FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

District 9



ずっと映画が苦手でした。
2時間集中力が持たないのです。
気の迷いでたまに映画館に出向いたとしても、壁のデジタル時計を見ては、
「あぁ、まださっきから3分しか経ってない・・・」
と何度もがっかりし、ようやくエンドロールが流れた時のあの開放感。
ところがホラー映画だけは別でした。
わしらのちびい頃はホラー映画最盛期と言っても過言ではないほど、
映画館では新作旧作ホラーが常に上映されており、
週末はオールナイトでホラー3本立てなんてのも普通だったのです。


一人歩きができるようになった今、
空いた時間を見つけては映画館へ行くのが大好きになりました。
お客さんまばらの映画館で、ビールを飲みながら、大きなスクリーンでホラー映画を見る。
最高です。

だめですか、こんなアラフォー。




じゃ、ここにサインして

第9地区

エイリアン映画ではかなりの重要度である“なぜエイリアンが地球にやってきたのか”が、
ただの「これまでのあらすじ」に要約された冒頭シーンからはじまる。
エイリアン菌に感染し、ちょっとずつ海老系エイリアンに変身していく主人公ヴィカス。
頭脳派エイリアンクリストファーと力を合わせ宇宙船へ戻り、人間の体に戻してもらうはずだったのだが。


グロ描写がハンパない、とか、感動のあまり泣きながら映画館を後にする女子多数、とか、
内容がちょびっと似ていることもあり“裏アバター”として大絶賛されていたこの映画、
どうしても映画館で観たかったので行ってきたはいいのですが、
まあ結果から言えば、前評判のよさに過度の期待は禁物というところでしょうか。
グッとくるシーンが一つもなかったというのが本音です。
なんか、何を撮りたかったんじゃろう・・・?みたいな。
映像というよりも人間の心のグロさを表現したかったのでしょうが、なんとも中途半端というか。
エイリアンの大好物がキャットフードという設定に何の意味もないし、
クリストファーと坊やが子機ごと何かしらんビームみたいなんで宇宙船に吸い込まれる、
ってそれ出来るんならなんで最初っからせんかったん?20年かけてためた黒い液体いらんじゃん。
てか黒い液体ってただの燃料なのに、顔にかかったらなんで感染してエイリアンになるのだ?
とどめは最後のシーン、ギャグかと思った。

ザ・フライとマーズアタックとスターシップトゥルーパーズをぐるぐる混ぜ合わせて、
最後にアバターエキスを入れたような映画でした。


というわけで、ここまで読んだいただいた後でこの映画を観たら、
「なんだ、そんなでもないじゃん。おもしろいよこれ。」って言ってもらえるような気がしないでもないです。


つかもう次に観に行くこの映画のことで頭がいっぱいなのら。






 | HOME | 

今日のぐだぐだ

ペットボトルにポン酒入れたの持って、息子とく◯寿司行って1000円で済ますの、どこのどいつだぁ〜い?あ、あなたもやってるの?なーんだ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター