FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

CATERPILLAR ~キャタピラー~

あらすじ。

戦地から夫が帰ってきた。
四肢を失い、顔面ケロイド、口もきけないけど、生きて帰ってきた。
食事、下の世話、そしてもうひとつの下の世話が続く。
毎日、毎日。
村人の間では、夫は勲章もゲットした英雄「軍神様」。
私はその妻で、ちょっと鼻たかだか。
でも下の世話は続く。
毎日、毎日。
ちょっと気晴らしに軍神様をリヤカーに乗せて見せびらかし。
村人たちが軍神様に手を合わせる。
英雄の妻、よく出来た妻だと言われ、私またちょっと鼻たかだか。
でも下の世話は続く。
毎日、毎日。
そして、1945年8月15日、戦争は終わった。
夫は自殺した。




ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した、
寺島しのぶさんの体当たりの演技を観てきました。
ネイティブヒロシマンとして、宇宙船地球号の一乗組員として、
見ておかなければと思ったのですが、冒頭シーンからいささか違和感。
戦地から帰ってきた芋虫(キャタピラー)のような夫(久蔵)の姿を見た妻(シゲ子)。
家を飛び出し「いやだいやだ!!」と子供のようにだだをこね、泣いて田んぼにうずくまる。
ここでもう映画鑑賞において重要な「もし自分だったら」の感情移入があり得ない。
送り出したら最後、二度と会えない覚悟でいるのが戦争。
なのに愛する夫が奇跡的に帰ってきたら、
驚きはあれど、まずはどんな姿でも「うれしさ」ではないのか?
これから続く苦労や不安はじわじわと後からやってくるものではないのだろうか?
と、思っていたら、映画を観続けていくうちに納得、久蔵の人格に問題アリだったんだね。
シゲ子が子供(男児)を産めないことを罵倒し殴る蹴る、
戦地では中国人女性を暴行して虐殺しまくっていた人だった。
暴行と虐殺への自責の念から幻覚に憑かれ、苦しみ、
最後は池ポチャして自殺してしまう久蔵に、「自業自得やんけ」としか思えなかった。
もちろん、全ては戦争が引き起こした悲劇なのだけど、
監督はなぜ久蔵を『心やさしい妻思いの夫』という設定にしなかったのだろうか。
いかに戦争が人間を変えるか、苦しめるか、を膨らませるだけの人物設定とも取れるし、
憎しみと葛藤しながらもキャタピラー夫にまたがる寺島しのぶ、
で賞を狙っただけなのではないか。
エンターテイメント的な起承転結はないけれど、
鼻の穴ひとつの膨らませ方で感情を表現できる女優寺島しのぶ、の素晴らしい演技は必見。


広島の子供たちは、平和学習という授業を受けて育つのだけれど、
どうすれば戦争がおこらない世界になるかという答えはいつも曖昧だった。
『人の嫌がることはしない。』
子供の頃は、大人にこんな言葉を言われて育ったのにね。



世界に平和を
教えてもいないのに、折鶴に平和と書いてたnitroの長男ムーニョ。






余談。
日本の映画界において女優さんの『体当たりの演技』=『濡れ場』
(この言葉もどうかと思う、ので以下NB。)を意味することが多いと思う。
この映画『CATERPILLAR』でここまで執拗にNBを強調することに何の意味があるのか?
NBが必要というのはわかるのだけど、この映画、それ多すぎだと思うのだけど。
寺島しのぶさんに甘えすぎなんじゃないの?
『問題作』を意識し過ぎなんじゃないの?
わしの個人的意見なのだけど、はっきり言ってほとんどの映画にNBは必要ない。
そこでストーリーや映画全体の流れがストップしてしまうような気がしてならない。
そういうのは、そっち方面の映画で心ゆくまで作りこんでいただきたい、と思うのだ。



えっ!?吉原炎上はいいんだよ!!




 | HOME | 

今日のぐだぐだ

ペットボトルにポン酒入れたの持って、息子とく◯寿司行って1000円で済ますの、どこのどいつだぁ〜い?あ、あなたもやってるの?なーんだ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター