FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

ANVIL~The Story of Anvil~

最高の映画に出会えました


1984年、スーパーロック’84と名付けられたロックフェスで日本にやってきた、
重鎮スコーピオンズ、ギターゴッドマイケルシェンカーグループ、演歌節ホワイトスネイク、
まだまだ駆け出しのひよっこボンジョビ、そして、この豪華顔ぶれの中にANVILはいた。
いろんなタイミングを逃し、この中で唯一スター街道から外れてしまったヘヴィメタルバンド。
50代になった彼らは、カナダのトロントでアルバイトをしながらまだANVILを続けていた。
ヨーロッパツアーを持ちかけられるもコマーシャル不足で客席ガラガラだったり、
ギャラを支払ってもらえなかったり、あげくの果てにはバンド内で仲間割れ。
それでも、やっぱり諦めきれない男たちはレコーディングしたテープをレコード会社に送り続ける。
そんな中。
日本のプロモーターから連絡が入る。
「日本にライヴをしに来ないか」




もう、いろいろ説明するより、とにかく観て欲しい!この映画!!
ドキュメンタリー映画って、正直今までおもしろいと思ったことがなかったのだけど、
マイケル・ムーアが言っているように、これは本当に最高傑作だと思います。
泥臭いヘヴィメタルを取り巻くおっさんの友情なんて、スウェディッシュポップス好き根岸君
のような今どきの草食系男子なんかにはきっと永遠に理解できないのだろうけれど、
わしの昭和な魂にはぐわんぐわん響いたのだ。
映画を観る前は、
「へえ~、クアトロ来るんだ、えっ!?チケット7000円!!!?ふんっ、行かないよ。」
とか言ってたのに、観終わった後は、
「絶対クアトロ行く!アンヴィルのチケット買う!リップス(ヴォーカル)がお姉ちゃん(実姉)に借りてるレコーディング代の200万円、早く返させてあげなきゃね!」
なんて言っちゃう始末。
結局は、ジャパンツアーに客を呼ぶための宣伝映画にまんまとひっかかったってとこか。
それでもいいもんはいいのだ。
まだまだ絶賛上映中!!横川シネマまで走れ!!
(広島以外の方は、お近くのミニシアターを要チェック)



去年だけどBARKSのニュースにANVILの記事が出てた。仕掛け人がいるんだね~。



 | HOME | 

今日のぐだぐだ

ペットボトルにポン酒入れたの持って、息子とく◯寿司行って1000円で済ますの、どこのどいつだぁ〜い?あ、あなたもやってるの?なーんだ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター