大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King of pop

国内外からのお知らせメールで、朝からわしのケータイ鳴りっぱなし。

みんなありがとう。

マイケル、フォーエバー。

(あぁ、それにしてもわしのほうこそハートアタックになりそう)



スポンサーサイト

楳図かずおの世界

妄想のレジスタンス!!(かっちょいい~)
文藝の別冊として5年前に出版されたその名もズバリ、「楳図かずお」。
我らがまことちゃんの“総特集なのら!”という言葉の通り、自身のフォトコミックにはじまり、宇川直宏(これまたすごい人選んじゃったね)とのロングインタビュー、貸本時代の作品解説、単行本未収録作品などなど、どこを切っても楳図オンパレード、それはまるで楳図金太郎飴のようなおいしさてんこ盛りな1冊です。
特に宇川氏との対談はよかった。あの頭脳派キテレツアーティスト宇川氏さえも、歩く宇宙である楳図かずおの前ではなんのなんの、まだまだケツの青いカラーひよこなのだ。(『僕は楳図かずおという船に乗って漂ってるだけ』と宇川氏。なんとかわいいことを言うではないか。)
イメージだけが先行し「あぁ、あのまことちゃんみたいな人?」と、彼自身とまことちゃん像がかぶってしまっている人も多いかもしれないが、まことちゃんのような人間があのような漫画を描けるわきゃない。
たしかにあのはちゃめちゃなちゃめっけっぷりはハンパない。しかしそれだけではないのだ。実際に起こりうる可能性(それがたとえ限りなく0%に近くとも)を常に念頭において描かれたまことちゃんの世界は非現実的なもので笑わせる他のギャグ漫画とは完全に違う場所におり、そしてそれは全て計算しつくされたギャグ(あるいは恐怖)INリアリティーなのだと、この本を読んでわかった。
「神の左手悪魔の右手」「わたしは真悟」「14歳」と、近年彼の作品は段々と文学的・哲学的要素が何重にも絡んでおり、あまりのスケールの大きさに一般人読者にはさっぱりワケがわからんと言われるも、多くの評論家からは大絶賛を浴びている。特に「わたしは真悟」などは漫画史上最高傑作と称える人も多い。「14歳」を描きあげた後、楳図氏はペンを置き、それ以来いまだ長編を発表していないのも、それくらい全身全霊を注ぎ込み燃え尽きた証拠と思う。

ところで、わしがこの本で特におもしろいと思うのはこの企画。

素晴らしいタイトル!
1983年に別冊少女コミックに掲載された楳図かずおの「絶食」。
それを1995年に江口寿史がリメイクしたものの実況再録。
(漫画のリメイク。わしは知らなかったけれど、音楽や映画だけでなく漫画というものもリメイクされるものなんだね。とっても画期的でおもしろい!)
マニアのファンを数多く持つ江口寿史も、彼には到底敵わないと言っている。
そう、比べると一目瞭然。
こぼれ落ちるような肉に必死に喰らいつくラストのなんと美しいこと。


晩年のピカソがキュビズムから抜け出し写実画に戻ったように、楳図かずおもまたストレートなギャグ漫画やホラー漫画に戻る日が来るのだろうか。
でも、きっと彼の頭の中は宇宙のようにどんどん広がっているから、原点回帰はまだまだ先の話かも。




ミントネイル

ちょっと気になってたネイルサロンがあったので電話してみたら、取り扱ってるのはソフトジェルと
アクリリックスカルプチュアのみ、ハードジェルは取り扱っていないとのこと。
ソフトジェルはあまり長さが出せないしアクリルは溶剤でオフすると言われ、行ってみようかな?と
思ってた気持ちがいっきにシュルシュル~としぼんだ。
 
削ってオフするよりも溶剤でオフするほうが自爪にやさしいって言うけど、これってほんとなの?
削るっつっても自爪を削るわけじゃあるまいし、アクリルを溶かすっつう溶剤を使うほうが、
よっぽど自爪やまわりの皮膚に悪いと思うんだけど、どうなんでしょ?
てか、実はハードジェルやネイルマシーンを使いこなす技術がないとかだったりして?

