大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源蔵&昼下がりのラフロイグ

「広島で一番 安くて早くてうまい店 源蔵」 に行って来ました。
“連休をいいことに、飲んだくれてばっかじゃん”という誤解を恐れず、
はりきっていってみようと思いますっ。(の割にはカメラ忘れてケータイボケ写真。)

赤穂浪士四十七士より  (バス)センター店という意味です
あの「釜飯酔心」が「広島で2番目に安うてうまい店!」と、キッパリと1位の座を明け渡しました。
早さも加わり怖いもんなし。強いぜ、我らの源蔵。はよできる釜飯なんか、ないもんね。
のれんをくぐるとそこは昼酒天国。老いも若きも昼のひっぱちから、ほんのりいい顔してるのだ。

まさに「ないものはない」お品書き
これが源蔵のグランドメニュー。これ以外にも季節限定メニューがわんさかスタンバイ。

源蔵印ジョッキ  砂ずりって砂ぎものことよ~
(左)もずくはもづくと表記するのが源蔵流。ちなみにずわいがにもづわいがに、です。
(右)砂ずりニラ炒め。砂ずりバター炒めもあります。でも砂ずりニラ炒めもバターの味がします。
気のせいでしょうか。

ひーやと言っても常~温のー意味よー  貝の共演
(左)このあたりでぽん酒へ。源蔵のハウスサケ、福美人。
(右)さざえの壷焼き!「もう焼けとりますからね~。」と言いながら、固形燃料にチャッカマンで火をつけてくれました。焼けとるのに?たこ焼きをひっくり返すアレで、くるんと出ましたとぐろちゃん。し、しかし・・・、ぐあーーーーっ、砂じゃりじゃり。あわててぽん酒で胃に流しこんだ。デビューした途端これか・・・。それにしても、こういうときに躊躇せずに飲み込めるって、ちびの頃の「石飲み」の賜物じゃ。やっててよかった。右のちょっとはかない感じのヤツは貝柱塩焼き。しっとり濡れてて、なんだか「涙の貝柱」。

鮎の塩焼き  ふぐ皮ポン酢

(左&右)このあたりでぽん酒6合目。頂上まではまだまだ。
ぽん酒に合いそうなものを手当たり次第、感の強いオーダー例。源蔵のふぐ皮は、もう一つの小皿にひっくり返して食べます。すると、底にしこまれたネギたちがオン・トップ。作りおきでもネギが乾かないしくみ。さすが冷陳食堂。

なんかちっこい卵の黄身みたいなん入ってた 
 

 これは今回初めてトライした、「鶏もつ」。
 なんか、甘くておしょうゆ味の鶏ゼラチン?
 みたいなん中にいろんな部位が入ってる。
 最初、すんごいモツモツしたにおいだな~、なんて
 思っていたけど、食べていくうちに、
 なんか・・・、
 だんだん・・・、
 慣れてきた。
 ていうか、おいしいんじゃないのか?おまえ。
 その変な卵の黄身みたいなやつも悪くないし。
 はまっていくこのカンジ、嫌いじゃないぜ。
 
 そんな鶏もつラヴストーリー登山も、8合目で終了。
 今回はぽん酒のアテ的オーダーでしたが、
 パワープッシュは貝柱天ぷらとエビフライ。
 初回ご来店の方は、是非どうぞ。




おなかも落ち着いたことだし、てくてく歩いていたらよく行くバー「スワロウテイル」の姉妹店が
オープンしたのを思い出したので、行ってみました。


スワロウテイル 休日の昼下がりにぴったりなカクテル ガキデカグラス
外がまだ明るいバーで飲む心地よさ。
1杯目は、ウォッカリッキー、レモンで。
すごろくで言うところの「ふりだしにもどる」。すっきりさわやかで8合目まで登ったことを忘れる。
2杯目は、ちょっと悩んだけど、ラフロイグストレート。アイラブアイラ。
バーテンダーの方のお酒に対する愛情を感じました。
お昼から、こんなに丁寧に作られたカクテルが飲めてしあわせ。





そんな連休最終日でした。


コメント

僕は、どうでもい~店に行ったときは、ラフロイグソーダを頼みます♪
病院臭がソーダの甘味でビールよりも爽やか~っ♪
まむたん・・・、アイラブアイラっと言うよりアイラブエニーモアじゃないの?
気の多い、恋する“おやじ”か?(笑)

>boss!!
bossに「どうでもい~店」と言われないようにがんばろーっ、と思いました。
お店やってないけど。

ラフロイグに限らず、アイラは全部好きです。特にラフロイグとボウモアは、ボトルぺろぺろなめまわしたいくらいのかわい子ちゃんでんな。げへへへへ~。

酒に恋するまむ太郎おやじ。(イメージはメタボな汗かきおやじで。)

bossもラフロイグ好きなんだね。いっしょに飲みに行きたいね。
わしは、ソーダでは割らないな~。
ただ単に薄まるのがイヤだから。
でも夏はよさそう。

源蔵行きたい!

