FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

てんこ盛りバンコク旅行記 その3~午後の部前半~

D'Sens(デ・サンス)。
フランスのミシュラン三つ星シェフ、ジャック&ローラン・プルセル兄弟が世界中に展開する
レストランの一つで、デュシタニ・バンコクの最上階にあります。
「ご予約は?」と聞かれ、「していません」と堂々と答えても、すんなり席に案内してくれました。
当たって砕けろとはよく言ったもんです。

のどカラカラだったので一気飲み
窓際で眺望バツグン。バターはエシレ(発酵バター)。シャンパンはグラスで頼みましたが、
フルボトルを目の前を開けてくれました。シュワシュワだお!シュワシュワ!(←機嫌なおった)

額に入れて飾っておきたい
シェフからのプレゼント、アミューズ。鴨・ポテト・ビーツなどをクミンや八角でマリネしたもの。
かわゆい。ずっと見ていたい。食べたらひとくちでなくなるから。

ここからはプリフィクスになっており
前菜は、アンコウとパプリカのテリーヌ、地中海野菜とコリアンダーのペスト。

前菜・メイン・デザートをそれぞれ3種類の中から
メインは、仔羊のパルマンティエ(じゃがいもアレンジ)、プロヴァンスハーブの香り、
人参とオレンジのチャツネ、素材のジュで。

一品ずつ選ぶようになっています
デザートは、洋梨のBelle・Helene(ベル・エレーヌ)風、シェフスタイル。


英語メニューをわし流に勝手に訳したので、ちょっとしたニュアンス違いはご勘弁。
料理に一環して言えることは、とても繊細で軽やか。そして、一皿一皿が絵画のように美しい。
しかし、ナチュラルで軽やか、全編それを通されるといささか物足りなくなるというもの。
仔羊なんかは、しっかり火を通したものがやわやわにほぐしてあって、べつに仔羊じゃなくても
いいんじゃないの?みたいな。ラム好きな人は、あの赤い肉と骨にしゃぶりつきたいものでしょう。
この軽やかな美しさこそが「プルセル・キュイジーヌ」と呼ばれる独自性なのかもしれないけど、
さすがにちょっとメリハリのなさを感じました。
とはいえ、今回いただいたこのビジネスセットランチ、これで860バーツ(約2500円)。
食事自体はとてもお手ごろ価格だと思いました。が、飲み物の値段が・・・。
食事の値段に対してバランスめちゃくちゃやん、と突っ込みたいくらいでしたので、
お酒を飲まれる方だとあっちゅう間に万札が飛びますのでご注意を。
まあ、個人的には楽しかったので行ってよかったです。とても。








続きを読む

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

ペットボトルにポン酒入れたの持って、息子とく◯寿司行って1000円で済ますの、どこのどいつだぁ〜い?あ、あなたもやってるの?なーんだ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター