fc2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

コロナ禍の宮島へ


「葉っぱ、もう赤くなってる~?」と聞いてくる息子。赤くなってから行ったんじゃ大混雑なんじゃ!(千鳥風に)
というわけで、葉っぱが何色じゃろうがおかまいなしに安芸の宮島へ。


姿見えずともそのあっぱれな存在感

紅葉どころか真夏の暑さでコロナビールがうまい。紅葉もなし、大鳥居もこれ、それなのに、、、


みなさんお暇でらっしゃるのね~(わしも)

宮島大混雑。密よ!密!!!ピピーーーッ!!ちょっとそこー!、離れなさーーーーいっ!!!


宮島の分限者は大根屋じゃったか

そんな大混雑の横には約170年前に大根屋が寄進した石灯籠。大根屋ってそんなに儲かんの!?






↑あの人まだ生きてんのかな、という声にお応えして、宮島商店街を歩くわしを2秒。五十肩がやばしびっちでセルフィーも一苦労です。


そんなこんなでぶらりとお買い物なんぞを楽しむも、水族館も閉館だわ、買い食いできるお店も少ないわで、早々に島を後にする。


何人殺そうかな~ってたそがれるテロリスト

毎日レゴで船を作り、毎日船の絵を描く、船少年ハタ。将来は豪華客船の船長になりたいそうで、タイタニックとブリタニックの動画を毎日観ている。息子よ、そのどちらも沈没船だが。


今なら向こう岸まで泳いで渡れる!

せっかくなので、宮島対岸の宿に泊まってみました。部屋からの眺めは浅瀬でいい感じなのに「立ち入り禁止」だって。あそこらへんで磯遊びしたかったのにーーっ!!!もうーっっ!!!(50歳も間近ですがなにか?)



松茸!

夜ごはんはこんな感じ~~~
メニュー載せとくので、自己分析しなさい~~~!

ノンアルで~、やってます!!
なぜなら~~、びこーず~~、まむたん、第二子妊娠中!(想像?)


丸いのは芋でした

焼き倒しております!



そしてその夜、プチテロ息子が風呂場でテロを勃発させ、公衆浴場禁止令発令。そんな旅でした。


こうなったらもう鈴頼みだよ、ったく

「鈴はね~、邪気を払うんよ~~。」と商店のおばあに言われ買った土鈴。
払いたい気は、息子の狂気。











10円の価値


おたまじゃくし取りで息子がはまった田んぼ

とんでもない事件に巻き込まれ、追手から己と息子を守るため帰国、郊外でひっそりと身を隠し暮らすことを決めました。かーえーるーのーうーたーが、聞ーこーえーてーくーるーよー、壮大な田んぼビューがご自慢のおーうちさー。ド田舎からごんぬずぱ、まむたんです。

そんなこんなで田舎の小学生になったもうすぐ7才の息子ハタ。5年生と戦ってパンダになって帰ってくるわ、放課後クラブの指導員に「くそばばあっ!」と暴言を吐きおかあさん呼び出されるわで、すぱなを見習って立派なパンク少年に仕上がりつつあります。仕方ない、テロリストの国の人だもの。(わしはお箸の国)

そんな、アフガニスタンに渡れば指導者として将来有望であろうプチテロ息子が、近所のホームセンターで「おかあさん、これを買って。」と言う。見るとそこには、伸びに伸びきった茎がタコのようになったポーチュラカがあり、10円と書いてある。鉢植えを大切にする殺し屋レオンが頭をよぎる。

わし「これって、10円引きですか?10円ですか?」
女性店員「10円ですよ。」
わし「もしかして、税込?」

はい、と苦笑いしながら、砂が落ちるのでと丁寧にビニール袋に入れてくれた。そもそもそれが植えられているビニールカップだって10円くらいするだろうにと、伸びきって旬を逃した花の価値を複雑な思いで見る50おばさんの横で、「わーいわーい!オレの花!」と息子が喜ぶ。いっそ「ご自由にどうぞ」にしたほうが店の企業イメージはあがったのではないかと思うのだが、客を店内まで引き寄せ入れるのが目的なのだろうから、この10円の価値は我々が支払いのため店内に足を踏み入れた時点で昇華したことになろう。


タコなんて言ってごめんねでもタコ色だよね

我が家の庭が居心地いいのか、すぐに小さな花を咲かせた。


しかし実は。
移住前の昨年末、周辺環境をチェックすべく居住エリアのスーパーを覗きまわっていた時に10円のポテンシャルを最大限に引き出したこんなものを発見。


原価いくら?

集え!大晦日わんこそば大会!!

10玉食べても100円(+税)!!田舎バンザイ!!!













犬は悲観しない。いま現在がすべて。

ぶっちがわずか4歳で左目緑内障発症したとき、

「もう片方の右目もほぼ間違いなく緑内障になって全盲になります。」

と、かかりつけの動物病院の院長から宣告されたあの日のあの絶望感。

いまでも思い出すだけで一瞬でぶわーっと涙が出てまう。


皆様にとって、中途失明の犬の生活ってどんなイメージですか?

わしは、

外に出るのが怖くて散歩に行かんようになり、

「なんでわしの目は見えんようになったんじゃろうか…?」と悲観して、

暗い顔でずーーーっと家で寝てばっかりで…。

と想像しては、その日が来るのが怖くて怖くて泣いてばっかりでした。

でも、実際に全盲になったらこんな感じでした。

なんも変わんねー。

ちなみにぶっちの左目は義眼です。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

息子(小2)「お母さん、テレビのニュース見て!ほら!火事だ!」わし「ほんとだ、すごい火だね。」息子「こんがりと焼けている!」・・・美味しそうになる言い方はやめよう。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
4027位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1673位
サブジャンルランキングを見る>>

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター