大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。

わし、旅行中は必ず朝っぱらからひとっ風呂浴びる派なんじゃけど、

生憎こちらのお宿の入浴時間は朝6時半からとのこと(唯一の欠点じゃわ、このお宿の。)。

7時半にはチェックアウトして早めに出発する予定じゃったので断念して身支度し、

お楽しみの朝ごはんは朝食会場にて朝日を浴びながら。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
ごはんは硬くないし、飯の進むおかずもあるし、お味噌汁もちゃーんと温かい。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
というあたりまえのことがでけんあのお宿をまた思い出す、ひつっこいわし。

食後にはレトロなカップでコーシーのサービスもあり、
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
なんとチェックアウトのときには「お土産にどうぞー。」つって、

それはそれは立派な鳴門金時を4本もいただきました。やりー。つっても甘いもんは苦手なんじゃけど。

はい、出発シンコー。小鳴門橋を渡ったあと、
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
大鳴門橋を渡りました。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
うずってる~。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
じつはここ、結婚10周年記念旅行で来たことがあるんです。

で、画像を探してみたらあったあった!
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
この↓ガラスの床の上に乗るのが怖かったー。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
ちなみにこのときに着とる服から靴からアクセサリー、傘に至ってまですべて現役です。

てかおっさん!アッコか!
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
はい。兵庫県に入り、
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
淡路島に突入です。玉ねぎ畑がいっぱいです。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
あわじ花さじきというとこへやって来ました。なんとここ、無料なんです。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
ちょうど菜の花が満開でかなり見応えがありました。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
こっち向けっつってんのに草を食むぶっち。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
ボラギノール的な一枚。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
牛もおったりとか。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
どうでもええ情報じゃけど、ぶっちの遠吠えはまるで牛の鳴き声みたいなんです。

ちなみに、二ヶ月ほど前からぶっちの首輪をやめてハーネスにしたんですけどね?
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
ハーネスにもいろいろ種類があるけど、ぶっちがつけとるこの↑ハーネスってさあ、

まるでアレみたいでそ?アレ。

こり↓。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
穿いてないんですけどね、ぶっち。チンチン丸出しじゃし。

はい、直売所で葉玉ねぎやわけぎなどをどっちゃりと買い込んで出発です。

ペットもいっしょに乗れるらしい淡路SAの大観覧車。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
わしは観覧車は苦手なのでスルー。どうも、速度のない高い乗り物は苦手です。

明石海峡大橋を渡ります。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
この橋を渡るのはたぶん初めて。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
神戸が見えてきたらいきなり都会っぽい感じになってきたー!
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
そのあいだ、ぶっちは爆睡。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
舞子海上プロムナードにやって来ました(ぶっちは車でお留守番。)。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
展望ラウンジからの景色。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
おーい!hanaしゃーん!
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
何を見に来たかと言うと、
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
大鳴門橋と同じようなガラスの床、海上47mの丸木橋です。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
こえー。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
でったいだいじょぶって分かっとるのに、ハンパなくこあい。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
動画を撮ったんですが、わしの声がうっさいのでくれぐれもお気をつけて再生してくださいね。

おっさん、直後に股間をニギニギほぐしようりました。笑

車に戻ってからぶっちと周辺を軽く散歩。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
さすが神戸、おしゃれー。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
帰る途中、兵庫県三木市の特産、刃物・金物を見たいとれんちが言うので、

“道の駅みき”に寄ったんじゃけどこれといって欲しいものはなかったみたい。

腹が減ったので出来立てほかほかの明石焼きを食らい、
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
ただひたすら広島を目指してモクモクと運転して小谷SAでドッグラン休憩。
菜の花、こあいこあい、明石海峡大橋。
超小型犬の飼い主さんたち、ぶっちを見てあわてて犬を抱っこし、逃げてらっさいました。www

夕方には無事に帰宅。いやーしかし、この行程を日帰りでこなす方って尊敬しますわ。


以上、今回はわしも頑張って100キロほどですが運転を頑張りました。

うっかり免許証不携帯じゃったのはここだけの話で。


おわり。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

うろん、かずら橋、小便小僧。

おひさしぶりです、すぱなです。

約2ヶ月ほどブログを放置しとったあいだにいろーんな出来事があったんですが、

(つか、まだ経過途中の出来事もアリ。)

3月末に出掛けて来た一泊旅行のことから順番にアップしていこうと思います。


高速道路をぶーんと走って、まずは福山SAのドッグランでぬんち休憩。
うろん、かずら橋、小便小僧。
どの犬の飼い主さんも、嫌われがちな柴犬を避けることなく遊んでくれて嬉しかったー。

ワクチン接種が終了してお出掛けデビューだったらしい黒ラブのパピーっ子、かわゆす。
うろん、かずら橋、小便小僧。
ちなみにすでに10キロもあるらしい黒ラブくん、むっちり♡(ホネカワスジオのぶっちは約8キロ。)

またまた高速道路をぶーんと走って、トンネルを抜け、
うろん、かずら橋、小便小僧。
大好きな瀬戸大橋を渡り、
うろん、かずら橋、小便小僧。
高速道路を降りた途端、白バイが登場・・・?

シートベルトもしとるしケータイも使いようらんかったし、なんでなんで?と思ったら、

一時停止違反だと・・・?んなもんするわきゃねーだろっ!おいっ。
うろん、かずら橋、小便小僧。
くそう。警官とのやりとりの途中、屁をかましたぶっちっち。もっとかましたったれ!