nail ということで、相変わらずセルフジェルネイル。
 スパークリングジェルのmintとクリアのストーンで
 簡単にキラキラと涼しそうなネイルに。
 スパークリングジェルってジェルの底に沈んでる
 ラメをくるくるまっふんっ浮き上がらせて使うと、
 たっぷりとラメをのせる前にジェルの厚みが出て
 しまうので敬遠して一度も使わずにいたんだけど。
 ふと、スパークリングジェルのジェルとラメって
 分けられる?と思いつき、空になったクリアジェルの
 容器に流してみたら気持ちいいほどスルスルと!
 これでラメのみをギッシリ・ミッチリとのせられる!
 しかも移したジェルは普通のクリアジェルとして
 使えるのだ!おためしあれ~!

今朝。
わしらの車の前を走ってた青い原付バイクがスリップして転倒!れんちあわてて急ブレーキ!
後続車を確認するわし!パチパチと火花をちらしながらザーーー!とすべる原付バイク!
あわわわわ~!まじでびびった~!
spanner数分後。
なんてことない様子でわしらの車を追い越してった若そうな彼。
ごっつい皮ジャンは傷だらけになったみたいだけど、
たいしたことなさそうでなにより、親より先に逝ったらあかんで。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ボリュ弁

  冬場は象印のステンレスジャー、“どでか弁”。
れんちの今日のおべんと。かぼちゃと鶏挽肉のぐったり煮、茹ですぎちゃうんけ?なブロッコリ、
半端に残った野菜のオムレツ、添加物たっぷりのウインナ、牛肉・玉葱・青葱の辛すぎる炒め物、
お惣菜の白身魚フライ、しょっぱっくってやってらんねー梅干、思い出のゆかり、酒臭い愛情。
  
  ボリューム弁当、略して“ボリュ弁”。
てゆうかフタしまんねー。どう考えてもしまんねー。毎日毎朝、フタすることを諦めかけてしまう。
でも、呆れ顔のクイーンに「あんたあ、いくられんちゃんがかわいいゆうても、それは・・・。」って
言われても、決してわしは挫けない。逃げない。目をそむけたらわしの負けだ。負けたくない。
フタなんてしまんなくても乗っかってればじゅうぶんだ。小食は悪だ。大食こそ善なのだ。多分。
わしは、「そんな量で足りんのけ?うそでっしゃろ?」なちっちゃい寄り弁は、大嫌いなんだー!
        
        いったい、一日にどれくらいのカロリーを摂取してるのだろう・・・。
というわけで。せっかくなので量ってみました。おかずの部、約515グラム。まあ、想定内。
        
        1.5合。若い頃はこれでも足りんかったらしい。
ごはんの部、んーと、・・・、どうやら針が振り切れて計測不能の模様。まさかまさかの想定外。

カリスマ主婦を自負する、とある方のHPの“旦那さんのおべんと日記”で、とある日のおかずが、
・ゆでたまご
・プチトマト
・ゆでとうもろこし
spanner・えだまめ
・ごはんの上に一切れの奈良漬け
だった。
びっくりした。白米はどうやって食えと?

ブログランキング・にほんブログ村へ

わしは闘っている(連鎖的想像の中で)

綱しょった土佐犬ばりに。

闘いは今日も起こった。
点眼液の先っちょがまつげに触れることがあってはならないので、
(あるのかないのかわからんわしのまつげもこういうときには存在を感じさせるなかなかのいけず)
かなり上方からドロップしてやるのだが、
目を見開いて点眼液の先っちょを見なければわしの負けなのだ。
目薬が怖いなんて口が裂けても言えない。
だからあえて心の中で目薬と闘う。
「お前には負けない」と。
実生活では、立派な負け犬人生なのだろうが、
つまらんことには負けたくない。それが綱しょった女の意地である。

何か気まずい案件に気付いても、それをスルーするのが大人というものなのでしょうか。
見て見ぬふりをしとけばいいのでしょうか。
でも、ルー大柴も言っている。
「オレはオマエをスルーできない」って。
そう、スルーできないものに気付いたら、
自分に不利益が被らない程度にスルーしないことにするー。
昨日、スルウできなかったもの。

