FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

the return of the living dead

あけましておめでとうございます。

新年早々、やられました。
4度目です。

ええ、もうこうなったら宿命でしょうとも。
広島の女の底ヂカラというやつを見せてやろうじゃありませんか。
そんな、例年以上に闘う心意気で満々の攻撃的なまむしの一年の幕開けです。


にっくき牡蠣め・・・・・。


かわゆいフジツボに癒されたのも束の間、わしの体をむしばみやがった。
違う牡蠣じゃが・・・、おいしかっただけに、憎いんか情けないんかようわからんわい。
ちなみに、むかしディスコがあった広島駅前の某ホテルでお正月の牡蠣にあたるの、
今回で2回目です♪
って、まむしの体調が悪かっただけかもね、いや、きっとそう。
2回目だけど、きっとそうだお、うんうん。

経験おアリの方は、どんなもんかだいたい想像がつくと思うのですが、
あのカンジっていやはや、なんと申しましょうか、ものすご独特なんですよね。
体を内臓から持ってかれるっていうか、得体の知れない何かに体を乗っ取られるというか。
まあ、まむしがエクソシストのヒロインになったと思っていただければ、ボボブラジル、いや、
ほぼ間違いなくご想像いただけると思います。


というわけで。
わしの2009年、こんな映画ではじまってみました。

言うこと茄子


ちびまむしの頃、好きで好きでたまらなかったこの映画、アラサーだかヨイヤサーだかの、
この年になっても、そんな少女の頃の純真無垢な思いでこの映画を観ることができるのか!?
いざ!!


ナンバーワーン!!なんばー、わーーーっっん!!!はあっ、はあっ・・・。
あらすじなんてもはや不要。ゾンビだよ、ただのゾンビ映画なんだよ。
だけれども、映画の隅々にまで感じられる作り手の光ったセンスがこれほどまでに
感じられる映画が他にあろうか。
20年以上経つとは思えないほどよく出来ているし、どのシーンを切り取ってもとにかく美しい。
冒頭のタイトルまでのシーンへの流れなんて、なんてカッコよすぎるのだ???
各所の音楽もすんばらしいし、やはり何が一番すごいかって、役者のみなさん。
アーニーとバートのセサミストリートコンビ&フランクおじさんが、この映画の主人公かも。
その他のみなさんもそりゃ~もう必死っつ~もんじゃない!!力いっぱい吠える吠える叫ぶ叫ぶ。
ゾンビのみなさんを通り越して、あんたたちの吠え方のほうが、ある意味ゾンビだよ♪

チャーミーオバンバ  ファンキータールマン

オバンバやタールマンは映画公開当時とってもメジャーになったけど、
やはり生身の人間のゾンビ(この表現おかしいけど)が好きです、つぼ八。
座りこんで頭を抱えながらむしゃむしゃ脳みそに喰らいつく姿は、一生懸命でなぜか微笑ましい。

バタリアン、バンザイ。
(つっても、“バタリアン”という言葉は英語には一切出てきません。)


いや~、ゾンビってほんっとうにいいもんですね。



コメント

怖いぞ~この画像~

三男が泣いております!

牡蠣か~

ノロウィルス?

鮮度に関係ないからね~

三陸と広島の河口付近で養殖してる牡蠣は

ノロが多いよね~

かなわは大丈夫だよ~沖で養殖してるから~


ぽちっと!

まむしさん、ステキ!!

何だか、素敵なお正月を迎えられたみたいで…(^ ^;
自分も3度、牡蠣に中りました!
マジ、しんどかったです。
そんな状況の中、この映画を観たまむしさん、ステキです!!

あけましておめとぅーす!(゜∀゜)

バタリアンはミーの青春映画と言っても過言ではありません。
バタリアンごっことキョンシーごっこやってました!(笑)

ハーゲン・タフの存在も忘れないでください!(`・ω・´)

>マグロ君
ヨコワ君泣いちゃったの?ごめんね。
でも小さい頃から慣れていたほうがいいんだよ~、ゾンビは。
ガンバ!

牡蠣、今回はアタリが軽かったので結構楽ちんでした♪
かなわで働いていた友達がいるけど、季節によっては他地域の牡蠣も実は使うらしい(極秘だお)ので、やはり何度も苦しい目に遭ったとのこと。
おいしければ、いっか!

