大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密 東野圭吾

秘密東野圭吾さんの作品を読むのは3作目。
2作目は“手紙”なんだけど、そちらの感想は後ほど。

泣いた。そりゃあもう泣いた。でもさあ・・・う~ん。
すっきりしないんだよなあ。
妻ではなく、娘として生きることを選択して、
しまいにゃあ別の男性と結婚するってさあ・・・
元も子もない言い方すると、結局は浮気じゃん?
私なら、肉体は娘のものでも立場的には妻のままで生きていくな。
それしかない。
娘として生きていくなんて選択肢はまずない。
そんでもって、やっぱり人間にとって“性”ってとっても大切なことなのね。
知ってたけど。

夫として、父親として、男として、の心の揺れがとってもよく書かれてる。
だから若い頃の恋愛を色々思い出した。嫉妬とか執着とか妄想とか。

それにしても。この方の小説って、とっても読み易いのね。
すらすら~っとあっという間に読めちゃう。

あ、あともうひとつ。
小学6年生の女の子に性欲がないと思ってる東野さん、spanner
おんなこどもに潔癖やファンタジーを求めすぎ。
んなわけねえだろ!
自分が小学6年生だった頃を思い出せっつうの。
まだまだ青いのう。←何様?

コメント

ん~ん。

おっくはなんとなく理解したな。
やはり、見た目は父と娘なのだから、妻としての立場は取れないのかな?と。
でも、2人でどっか知らない土地に行ってしまえば?とも思ったね。

いや、でも。。。
おっくが”高校生の肉体”を手に入れたら、やはり同じことにするぞお!

エロおやじの思考回路を持った高校生!ヾ(°ェ°)ゞ

そんなの手放せません!!

昨日読み終えました。

「もし今の精神と頭脳を持ったまま体が若返る、
あるいは時間が戻れば一体あなたはどうする・・・?」って誰もが
考えたことのあるテーマなのではないかと思う。
要するに”やり直す”んではないか、みんな。
がむしゃらに勉強したり、恋愛をもっと楽しんだり。
直子さんは旦那を捨てたけど母として
藻奈美の体に全うな人生を供給したかったのではないか。

う~ん・・・私も同じことする気がする。

しかしこの人のストーリーはいつも面白いね!
読み進んでいくうち「このままで終わったら怒るぞ~」って思っていたんだけど
最後の最後でやはり仕掛けがありました。
映画化はされないで欲しい。

おっくちゃん
過去記事にコメントありがとう!!!とっても嬉しいわん。

>でも、2人でどっか知らない土地に行ってしまえば?とも思ったね。
これ!わしも思った!!!激しく思ったよ!
わしは「ビバ!自分!」な人間じゃけ、自分のことしか考えないかも。

でもさ、気持ちだけじゃダメなのかも?って(本はニトロに貸してるのでうろ覚え)
ふたりがベッドに入ったじゃん?
あのシーンはすっごいドキドキした・・・
いいのか?それでいいのか?
いいような気もするし、絶対ダメな気もするし・・・
もう絶対に藻奈美の精神は戻ってこないってわかってれば、いいような気がするんだけど、
でもそんなの誰にもわかんないし・・・
あのシーンが一番、グっときた。哀しくて切なくて・・・

こうやってさ、読後に「自分だったらどうする?」って考えて、
みんなでワイワイ話すのが楽しいよね。


nitroちん
あ、読んだ?グッドタイミングだったね。
泣いた?全然泣かない?
クイーンはすんごい泣いてたよ。「おえおえ」言うてた。数日間はヘコんでた。笑。

“やり直す”っていうのは、きっとみんな考えるんだと思う。
でもそれって、やっぱり無理な気もする。(小説内では可能だったが。)
結局、人って同じことを繰り返すような気がする。

藻奈美として生きていっても、やっぱりどこかで無理が出てくると思うんだよな~
どちらかを選んで生きていっても、どこかでバランスが崩れると思う。
だったら妻として生きていくかな、とわしは思った。

残念ながら、映画化は既にされております。すみません・・・(何でわしが誤るのじゃ?)
因みに、主役は広末涼子と小林薫だよ。
ハリウッド版リメイク企画進行中!だって。

内容の話じゃないよ~

だって、読んでいないから。
読まないから。
なんか、わしはこの人の本は読まないほうがいいような気がするから。なんとなく。
っていうか、本読み苦手なだけ~。

この東野圭吾って人?
この人、この何年かでいきなり現れてさ(って、わしだけが知らんかっただけじゃろうけど)、もんのすごい売れまくってさ、ドラマとか映画にもなってさ、煮てさ、焼いてさ、食ってさ、ぐらいな勢いで一気にスターダム?
どうなってんの?って感じ。

この売れ方、大執筆家の登場?みたいなやつなのか。
わしのともだちにもファンが多いよ。
本屋とかもうね、この人の本が山積みなんだよ、山積み。

すごい人なんだろね。

印税すごいんだろうね。

うはうはなんだろうね。

え゛っ?

すみません・・・。
たった今までチリチリの“東野 幸治”の事だと思ってました。(笑)

え、すぱな、妻として娘の体で生きていくんだ・・・?
私にはそれは無理だーーー! 娘に対して申し訳ないから。

二人のベッドインのところは、
「だめ~!絶対にだめ~!」って心の中で絶叫しながら読んだよ。

映画になるんだ・・・広末涼子と小林薫かー悪くないかも。見たいな。

まむしちん
読書って高尚な趣味じゃないんだよ、別に。そう勘違いしてる人って多いけど。
読みたくない人は読まなくてヨシッ!全然オッケー!


chojin boss
そそ、「ちょっと待って下さいよ~!」のね!
って、こらー!!!

意外だけど、東野幸治って小説書いてるのよ。「泥の家族」すごい題名よね・・・


nitroちん
ん~・・・わしは結婚したことのほうが娘に対して申し訳ないと思う。
だって、もしも結婚後に娘の精神が戻ってきたら、どおすんの?
「おいら、何でこんな人と結婚してんの?」って思うじゃん?
「勝手に結婚相手を決めんなよ!」と思う、わしなら。

映画になる、じゃなくてもう既になってんの。製作年は1999年だって。来年、観てみる?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/31-ceaf8512

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

さあて。そろそろ5月の旅行記をアップしようかな。(すぱな)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。