2個だけ売っていたら納得したかも

赤いリンゴの立場が憐れで憐れで。
でもそこはとりあえずスルーで。
『いつから「ウ」が付くようになったんですか?』と店員さんに聞いてみた。
というのはウソですが、ひょっとこのようになって何度も音読したくなったのは事実ウ。

子供のころ、半分に割ったグレープフルーツウに砂糖をかけてすくって食べていたのを思い出した。
スップンと呼んでいたそれで。
高倉健さんよりも不器用なまむしの手が、果実をぐじゅぐじゅにした。
最後はかぶりつき、前歯でこそぎ、皮の苦味で口のまわりがヒリヒリとかぶれた。
グレープフルーツが好きだったのではなくて、ただ砂糖がなめたかっただけだった。
ザラザラとしたグラニュー糖。白くなったシュガーカットの固まり。
甘ければなんでもよかった。

あの頃のわしは、オトナになったわしは絶対にスーパーアイドルになっていると信じきっていた。
サイテーでもキョンキョンぐらい、とか言っていた。
ちびっこビッグマウス。



真っ暗な部屋で女一人ガンバの冒険を見る
ここんとこ、夜中にケーブルでやっている「ガンバの冒険」を見て寝床へ入る。
リアルタイムで見た記憶はあまりないけど、ところどころ劇画タッチなのがなつかし風味。
ガンバはめっちゃやる。
それ絶対ムリだって!ってのもフツーにやる。
彼こそほんまもんの冒険家だ。






やっぱりわしも闘わねば。


ピアニスト

「もし、一日だけ目が見えるようなことがあったら、何を見たいと願われますか?」

「ん~そうねえ・・・。ひとつだけ?ふたつじゃダメ?どうしても?ん~・・・。
 てか、こんな無神経な質問をする無能でバカな記者の顔だけは、絶対に見たくないわねえ?」

LA PIANISTE ←強盗に入られたこともある、近所のへっぽこレンタル屋さんで
 半額デーに借りて観た、エルフリーデ・イェリネクの自伝作品。
 
 やーこれがねえ、重い・痛い・変態、の3拍子揃った、なんとも
 エグい映画だったのよ・・・。
 こんな重ーい内容の映画だとは全く知らずに観てしまって、
 すんごい衝撃的でした。
 
 バスルームで鏡を持って剃刀で・・・、のシーンは、そのへんの
 スプラッター映画よりよっぽど怖いです。痛いです。チビります。
 バスタブにたらりと流れた血・・・キャー!!!たっけてー!!!
 
 いちばんの見所はなんと言ってもラスト。
 自分の胸にナイフを突き刺した時の、イザベル・ユペールの
 あの表情!クワッ!ってなったあの顔は、ヤバい!ヤバすぎる!
 あの表情には思わず「ブラボー!!!」と叫んでしまいました。
 2001年カンヌ国際映画祭にて女優賞を受賞したつうのも納得。

ところで。実はわし、昔10年間ほどピアノを習ってました。
ある日ピアノの先生が、
spanner「すぱなさん、音大に進む気はない?
音楽以外の成績はどんな感じ?」と聞いてきた。

どんな感じって・・・。ねえ・・・?

ブログランキング・にほんブログ村へ

藤森直子さん

もう何年も前にニトロに教えてもらってその存在を知った、NAO's Blue Film。知ってる人、いる?
(確か前は“Fuckin' Blue Film”だったような・・・?変えたのかな?それともわしの思い違い?)
SM嬢でバイセクシャル、恋人のことを好きになればなるほど感情と行動が逆向きになってしまい、
ひどいことばかりをしてしまうという鬼畜な性癖を持っている、NAOさんの日記。その衝撃的な
内容にわしは戸惑いつつものめりこみ、数日間、青い画面に目をチカチカさせながら読み続けた。

その日記の中でいちばん好きなのは、 “その鍵、死んでます”。
鍵を入れる鍵穴さえなくなってしまった鍵っていったいどこに繋がってるんだろうか?異次元?
いちばんエグかったのは、 “パパの晴れ姿”(本では“パパの正装”)。
人に跨って、とか、うれしそうに頬にパタパタ、って・・・。

綾。ホステス、22歳。もお買い上げ。 1999年8月1日から続いた日記は、
 2000年3月末で突然、休止になった。
 
 「電撃的なエンディングは、
 発売される本で確かめてください。」
 
 速攻ネットで購入した、鴨葱なわし・・・。

 HPでの最終更新は2005年の7月1日、
 とっても短い文章で生存報告(?)があったっきり。
 約4年かあ。
 思い出してはちょくちょくチェックしてるのだけど、
 あれから更新は全くされていない。(多分。)

彼女は今、どこで、どうしておられるのでしょうか?
まだSM嬢をしているのでしょうか?
小説は書いているのでしょうか?
千佳ちゃんと子供の3人で幸せに暮らしておられるのでしょうか?
精神を病んで入院していた貴ちゃんは、回復されたのでしょうか?
他人の手紙を盗み、投函しないつもりで返事を書く、という趣味を持っていた、
亡くなられたお父様のダンボール二箱分の手紙は開けて読んでみたのでしょうか?
盲目の弟・秋一さんと、彼のお金目当てで結婚した彼女は幸せに暮らしておられるのでしょうか?
それとも、たんまり保険をかけられて・・・?お化けになって・・・???

spannerNAOさんに会ったことも話したこともないのに、
今、どうしておられるのかとっても気になっています。
あ、そうそう。
わし、田口ランディの本は一生、読みません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

アペリティフの会

京橋川沿いにあるムッシムパネンさんで行われた「アペリティフの会」へ行ってきました。

料理・ワイン・カクテル・デザート、それぞれのエキスパートが腕を振るう今年で2回目のこの企画、
つい最近ネットで知り、ダメモトで電話してみたのが前日の土曜日。
「定員まで残り2名ですよ。」
やったね。
当日はとてもよい天気。気持ちのよい川沿いでビールを一本飲んでからムッシムパネンさんへ。
夕方4時。
緑がいっぱいの川沿いオープンスペースはすでにたくさんの人で賑わってる。
広島では“とうかさん”というお祭りの最終日だったこともあり、浴衣姿の人もたくさん。
さっそく中へ入ってみました。

カウンターのおされおつまみたち
とってもかわゆいフィンガーフードがお出迎え。よろしくお願いします。えーと、まずはカクテル!

甘夏のシャンパンカクテル
シャーベット状の甘夏が爽やかな初夏にぴったりなシャンパンカクテル。すっごくおいしい。
あれ、グラスに穴があいとるんかなぁ。次。

カンパリを使ったオリジナルカクテル  マルガリータ
ショートカクテル3連チャン。そうですね、マルガリータがおいしい季節になりました。

お皿に乗ったおされおつまみたち  おされスウィーツたち
お酒に合うスウィーツもたくさん。ミモレットパイとバジルグリッシーニがワインにタリピツ。

ソムリエの方が自ら注いで下さいます  アボカドデザート
ワインはどれもすいすい系のラインナップ。もう~、すいすい飲んじゃお。
それにしても、最近よくレストランとかでも日本のワインを揃えてるところが多いような気がする。
流行っとるんじゃろうか。

これなんだったっけ?  外から見た店内
お肉つまんだり(自分のじゃないよ)、外に出て飲んだり。あー、楽しい。

おされご飯
これ、なーんだ?
細長い筒の端っこからチュッと吸うと、海苔入りご飯→いくら→紫蘇ジュレがお口にイン!
未来型お寿司「TUBE」と名づけよう。それにしても、どうやって筒に入れたんじゃろう?