>yopparai@MAR さま
えーつと、ステキと言われると実際はどうであれうれしいです!(ポリポリ)
3回ですか~、yopparai@MAR さんも、もはやベテランの域ですね。牡蠣はあたる度に当分食べられないのですが、それを通り越すと無性に食べたくなって、そんで食べるとまた”おいしさ再発見”!って感じで牡蠣LOVE(目がハート♪)になってしまうからとっても不思議な食べ物です。

この映画は、すごい!!の一言です。まむしの生きる指針です。

>ヒデキチさま
あけましておめでとうございます。

そうそう!ハゲでタフのハーゲンタフね!
当時日本でハーゲンタフを知っていた人ってあんまりいないだろうにね。(当時から同じ訳だと思うのだけれど・・・。)
体が黄色くって、ゴムっぽさがいい味出してました~。
ツルハシで、グサッッ!!
何度も言うけど、バタリアンは最高の映画だと思います。
あの中に出てくる、軍の司令官の赤いお部屋が大好きです。

キョンシー・・・、なつかしー!
部屋にお札を貼ったりして、雰囲気楽しんでた~。


ヨコワか~いいね!

・・・て事は・・・マグロ君~本マグロやね!

>いや~、ゾンビってほんっとうにいいもんですね。

ひーーっ( T ▽ T )ノ_彡☆バンバン!
この決め台詞にぶわっと噴出したわよ。

わだすもゾンビ好きぃ~。
キョンシーも好きぃ~。
確か中国語で僵屍(ジャンシー)とか言うのよ。
キョンシー人形持ってるわ。
昔香港で買ったの。
指人形ぢゃなく手人形というか中の取っ手をガチャガチャやるとボクシングみたいにキョンシーの腕がパンチ繰り出すの。
ちゃんと黒帽子かぶっておでこに紙のお札を貼ってるのよ~。

追記
テンテンちゃんのシリーズも好きでした。
西瓜頭(シーガートウ)はテンテンちゃんのリアルお兄さんなんですってね。
可愛いテンテンとおデブの西瓜あたまが兄妹だったなんてびっくり。


>クミン・孜然粉さま
あら・・、いやだ・・。(家政婦風に)
こちらにもゾンビ好きがいらっしゃったとは。
そうですか、キョンシーは日本語読みだったのですね。
はじめて知りました~。
でも、ジャンシーのほうが、ジャンキーみたいでちょっとカッコいいと思う。そして、ちょっとジャッキー(もちろんチェン)みたいだし。
テンテンちゃんシリーズとか、ものすごなつかしー!です。
今、クミン・孜然粉さんに言われなかったら一生思い出すことはなかったかも!
記憶の扉が、パカっと開きました。
ありがたや~。

ごめんなさい。
よく知らないんですがキョンシーは広東語なのかもです。
あくまでも『なのかも』ですが。

ジャンシーは普通語(プードンホア)と呼ばれる(北京語)なんです。
マンダリン語とも言います。
中国ではアナウンサーとかが使う日本で言えば標準語。


あとテンテンの他にもう少し年上の女の子が主役のキョンシー映画もあったんだけど、どうしても思い出せないの。
挿入歌が日本の童謡『はとぽっぽ』そっくりなの。
てかもう『はとぽっぽ』なのよ。
あーーーー口惜しい。
思い出せない。
まむしちゃん知ってる?

>クミン・孜然粉さま
ん~~、テンテンちゃんよりもう少し年上、というよりも大人の女性が主役のやつ(ちょっとエロ)はなんとなく覚えているのだけれど・・・。
まむし、力及ばず・・・。
それよりも、はとぽっぽの挿入歌のほうが気になっちゃって。
絶対パクッてるよネ!

クミン・孜然粉さん
数時間(ザ・暇人)、いろいろ検索してみたけど、
すぱな、力及ばず・・・。
挿入歌の“はとぽっぽもどき”、意地でも聞いてみたい~!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sanshimai3.blog4.fc2.com/tb.php/198-bdadef1e

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

ペットボトルにポン酒入れたの持って、息子とく◯寿司行って1000円で済ますの、どこのどいつだぁ〜い?あ、あなたもやってるの?なーんだ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター