大人の女三人がぐだぐだ

39 刑法第三十九条

39

「39 刑法第三十九条」
心神薄弱者ノ行為ハコレヲ罰セズ
心神耗弱者ノ行為ハソノ刑ヲ減刑ス



とても素晴らしい映画だと思ったのであらすじはあえて書きません。
全編に渡ってとても重い映画ですが、その中でのテンポのよさに時間を忘れました。
画期的な解決策がどうやっても見つからない永遠のテーマを題材に、
監督がイメージした画を、つかみとり、全員がそれを同じ方向で理解して、演技で表現する。
出演されているみなさん全員がベストキャスティングだと思いました。
堤真一はもちろん、岸部一徳はすごい役者さん。びっくりした。
上の画像は、主演の鈴木京香にロールシャッハテストの一枚かな?
このデザインからしてすでに良作のにおいがしたのです。
「アルジャーノンに花束を」のチャーリイを思い出して、ちょっと切なくなりました。

「死刑なんて、人間のする裁きではないんです。」
国選弁護人の樹木希林は、被告人にそう言います。
これを聞いて、手塚治史のブラックジャックの一話を思い出しました。

  森林を伐採し自然を壊す人間を、ブラックジャックの手術で巨大化した鹿“なだれ”が
  次々に殺していきます。
  小さな頃からなだれを弟のようにかわいがっていた少年はなだれに言います。
  「悪いやつもいればいいやつもいる。人間は人間が裁くよ。」
  凶暴化してしまったなだれの無鉄砲な行動をやめさせるための言葉でした。
  でも、なだれは自分の森を壊す人間が許せなかったのです。
  結局少年が撃ち殺しました。「これが裁きだ・・・」と。
  そこでブラックジャックは言います。
  「人間が人間を裁くと言ったね。人間が動物を裁く権利があるのか。」


そもそも人間に人間を裁く権利はあるのでしょうか。
裁かれるべき人が野放しになっていたらどうすればいいのでしょうか。
裁かれるべき人が裁かれなくてもよい、という法律だったら泣き寝入りなのでしょうか。



復讐というテーマの映画が数多くありますが、そのどれもが解決策として描かれていない。
これもその一つだと思います。
内容としては非常に重いですが、人間の負を描く。日本映画のよさはこれだ、と断言できます。
ただ、女の子をいたずら・暴行しようと見知らぬ男が背後から近づく、
はっきり言ってこれ以上の恐怖感はないと思うので、
「あの」シーンは、少女の足だけで十分だったように思います。




コメント

重い~映画は苦手だ~

観てられない~可愛そうで・・・・・・

マグロ君も・・・

イベリコ豚を・・・イベリ子豚だと思ってたぞ~



ぽちっと!

>マグロ君
重い映画は苦手ですか。
nitroも、そうみたい。
わしは平気。
でも、そのうち観てられなくなるのでしょうか。


イベリ子豚。
イベリ地方の子豚限定プレミア肉?
あるいは、カリスマ養豚家のイベリ子さんとこのポークミート♪みたいな?


重い映画はわだすも苦手。

「なだれ」思い出した、懐かしい。

岸部最高に良い役者になったよね。
彼がサリーだった頃は後年こんなすごい役者になろうと誰が考えたでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/301-680db575

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

「飲んだくれ女子の○○ブログ」「お酒大好きOLの××日記」などというブログ紹介文をよく見ますが、「酒くさいおかあさんは好きですかブログ」といった類のものを見かけないのは、そのようなおかあさんは酒飲んで真夏の車中に子どもほったらかしてパチンコしてそうな人、というイメージからでしょうか。オレだオレ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター