って頂きたいものだ。(※4)
コーヒーも、後はポットのお湯を注ぐだけの状態で、明朝の出番を静かに待っている。(※5)
何と仕事が早い事か。そして何と言うけれんみのない、威風堂々たるメニューなのか。
爽やかな思いで、パン焼き会場横に設置された、共同とおぼしき冷蔵庫に目をやると、
そこにも注意書きが。文法が複雑過ぎて、小学校早退の私には難解な為要約する。
「保健所より指導がありましたので、勝手にご使用になるのは禁止させて頂きます」(※6)
勝手という言葉の中に込められた、計り知れぬ自信と誇りに体が熱くなり、
従業員さんが当直用にセットした暖房の設定温度も暑すぎたので、
勝手に冷蔵庫の扉を数十回開閉して、涼をとったのは勝手だろうか。
お客様は神様ではない。ギブアンドテイクのビジネスパートナーという、
商売の原点を教えてくれた。
ありがとうネムールさん。




ターザンTV(※1)     一発お目覚め間違いなし(※2)     ゴォゴォ給湯機(※3)


マナーを守ろう(※4)     モーニングコーヒーセッティング完了(※5)    


ルールを守ろう(※6)






えーとえーと、オレ的には、プラッチックのコーヒースプーン用意してくれてるだけで、
もう感激なんだけど!(金属カトラリー苦手なまむし)





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/461-7129b944

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

「飲んだくれ女子の○○ブログ」「お酒大好きOLの××日記」などというブログ紹介文をよく見ますが、「酒くさいおかあさんは好きですかブログ」といった類のものを見かけないのは、そのようなおかあさんは酒飲んで真夏の車中に子どもほったらかしてパチンコしてそうな人、というイメージからでしょうか。オレだオレ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター