FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙。 完


あれから、9年4か月の月日が流れた。
「老後はインドで恵まれない子供たちの世話をする。」と言っていたニトロ。天国で、今日は何をしているのだろうか。

4年前に吐露したすぱなの思い、そしてわしの思い
わしの思いは変わらないけれど、すぱなが答えを出してくれた。「燃やそう。」と。

名門ベルリン大学で物理学を専攻するムーニョ、医療機器のエンジニアとして就職がほぼ内定しているムニョムニョ。それはそれは立派に大きくなったけれど、そういうお年頃なのか、母の死が原因なのか、よくわからないけれど、二人の仲は良くはない。

大きな大きな意味を持つこの手紙の存在は、ムーニョとムニョムニョ2人にとって悪影響を及ぼすだけだと自分たちの決断を信じて、燃やした。


灰になった母の思い

ムーニョの誕生日、母ニトロの思いは中庭で灰になった。
夏は必ずBBQをしたこの中庭で、ワインを飲みながら長椅子にゴロンと寝転んで楽しそうにしていたニトロ。
彼女のことだから、気を揉んでいるわしら妹たちを気遣って「たいしたこと書いてないから、だいじょうぶよ。」と、言ってくれているような気がしないでもない。

来月、19歳になったムニョムニョが一人でやってくる。2週間ほど滞在した後、ニトロを連れてベルリンへ帰る予定になっている。

時が解決することはたくさんあるけれど、何も変わらないこともまた多くある。ニトロはいつも言っていた。「世の中は全て必然。」もしそうならば、わしらの決断も必然だったと、彼らには打ち明けないまま墓場まで持っていこう。今の予定では、すぱなは海のどこかで、わしは中東の一国で土に帰る。そうして、封を開けられることのなかった手紙に込められたニトロの思いも、この地球という星に帰るのだ。







続きを読む

スポンサーサイト

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

りんごちゃんの吉幾三のモノマネがツボすぎる。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。