大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪の旅~2泊3日

10月27日 2:30p.m.
会社での昼下がり。
ぽかぽかとした陽気の中、お昼ごはんという名の睡眠薬が効いてくる頃。
気のせいか、のどの奥がむずむずと痛い。
眠気と痛みを、カメにエサをあげ気を紛らわす。

10月27日 6:45p.m.
のどの痛みが本格的となり、刺すような頭痛。
嫌な予感。

10月27日 8:00p.m.
キリで刺すような頭痛の間隔が、だんだんと狭くなる。
も、ももも、もしや、新型インフルエンザ!!?
体温測定。
36.8度。
平熱。
「風邪かもしれんけー、熱燗をしっかり飲んで早く寝ろ。」
お酒を過剰に信用する父の言葉におとなしく従い、しっかり飲んで早めの就寝。

10月28日 1:00a.m.
激しいのどの痛みで目が覚める。
悪寒と陣痛頭痛も手伝い、がたがたと眠れぬ一夜を過ごす。
薄~いピンクのTシャツいっちょで熱帯魚を3枚下ろしにしているセクシー姿のボラリンさんが目の前に。
夢か現か。

10月28日 6:00a.m.
頭痛、胃痛、筋肉痛、発熱、悪寒、とフルコース。
間違いなく何かの菌に蝕まれている。
「会社休むぞ宣言」をし、再びベッドへ。
朦朧とする中、「パンデミック」という言葉がぐるぐると回り続ける。
パンデミック・・・・・、どういう意味なのだろうか。
調べる気力なし。

10月28日 9:00a.m.
体温測定。
38.2度。赤丸急上昇。
帽子にマスクの銀行強盗ルックで、よろよろと徒歩5分のK循環器内科へ。
「インフルエンザの検査、じでぐだざい。」と申し出ると、体温測定の結果すぐに診療室へ。
白衣の天使(推定年齢62歳)に案内され、椅子に座る。
「はい、ちょーっと上向いてね~。」
と、言い終わらないうちにわしの花の穴に細い棒を突き刺した!
ものすごい速さでもう片方も!!
痛みに強いさすがのわしでも目から汗が出たので、
インフルエンザを患っているかもしれない衰弱した方々にとってはかなり腹の立つ検査であろう。
そしてさらに1時間待たされ、結果は「陰性」。
院長先生「う~ん、新型インフルエンザではないけれど~、熱も高いし~、風邪プラスちょっと肺炎になりかけとるね~、う~ん。」
は、肺炎!?
わしの中のイメージは、
『肺炎』=『雨にうたれ続けてなる病気』
であったが、もう何年も雨になんかうたれちゃいない。雨、関係ないんか、肺炎・・・。
儲け主義とも言われかねない量の薬をたんまり処方してもらい、
八代亜紀の雨の慕情をつぶやきながら帰宅。
クスリを一発キメて、丸八真綿で睡眠。

10月28日 1:15p.m.
目が覚めると、お昼ごはんにすぱながお好み焼きを買ってきてくれていた。
病気のときでも、おかゆさんではなくお好み焼きを食すのが広島人としての合格ライン。
食欲はしっかりあるが胃痛がひどく、4分の1だけ食べる。
食後はまたもやクスリをたっぷりと。
女詐欺師ねぇ・・・、やるのう~~~・・・、テレビを見ながらうとうと。

10月28日 8:30p.m.
ぼーっとしつつも晩飯タイム。
日本酒のお湯割り2杯のみという立派な休肝日。
「たまご酒を飲んで早く寝ろ。」と、どうしてもお酒に持って行きたい父キング。
代わりにたまごご飯かっこむ。
就寝。

10月29日 6:20a.m.
頭はぼんぼんするが、仕事がわしを待っておる。立て、立つのだクララ!
着替えて出社準備するも、「休め」との命令を受ける。
よほどの用無しか。会社のお荷物か。
クララ不貞寝。

10月29日 10:30a.m.
不貞寝が効いたか、まさかの計13時間睡眠。
ゆらゆらするが、かなりの快復方向へ向かっている。

10月29日 12:30p.m.
前日の残りのお好み焼きの3分の1を食べる。
食後のクスリも忘れずオーバードーズ。
クスリのせいか、タモさんが素敵すぎるのか、多少のめまい。

10月29日 15:00p.m.
体温測定。
36.3度。
クスリのやりすぎかちょっと下がりすぎの気もするが、ハイテンションのまま近所のスーパーへ。
若いねーちゃん主婦に混じって買い物。げへへへ。

10月29日 18:00p.m.
ほぼ全快!!
晩飯は鍋&スパークリングワインで全快祝い。
自分の体力に乾杯。
飲む、食う、シメの新蕎麦までもりもり食う!

10月30日 11:00a.m.
嵐は去り、いつもの日々に戻った。
会社のお荷物らしく、しおらしくカメにエサをあげる。







教訓。
寝る子は育つ。




元気がいちーーばぁーーんっ。






コメント

お疲れ!

ご回復おめでとうございます。
2泊3日で帰還とは強者!
やはりアルコール消毒っすかね?

あらま、辛かったですね。
でもインフルエンザぢゃなくて良かった!
無事にカメにエサをやる日々に戻れておめでとう!プププ
ぶりかえさないように気をつけてね。

ご生還おめでとうございます。病魔との壮絶な闘いを制し、大相撲広島場所の開催日にぴったりあわせてくるあたりが、まむし殿のプロたるゆえん。私も感動で目から汗が出ました。しかしながら目から汗が出ると言う、かつての名力士高見山“ジェシー”大五郎を彷彿とさせるこの現象が起きたのは、正直感動しただけのものではなく、文中に私にとっての恐怖のキーワードが2つも隠されていたからなのです。1.~細い棒を突き刺した~幼少の頃、泥だらけの手で町内一周マーキングをしておりましらバチが当たったのか、ち○こがまむし程に腫れ上がり痛み出しました。病院へ行くとまむし殿は花の穴でしたが、私の場合はお医者先生が亀の穴に細い棒を突き刺して下さいました。2.~肺炎~広島市立牛田中学校で校内販売のパンを無料で仕入れ、学友に定価の30%OFFで販売したところ感謝はされましたがバチが当たったのか、よりによって夏休みに肺炎となり、父がアナーキーのボーカルと同じ制服を持っていた。ただそれだけの理由で広島鉄道病院へ入院しました。1週間休みなく点滴のご厄介となり、4日目深夜になぜだか突然げぼ。慌てふためいた担当天使が、酔っ払ったお医者先生の自宅に電話で指示を仰ぐと「即浣腸」指令。2件とも今日はもうこれ位で勘弁して下さいませ。かしこ。

治ればすべてオメデタイ

風邪にはアルコール消毒は効き目薄いかと思うけど、喉や消化器の消毒にはしとかなくちゃね~。

内臓、とくに消化器系を切ったあとは、しっかりアルコール消毒(?)しとかないと、可能や癒着が痛いんだわ~。
去年、S字結腸切除の癒着で再々手術・・・日頃からキチンと消毒しとかなかったからかと反省したもの~。

かなり辛い(身心ともに)日を過ごしたまむしさん、心身ともに強くなったはず。
>会社のお荷物らしく
はい、しっかり言いたいこと言って、やりたいように動いて、ボーナス貰ってガッチリ生きましょう。

お大事に~と言いたかったけれど、早めの快癒で「治って良かったね~」に変更。

風邪だったんだ~

しかしお好み焼きて・・・・・
その風習~?ものほんなん?

お好みと酒で治すあたりが素晴らし~

もしや・・・広島のインフルエンザワクチンはおたふくソース?

鼻からチュ~っと!

おいらの集落では・・

風邪で病院行くと
きれいなおねえちゃんに(おそらく盛りの20代)
お尻注射して頂けるという
ウキウキ(死語?)チャンスにありつけれるかも。

ヒップの上の部分
って言われたのに思わず全ケツ露出してしまった
苦い経験アリですが

美女の前であらわに出来た、いう優越感と達成感で
一気に風邪も治りました。

ケツにプチっ・・・
クセになりそ(笑)

