大人の女三人がぐだぐだ

鯛の鯛 まむし編

たくさん集めてネックレスにしたい、と言っていたのに燃えるごみの日に捨てられた、
すぱなの鯛の鯛

そのときば~ばさんに、鯛の鯛にまつわる言い伝えを教えていただいた。

“頭が取れないように乾かして、2年もすれば鼈甲細工のように飴色になります。
そうするとエビスさんに守られて、生涯幸せに暮らせる~~と。 ”




そういえば、だいぶ前。
広島市の繁華街、流川にある日本料理店「白鷹」さんで鯛の骨蒸しを食べたときに、
わしも鯛の鯛を見つけた。
『かわいいのう~』と言うわしらの声を聞きつけてお店の方が、『持って帰られますか?』と。
きれいにしてくださった鯛の鯛をティッシュにくるんで連れて帰った。
持ち帰って1年以上。
戸棚の奥にひっそりとしまっておいた、わしの鯛の鯛。
ば~ばさんの言われるとおり、あめ色になっているかな・・・と、こっそり取り出してみた。


きゃわゆい守り神




みごと、あめ色になっとった!イエーイ!!
エビス君、生涯しっかりわしの面倒を見てくれたまえ!!!わはははは。


コメント

鯛のタイ・・・にそんなご利益が~?

食った後のうんちくはまったく知らないマグロ君です!

イェィ~!、やったね!

来年にはもっと全体に鼈甲みたくなって、艶も出るよ~。

ご利益あるかも~・・・エべッスさんは商売繁盛、金運かな?
恋愛は疑問だけど、まむしさ~ん、いっぱい稼いで~。

>マグロ君
鯛の鯛のご利益、すごいらしいですぜ。
どうしよ、来年あたりドバイの別荘で金ののべ棒片手に、ジュリアナダンスしよったら。
筋肉つきそ~。

>ば~ばさま
やりました!
でも、まだまだ艶もでてくるのね。
当分そっとしておきます。
金運アップ!するといいな~。でも命を狙われたらいけないので、ほどほどでいいや。
みんな元気が一番。

恋愛運は・・・、男の人は怖い。
まむたん、永遠の赤んぼ少女。(またの名を酒飲み少女)

きんきの中にも鯛がおるんよ~。
↓scotchもブログに書きました。
http://blog.goo.ne.jp/bar_scotch_cat/e/44eba272f5e0c4fc17cafd7e0dc9f0cc

取っておくと、こんな色になるんですね。今度は大事に取っておこ~!

エビスさんは鯛なの~で

scotch_cat さん
キンキに限らず、魚にはみんなこんな形の骨があります。
どれも飴色にはなりますが~。

エビスさんが小脇に抱えてるのは鯛ですよね~。
エビスさんのご利益はやはり『鯛の鯛』でお願いしてね。

ふふふ
鯖の鯖や鰯の鰯ぢゃご利益ないのね?
子供の頃に鯛のタイ、教えてもらったけどあめ色になるまで保存して云々は知りませんでした。
ば~ばさんは博識だなぁ。
密かにファンだったりして。

欲しかった『赤ん坊少女』ブックオフで見つけたわ♪
『14歳』は地道に見つけて現在三冊に。
ちょくちょく行ってると収穫あるわね。

それはそうとTHIS IS IT始まったね。
まむしちゃん もう行った?
私はまだだけど絶対デジタルIMAXで見るわ。
楽しみ~~~!♪

まむしさんへ

ドバイ好きか!


ドバイでオフ会やね!

>scotch_catさま
きんきの中にいるんだったら、きんきのきんき?かな?
写真を見ると、なんだかピカソの絵みたいでミステリアスな感じでイイ!
お魚をきれいに食べる女性は幸せになれるのです。
これほんと。

>ば~ばさま
なんでも知っててすごい!ば~ばさん。
それにしてもなんであめ色になるんだろ。
血の色が甦る?

>クミン・孜然粉さま
あ!いいね!!
鰯の鰯が欲しい!
いりこのいりこはもっと欲しい!
絶対鯛の鯛よりご利益があると思う。(と、信じてみたい)

14歳がついに3冊!?すごい!応援してます。
わしの「イアラ」探しは・・・。
はてしなく続く。

「This is it」
なんとなく映画館に観に行く気にはなれないので当分は観ないと思います。
騒ぎが落ち着いたころ、DVDを買って、独りで夜中にこっそり観ると思います。

>マグロ君

ドバイでオフ会、しようよ。


頼んだぞ!!!(得意の他力本願)

まむしさんへ~デヘッ!

魚の骨が飴色に変色していき、艶も出る・・・なんでか、考えてました、NETも調べました。
これ!、という明解は無いんだけど・・・だったら私の個人的見解を~。

玉葱は飴色になるまで炒めると甘く美味しい、出汁にもなる。
無垢の木材もナメシタ皮も上手に使い込むと飴色になる。

つまり、いい具合に歳を経るとモノは飴色になり、飴色になると価値が出る(人間は?)。
また、飴は甘いだけじゃなく、人の心にも嬉しい癒しの甘味・・・鞭と飴ってか~。

飴色に変わるってことは、科学的なことを無視して、年月が作る価値の色ってコトに決定!・・・しよう。

磨いた床、革鞄、時間をかけて炒めた玉葱、ジックリ焼いた肌・・・戸棚に隠しておいた鯛の鯛。
飴色になったものがアリガタイ!!!・・・と言うことで、いいかな?



ば~ばさんへ!

貴重な情報とご意見、ありがとうございます。

科学的な理屈はわからないけれどきれいな色にかわる、という神秘的ところにご利益を感じるのですかね。
年月が作る価値、そんな風に自分自身もなれたらいいな~。

ご利益があってもなくても、鯛の鯛自体のカタチが犬みたいでとってもかわいらしい!
まだまだ艶が出るまで戸棚の中で寝かせておこうと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/372-57034200

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

インスタのフォロワーさん(外国の方)からダイレクトメールが届きました。「あなたの犬は10段階の10!素晴らしい犬だ!」と。「あーりがーとさーん。」と返信しときましたが、画像や動画だけだとええ犬に見えるんじゃねえ。かなりの癇癪持ちぶっちを自虐的な文章で投稿しとるのに。(すぱな)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター