大人の女三人がぐだぐだ

自分用メモ~昨晩の夢~

ぱっと見100kgはあろうか。
白い“かのこ”のポロシャツをインしたチノパンの腰まわりが重そうでたまらない。
こんな大福みたいな男性となぜデートすることになったのか。
その体重のせいか、彼は足が少し不自由らしく、ベンチ型車椅子も用意していた。
彼に合わせゆっくりと歩き、広島の繁華街にある「塩梅」で食事をすることになった。
我先に、という見た目どおりのスマートさのない足取りで店内に入る大福。
お店はほぼ満席だったのだけど、カウンターにギリギリ2名座れるスペースがあった。
ビールと刺身盛り合わせを頼み、差し障りのない会話がぽつぽつと続いた。
「こちらのお刺身はポン酢でお召し上がりください」と言われ出された刺し盛りは、
なぜか水浸しだったが、何も言わずとりあえずイカを一切れ食べ、
「これぞ水イカ」と、だじゃれなんぞ言ってみる。
カウンター右端の席が空いた瞬間、どやどやと次のお客たちが入ってきた。
店員さんたちがそわそわしている。
店の大将である小堺一機に、「誰?」と聞いたら、
「有名な暴力団の親分とその妻、そしてそこの若い衆たちですよ」と教えてくれた。

若い衆たちが大騒ぎしながら飲みまくっている。
赤いレザーのワンピースを着たヤ○ザの姐さんが席を立った。
すると、トイレに入ろうとした瞬間、開いた扉の隙間から、声が聞こえた。
「入るんじゃねぇ~よ~~・・、お前ら、何もんだぁ・・?オレぁ今忙しいんだからよ~~~ぉ・・・。」
若い女の子を洋式便器に座らせ、脅しながら、
その子の太ももの間に手を入れイタズラをする男がトイレに篭城していた。
ヤ○ザの姐さん、親分のもとへソソソと走る。
何かを耳打ちしたかと思うと、ラーメン大好き小池さん似の親分が立ち上がり、
溢れんばかりの狂気と牛刀を持ちトイレへ入っていった。
我々の真後ろにあるトイレから、ものすごい叫び声が聞こえ続ける。
そして、声が聞こえなくなっても小池さんはなかなかトイレから出てこない。
トイレを流す水の音が延々と聞こえてくる。
1時間はたっただろうか。
出てきたのは、全身真っ赤に染まった小池さん一人だった。

ホースでトイレと店内に水をまき続ける、きれい好きな小池さん。
そういえば、男にイタズラされてた女の子もいっしょに消えていた。
きっと何者だろうと目撃者は残さないというのが小池さん’s信条なのだろう。

まあいいや。
もう帰ろう。
いつの間にか大福もいなくなってることだし。
出口付近で変な女がくねくねしながら「ねえ~~、アメちょうだい~~」って近づいてきたので、
「そこのポプラで買ったら?」とやさしく教えてあげて、店を出た。



店の外に出ると、そこは真っ赤な看板だらけの中華街になっていた。


コメント

おもしろい!

ぜひ続きも見て欲しい!

赤字で書かれる赤の世界ってもまたカッコイイ。

恐縮です!

>猫娘さま
ワオ。
おもしろいと言ってもらえると、無意識の下で見た夢とは言えとてもうれしいです。
わし的には続編に、くねくねアメちゃん女が主人公として出てきて欲しいのですが。

赤は、わしの一番好きな色です。

なんちゅう夢や~

正夢にするため・・・100キロまで太ろか~?


組長役はすぱなさんで・・・若干性別は違いますが・・・

ぽちっと!

>マグロ君
マグロ君の100キロ超え・・・。
広島の夏は暑いぞ~。
そんなに重かったら、汗だくやで~。

水にひたひたの水イカ、食いに行こか。
組長と。

キョウレツウ~~~!!アハハハハハ
なんちゅう夢を見とるんぢゃーーーー!!!
さすが拷問LOVEのまむしちゃんね!!
見る夢もぱねえわ。ぱねえわ。ぱねえわ。
しっかし面白いわよ~~!!
わだすも夢の続きが知りたい!
わだすは拷問は見るの苦手。
文章ならOK。
一発でぶっ殺すのなら見られるんだけど。
あ、映画の話よ。
でも『ぼっけぇきょうてえ』は拷問シーン覚悟して見るつもり。
まだ見つけてないけどね。
気長に出会いを待つわ。

しかしいつも思うんやけどまむしちゃん良い文書くよね~。

>まあいいや。もう帰ろう。
から
>真っ赤な看板だらけの中華街になっていた。

までが特に好き♡

ぱねえわ×3がとってもうれしいDEATH!

>クミン・美波里雲粉さま
あまりにもキョウレツな夢で、目が覚めた後も当分ゆらゆらしていたわし。でも、忘れちゃいけないからすぐに詳細をメモしたんらお。
こういうどうでもいいことにだけ一生懸命な人間に育ってしまいました。
『ぼっけえきょうてえ』は、拷問シーンが専ら取り上げられていますが、わしとしては、おかんの仕事っぷり(今で言うところの産婦人科でしょうか)が目に焼きついて今も離れません。きっとあのシーンが米国での劇場公開を禁止させたのだと思います。
原作を読んだクミンさんには是非是非見てほしい!

良い文章ですか・・・。
素直にデレデレとしてしまうほどうれしいですが、実は昔っから本読みが大の苦手でした。
読書感想文は、読まずに書くのが当たり前でした。
そんな、読んでない本の感想文で佳作かなんかの賞を取ったことを今思い出しました。
今だからごめんなさい話でーす。(反省の色ナシ)

ああ、こつぶしばばね。ップ
目にうかぶわ、おぞましくも うづくすぃ~い場面が!

本読みが嫌いとな?
信じられん。
ボキャはやはり本を読まんことには増えんからなぁ。
はて面妖な…。

>クミン・美波里雲粉さま
こつぶしばば・・・・・。
怖いよー、怖すぎだよー。
名前は、亀田製菓のちっこいあられみたいなのにー。

本読み、嫌い。大嫌い。
というか、できないんです。本読み。
活字を読んでいると、頭がどっかにいっちゃって、途中からわけわかんなくなって、また前の行に戻って読んで、また頭がどっかいっちゃって・・・、って一向に前に進まないんです。
でも、最近はちょっとだけ読めるようになりました。
ほんとにちょっとだけですけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/303-9ff7f04f

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

うちのモグワイはひいき目に見ても10段階の3あたりだと思うけれど、きれいにしたチャッキーは意外と10段階の7くらいはいきそうな気がする。(飼い主バカM)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター