大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANVIL~The Story of Anvil~

最高の映画に出会えました


1984年、スーパーロック’84と名付けられたロックフェスで日本にやってきた、
重鎮スコーピオンズ、ギターゴッドマイケルシェンカーグループ、演歌節ホワイトスネイク、
まだまだ駆け出しのひよっこボンジョビ、そして、この豪華顔ぶれの中にANVILはいた。
いろんなタイミングを逃し、この中で唯一スター街道から外れてしまったヘヴィメタルバンド。
50代になった彼らは、カナダのトロントでアルバイトをしながらまだANVILを続けていた。
ヨーロッパツアーを持ちかけられるもコマーシャル不足で客席ガラガラだったり、
ギャラを支払ってもらえなかったり、あげくの果てにはバンド内で仲間割れ。
それでも、やっぱり諦めきれない男たちはレコーディングしたテープをレコード会社に送り続ける。
そんな中。
日本のプロモーターから連絡が入る。
「日本にライヴをしに来ないか」




もう、いろいろ説明するより、とにかく観て欲しい!この映画!!
ドキュメンタリー映画って、正直今までおもしろいと思ったことがなかったのだけど、
マイケル・ムーアが言っているように、これは本当に最高傑作だと思います。
泥臭いヘヴィメタルを取り巻くおっさんの友情なんて、スウェディッシュポップス好き根岸君
のような今どきの草食系男子なんかにはきっと永遠に理解できないのだろうけれど、
わしの昭和な魂にはぐわんぐわん響いたのだ。
映画を観る前は、
「へえ~、クアトロ来るんだ、えっ!?チケット7000円!!!?ふんっ、行かないよ。」
とか言ってたのに、観終わった後は、
「絶対クアトロ行く!アンヴィルのチケット買う!リップス(ヴォーカル)がお姉ちゃん(実姉)に借りてるレコーディング代の200万円、早く返させてあげなきゃね!」
なんて言っちゃう始末。
結局は、ジャパンツアーに客を呼ぶための宣伝映画にまんまとひっかかったってとこか。
それでもいいもんはいいのだ。
まだまだ絶賛上映中!!横川シネマまで走れ!!
(広島以外の方は、お近くのミニシアターを要チェック)



去年だけどBARKSのニュースにANVILの記事が出てた。仕掛け人がいるんだね~。



コメント

ボンジョビが~

MJが日本公演をしたとき、横浜アリーナのVIP席で観ました。
その席のSP(ごっついボディガード)を挟んだ隣がボンジョビの席で~。

息子が熱狂的ボンジョビファンで、数日後の武道館に行くから「MJは姉貴に譲る」と来なかったけど・・・泣いて悔しがってたわ。

あのときのMJはもちろん素晴らしかったけど、ボンジョビも素敵だったよ。

ヘビメタ聴かない~~~~

パンクは好きだけど・・・・・

バンヘーレンしかしらんし~~~

デープ、ボンジョビはヘビメタなん?ハードロック?

やっぱ、マグロ君はピストルズとストレイキャッツが好き!


気になる!

なのでDVD化されたら観ます。

>ば~ばさま
ちょうど同じときにボンジョビも来日していたのかぁ。すごい偶然ですね。
かれこれ20年ほど前かな、当時カセットテープのCMにボンジョビの“リヴィン・オン・ア・プレイヤー”が使われてた。子供ながらに「カセットじゃけプレイヤーって歌う曲が使われたんか~」と自分勝手に納得していたのだけれど、playerではなくprayerだったと知ったのはつい数年前の話。
それにしても、ボンジョビは売れましたね!デビュー当時のあの華々しいカンジはとても新鮮でした。ジョンは女顔なのでふわふわ長髪がとてもお似合いで。ポップス界の貴公子ですね。
そうそう。
こないだ買ったRollingStone誌のマイケル特集を読んでいたら、彼のことが、King of PAINと書かれていて、切なくなりました・・・。

>マグロ君
ボンジョビはポップスじゃないかなと思う。
ポップだもん、楽曲。
ヘヴィメタ聴かないの?
ピストルズ聴くんなら、なんでもいけるって!

ていうかデープて誰じゃ?

>sacさま
DVD、出るかな~?
でも、是非観て欲しいので、出て欲しいです!


ごめん~~ディープだ~~パープルでんがな~~~

深紫~~~~

>マグロ君
なるほど、パープルね。
スペクターかと思うた。おほほほ。

哀しい~

King of PEINって哀しい・・・誰も好き好んで痛みや苦痛を持ちたくは無いよね~。

RollingStone誌ってスゴイ部数を売る男性誌でしょ、読んだことは無いけど~。

地球のPEINを訴え続けたMJという意味なら違う表現をしたでしょうしね~切ないね。

>ば~ばさま
切ないですよね。
RollingStoneは、たまたま紀乃国屋に行ったら洋書バーゲンセールをやってて、運良くマイケル特集のこれがあったので買いました。
内容的には、ファミリービジネスとして始まった彼の幼少期からの人生全てを網羅にしているから当然、彼の芸術面だけでなく、整形や近年の奇行についてまで細かく書かれているのだけど、結局は彼の内面までは誰にもわからないのではないかなと思いました。
THIS IS IT、まだ最初の30分しか見れてないので、近々最後まで見てみようと思います。

ス-パ-ロック’84
懐かしいです...

ミッキ-マウスTシャツのジョンサイクス~♪

>すたさま
はじめまして。まむしです。

スーパーロック’84、もしかして、観に行かれました?
もしそうだとしたら、じたばたするほどうらやましいです。
ANVIL、今は応援してあげたいという感じですが、当時の、ボンデージ姿でバイブレーターでギターを弾くリップスも観てみたかったなぁ。

ジョン・サイクスは、ミッキーマウスのTシャツだったのですか。
かわいい。
ブルー・マーダーは、結構好きでした。

スーパーロックで一番観たかったのは、やっぱりスコーピオンズ。
昔はよく聞いてました~。
ヴァージン・キラー、サイコー!
(年がばれる・・・。)

>ヴァージン・キラー、サイコー!
クラウスマイネの声はイイですよねぇ..
(個人的にはマイケルシェンカ-が大好きでした)

’84..ボクは観にいってないんですが、当時友人が観にいってジョンサイクスサイコ―とか言っていました。

あの時代良かったですよね...( - -)トオイメ

>すたさま
マイケル・シェンカーは、今でもギターキッズに人気があるようです。
時代は関係ないのかと思うと、ちょとうれしい。

基本、ロックフェスって出演バンドが多すぎてお目当てまでが長すぎたり、あまりに興味のないジャンルをバッティングされたりして、どおも行く気が失せます。
が、スーパーロックはよかったらしいですね。
当時、行ける年齢だったらきっと行ってると思います。

さあ、そろそろANVILの広島クアトロライヴの日が近づいてきました。
7000円のチケットを買うかどうか、いまだに悩んでおりますが、気持ちはほぼ決まっております。
ラジオでもまだコマーシャルしているので、チケットの売れ行き悪くてキャンセル、にはなってない様子。
下腹に力を入れて「うぇるかむ・とぅ・ひろしまーーー!!!」と叫びに行ってきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/388-1618d9c2

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

うちのモグワイはひいき目に見ても10段階の3あたりだと思うけれど、きれいにしたチャッキーは意外と10段階の7くらいはいきそうな気がする。(飼い主バカM)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。