気を取り直して、やって来たのはうろん屋さんの“須崎”です。
うろん、かずら橋、小便小僧。
前回来た時にはお正月休みじゃったのでリベンジです。
うろん、かずら橋、小便小僧。
メニューは冷たいのか温かいのか、小か大、以上。わしは冷たいの大にしました。
うろん、かずら橋、小便小僧。
外に置いてあるベンチで青空うろんです。
うろん、かずら橋、小便小僧。
美味しかった、けど、なんか違う・・・。わしが食べたいんはこりじゃない・・・。
うろん、かずら橋、小便小僧。
まず出汁が、わしの求めるものと違っとったし、うろんもエロくないし・・・。

ぶっちにもお裾分け。
うろん、かずら橋、小便小僧。
うろん県からうずしお県にやって来ました。
うろん、かずら橋、小便小僧。
桜もちらほら。
うろん、かずら橋、小便小僧。
ラフティングもできるらしい吉野川、めっちゃキレイ!!
うろん、かずら橋、小便小僧。
15年くらい前かなあ?れんちの御両親と日帰りバスツアーで来たことのある、
うろん、かずら橋、小便小僧。
かずら橋にやって来ました。
うろん、かずら橋、小便小僧。
いざ!
うろん、かずら橋、小便小僧。
なんの疑いもなく2~3歩ほどトトトッと歩いたら後ろ足がズコッと抜けてビビりまくり、

まったく動けんくなったぶっち。というわけで、ソッコー抱っこです。
うろん、かずら橋、小便小僧。
こわいー。
うろん、かずら橋、小便小僧。
前に来たときには怖いと思った覚えがないのに、今回はこわかったー。
うろん、かずら橋、小便小僧。
歳食ったっちゅうことか?
うろん、かずら橋、小便小僧。
ちなみにれんちはまったく怖くなかったそうです。さすが棟梁。
うろん、かずら橋、小便小僧。
かずら橋を渡り終えたあと、「犬を抱いて渡ったの?」と男性がびっくりしておられました。

河原に降りてみました。
うろん、かずら橋、小便小僧。
「ビビったけえノド乾いたー。」
うろん、かずら橋、小便小僧。
なかなかしゅばらしい景色です。
うろん、かずら橋、小便小僧。
「怖かったけど楽しかったねー、ぶっち。」
うろん、かずら橋、小便小僧。
「・・・。」
うろん、かずら橋、小便小僧。
琵琶の滝を眺め、
うろん、かずら橋、小便小僧。
大歩危峡の鯉のぼりと遊覧船を見て、
うろん、かずら橋、小便小僧。
約15年前にも食べた祖谷そばをいただいてみました。
うろん、かずら橋、小便小僧。
小麦粉などのつなぎをほとんど使わん祖谷そばは切れやすくて短く、ぼそぼそなのが特徴なんですが、

こちらの祖谷そばはなんと、ふ、袋麺。・・・
うろん、かずら橋、小便小僧。
つまり、短い麺を再現してはありましたが、つなぎを使ったパチモンでした・・。

お次に向かったのは祖谷渓の小便小僧です。
うろん、かずら橋、小便小僧。
かつて地元の子供たちや旅人が度胸試しをしたという逸話をもとにつくられた像らしいです。
うろん、かずら橋、小便小僧。
なんの疑いもなくトコトコと歩いて先っぽまで行ったあと、
うろん、かずら橋、小便小僧。
己が立っておる場所・状況が読めて、恐怖で固まってしまったぶっち。
うろん、かずら橋、小便小僧。
さて、この日のお宿はペットも同宿できる、鳴門市の旅館水の(創業慶応3年!)です。
うろん、かずら橋、小便小僧。
建物は古いしお部屋の絨毯やソファのあっちこっちにいろんなシミがあるけど、

掃除は行き届いとる感じ、マーキング臭も皆無でNOおむつで放牧OK牧場でした。

しかも、HPには「パブリック・スペースではキャリーか抱っこで」と記載されておりますが、

チェックイン時に「歩かせてもいいですよー!どうぞどうぞ!」とおっしゃってくれました。

しかもしかも、柴犬って犬種的には小型犬じゃのに何故かお宿では中型犬扱いされるんじゃけど、

予約したときに犬種と体重を申告したら、小型犬の料金にしてくれました。ブラボー!

全室オーシャン・ビューらしいこちらのお宿、窓からの景色、右側。
うろん、かずら橋、小便小僧。
中央から左側に見えとる島が淡路島で、その下のギザギザの岩は夫婦岩らしいです。

左側。左端に見えとるのは小鳴門海峡に架かる小鳴門橋。こなるとってかわゆい響きじゃのお。
うろん、かずら橋、小便小僧。
まったりと相撲を観るぶっち。おぬし、もしかして自分が犬だということを忘れてはおらぬか?
うろん、かずら橋、小便小僧。
露天風呂はないけど鳴門海峡を一望できる展望大浴場があり、
うろん、かずら橋、小便小僧。
すこーしトロミのある熱めのラジウム温泉がめっちゃ気持ちえかった。

お楽しみの夜ごはんは部屋食です。
うろん、かずら橋、小便小僧。
鯛の兜煮以外はわし好みの薄味じゃったし、
うろん、かずら橋、小便小僧。
ハイクラスなお宿のような、洗練されたお料理ではないれけど手の込んだお料理で品数も多し、
うろん、かずら橋、小便小僧。
しとり分ずつ用意されとった鯛の釜めしも美味かった!
うろん、かずら橋、小便小僧。
これで一泊二食12000円、かなり頑張ってらっしゃると思う。某お宿とは大違いじゃわ!
うろん、かずら橋、小便小僧。
ええとこ見っけたね、ぶっち。ここ、また来ようね。


つづく。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

さあて。そろそろ5月の旅行記をアップしようかな。(すぱな)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。