全快、おめでとうございます。

寝る子と飲む子イコール元気な子ですけえね。

>猫娘さま
ありがとうございます。
久しぶりに風邪なんぞひきましたが、もともと岩のように頑丈な身体のおかげで、ショートトリップですみました。
猫娘さんは、治ったあとさらに一週間・・・、さぞやパンデミックだったでしょうね。(わし的使い方その1)

>クミン・孜然粉さま
辛かったかというと、案外そうでもないんです。
痛みとかって、なくなるとそれはそれで、なんとなくさみしいもんで。
「え?もう終わり?」みたいな。
ぶり返さないように、毎日パンデミックしときます。(わし的使い方その2)

>こばとさま
細い棒ぶっ刺し治療がなければ、今でもまむし級だったのではないか思うと、少々残念ですね。

肺炎になる前、雨にうたれましたか?(そこが一番気になる。)
30%OFFパンデミック作戦(わし的使い方その3)でバチが当たったのでしょう。

実は。
肺炎(熱さまし)には浣腸がテキメン効くらしく、わしもK医師に「座薬を出したいところだけど、あまり急激に熱を下げてはいけないのだよね~」と言われ、ギリギリセーフ。
全然関係ないけど、むかし似島に釣りに行く前、宇品の釣具屋でゴカイを500円分買った。そのとき、店のばあさんに「あんたら、今から似島ねー。着いたら浣腸よ。」と言われ、ぎょえ~~~っ、と皆でのけぞったが、
「着いたら干潮よ。」でした。
げぼ。

>ば~ばさま
ありがとうございます。
「アルコール消毒しとこ~っと」は、風邪ひいたときの酒飲みのコットンパース、間違えた、免罪符だ!
ば~ばさんも、常に根気よくアルコール消毒をされておられるご様子。是非見習いたいと思います。
何度も手術をされているみたいですが、今はなんともないのですか?

悲しいかな、わしにはボーナスがないのじゃ。え~~~ん。
こうなったらパンデミックしてやる~~~!(わし的使い方その4)

>マグロ君
風邪だったんだよ~。

そうそう。広島ではワクチンがおたふくソース。
注射器にドロっと入れて、血管にどっぷり入れるとパンデミックしないんだよ。(わし的使い方その5・・・っていうか、意味近づいとる!?スゲーぜ、わし!)

>ジェニーさま
ありがとうございます。

「盛りの20代」という言葉がツボりました。
なんか、南部のムンムンしたおねえちゃんのにおいがここまできそうです。(おっさんか)
おしりにお注射ちっくん、は、されたことないな~。
なんか、気持ちよさそう。(おっさん化)

たしかに、元気じゃないと飲めないし寝れない!
みんな元気が一番どえす。

ジョージアではパンデミックしてないですか~?
ジェニーさんもお気をつけて!

パンでミックは、パンに飽きてエビでミックし、結果エンドミック(アッ、エンデミックか?)で世は終い。

ミックって誰?、ミック・ジャガーか?

な~んて酔う前からバカ言ってるうちがハナ、酔うと本当のバカになるんよ、私。

小まめにアルコール消毒しているおかげで、今は元気に過ごせてま~す。

肺炎。。。
ご老人が、最期にかかる病気。。。

なには、ともあれ。。。全快祝い!

不貞寝クララと酒至上主義キングに
パンデミッ~ク!!pヾ(°ェ°)

>ば~ばさま
世は終い、ってなんか壊滅詩的な響きでいいですね。

アルコール消毒は、小まめがいちばん。
どんな病気もお酒で治るなら、それが一番いいですね。

>おっくちゃん
まむし、ご老人の域~?
うぬぬぬ・・・。
あ、でもだいじょうぶ。
「なりかけ」だから。
なってないから。

全快祝い、ありがとうございます。
酒至上主義キングは、昨晩わしの夢の中で、ド派手な赤いカウボーイルックに赤いテンガロンハットで、颯爽と馬から・・・、いや、車から降りてきました。
クララびっくし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/373-861430c8

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

「飲んだくれ女子の○○ブログ」「お酒大好きOLの××日記」などというブログ紹介文をよく見ますが、「酒くさいおかあさんは好きですかブログ」といった類のものを見かけないのは、そのようなおかあさんは酒飲んで真夏の車中に子どもほったらかしてパチンコしてそうな人、というイメージからでしょうか。オレだオレ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。