いつも勝手にバーチャル参加してます。
写真をいっぱい載せてくれてありがとう。

昼間に飲むとなんであんなに美味しいのですかね?
でもなんか夜飲むより疲れるんですが、年のせいでしょうか?

源蔵で食べた物がこれまた渋いーー!
知らないうちに まむたんが大人になってしまった様な錯覚がする・・・
”鶏もつ”とか食べれる人だったっけ?
女の子っぽく”えびグラタン”とか”アスパラベーコン巻き”とかはもう食べないの?
(ってそんなもん源蔵にはないか)
しかしとことんジャパネスク、和食オンパレードだね、このお店。
行ってみたいなあ。

暑中お見舞い申し上げます^^

昼下がりとは思えないメニューですが、
どれも美味しそうですね~

サザエのトグロちゃんはジャリジャリが怖くて食べませんねぇ・・・
でもぉ、トグロちゃんを取り除くと
サザエって食べるところが少なすぎよね!

もずくはね、うちの方では「もぞく」って呼ぶ人もいるよ
特に海沿いの方ではそう呼ぶみたいよ^^

バーチャル参加大歓迎です

>猫娘さま
でもできれば、リアル参加していただきたいなあ!
ザ・日本の食堂、源蔵。
今回、オーダーしたものは渋い、というか、濃ゆい、というか、じじくさいですが、おしゃれな食べ物は基本的にはありませんもんで。エビフライとかフライドポテトとかサイコロステーキみたいな舶来メニューもありますが、源蔵をしみじみ楽しむには、こう言った鶏もつクラスのいわゆるB級路線がおすすめかな、と。

そう、昼間のお酒はうまい。昼酒マジックだ。
夜飲むより疲れるのは、時間的に夕べの酒が残っているから、かしら?
なんか、ハッスルしちゃうのはわかるー。

おとなの怪談のーぼるー

>nitro
わし、ちびい頃から酒の肴的つまみが好物だぜいっ。
えびグラタンとかアスパラベーコン系は、すぱなのほうが好きだぜいっ。
でも、鶏もつは初めて食べたぜいっ。
結構イケたぜいっ。

ちなみに、わしが思う源蔵のメニューで一番おしゃれなもの。
それは、ぶ、ぶ、ぶ・・・、

ぶっかけ素麺!!
(うどんだったらおしゃれじゃないぜいっ。)

こちらこそ!暑中お見舞い申し上げます

>ミューのしっぽさま
そう!食べるとこ、少ないのだ。
ちょっとにがくておとなの味。さざえのとぐろが食べれてナンボ。大人の証拠だと思っていたのに、あんなにじゃりじゃりだと、ウーン、モーぅ・・・、トライしてもいいけど、盲腸弱るぅー。
あさりみたいに塩水で砂をはかせる、なんて出来そうにないですしねぇ。こればっかりは運でしょうか。
もずくは、もぞく?わー、はじめて聞いた。
藻族かなぁ・・・。

nitroへ追記

この源蔵、バスセンターにある、きみたちが大好きな広島ランメンの隣だよ。

広島ランメン、つぶれたけど。

もしかして・・・ここ?

行く店~?うまそうや~



ぽちっと!

えーっと・・・・・・・・

>マグロ君

こ、ここがよかった・・・?

ほんとに・・・?

まじで連れてったら・・・、怒らない・・・?

でも、残念ながら違うお店~。

源蔵は、お給仕のおねえさま方(推定平均年齢52歳)がみなさま素敵!マグロ君目移りしちゃってメシどころじゃなくなっちゃうぞ。

平均年齢・・・35歳以下で御願いします!

しかし・・・楽しみや~

早く呑みたい~腕折られたい~めがれたい~

>マグロ君
35歳以下!?
女は年齢じゃないぞ。
女は・・・、ウエスト!
もちろん74cmがベスト。

腕折られたいのか。
じゃあまずー、道路の側溝に腕伸ばしてー。
溝の向う側でわしが手のひらを踏んで押さえとくけー。
ほんだらすぱなが腕の上にジャンプ!してくれるからー。
トン!って。
華麗にトン!って。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/309-2fa94171

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

さあて。そろそろ5月の旅行記をアップしようかな。(すぱな)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。