おされエンペラー こういうイベントを見つけるのって難しいね。
 甘いもの大好きな女子ならばケーキ屋さんでの
 イベントを知るのなんて簡単なんじゃろうけど、
 ちびの頃から酒の肴に目がないわしにとっては
 たまたま知ることができてラッキーでした。
 いろんな人が集まるオープンなスペースでの
 パーティーって大好き。もっとたくさんの人と
 お話ししたかったけど、みなさんシャイね。
 でも、最後の最後。
 オーナーパティシエの方に話しかけたら、
 予約の電話も彼が受けてくれたらしく、覚えて
 くれていた。いろんなお話ができて、
 とっても楽しかった。


ダブルピースがかわいいパティシエさん






















そんなチャーミングな彼と記念撮影。いい一日でした。



sushi & sukiyaki

それにしても、なんやかんやとぐっつりな先週であった。
待ちに待った土曜日の夜くらいおいしいもん食べてぐいぐいお酒を飲んで、何もかも忘れてリセットしてやるっと、飲む気満々にさせてくれた現実のばかぁ。

広島市中区大手町のcreative sushi Nobu。
まあ、どなたかのお言葉を借りるならば、ファッショナブルな寿司屋とでも申しましょうか。
光るカウンター(本当に光るのだ!)で、広島のアクセル・ローズことノブさんのカリフォルニアロールが食べられる。あのAERAにも特集されたノブさんのお寿司は、美しく繊細なのにKO級のパンチが効いている。いつも、わしらの心内は全てお見通しとばかりにおまかせでいろいろ出してくれるのもうれしい。

カウンターはど真ん中が一番落ち着く 
 この日はこんな一皿。 
 いつかしっかりリポートしたいと思いつつも、
 おいしいお寿司に八海山が進みに進み、
 あっという間にへべれけ状態で
 どうしても写真が撮れなーい。
 次回は是非、彼の芸術とも言えるお寿司を
 画像たっぷりで紹介しようと思います。
 (飲む前にがんばれ、わし。)
 
 何より、お店の名前がいいでしょ。
 わざとなんだって。
 挑戦的なノブさんらしい。


次の日。
昼前に起きたわしの肝臓は、フル回転で昨夜の八海山と闘っていた。
しかし。
世の中で一番悲しくなる歌、サザエさんのエンディングテーマを思い出さないように、
世の中で一番愛する行為、「昼酒」に出かけなくては。
ゆうべはスシなら今日はスキヤキだろ。肝臓叩きながら行っちゃえ、ますゐ!

イエス、フォーリン・フード!
ヒロシマンならば知らない人はいない、精肉店が経営する老舗レストラン肉のますゐ。
昼から夜までぶっ通し営業の、とっても心強い昼酒ラバーの味方なのだ。
看板には「SUKIYAKI &FOREIGN FOOD」の文字が。いかすぜ、ますゐ。
いざ、出陣。

これがますゐのすき焼きだ、ぐわははははは。

麻薬系ますゐソースのかかったとんかつや分厚いステーキにも惹かれたけど、
今日はすき焼きのみを堪能することに。
ビール飲みながら待っていると、ハスキーボイスのおばちゃんがあっという間にこさえてくれた。
うまい。
(「うみゃい、うみゃい、マグロうみゃいにゃ~~。」と、しゃべる猫が最近気になる。)←本文関係なし。
生卵ディッピングしまくりでお肉ほおばりビールで流し込んで、あぁ、幸せ。
そのとき、わしのケータイの中にいる小マイコーが歌い始めた。
出ると、キングだった。
『えー、鹿肉BBQ大会、始まりました。』だって。なんで司会口調?
肉ON肉か。こ、こゆすぎる。
と言いつつも、すき焼きをたいらげたわしらはすんなりと鹿肉へ向かった。
宮島の鹿はとってもおいしくって、お口の中がキラキラハッピー&ヘブンリーエナジーふるーつ☆Cultivation・ドキドキハートでいっぱいになりましたのよ。
それでは、又後ほど・・・♪ 手
(by.アブナイ叶まむし)




※ノンフィクションですが、鹿は宮島産ではありません。

山口県の周防大島・サンシャインサザンセト

先日、平日にぽっかりと連休が取れたので、ちょっくらお隣の山口県までお出掛けしてきました。
と、その前に。腹が減っては戦が出来ぬので、丸亀製麺・宮島口店でサクッと腹ごしらえ。
どしたん?疲れたん?  天カスとネギは入れ放題。欲を言えばすりゴマがほしいところ。
えーとですね、エッジが立っててコシがあるうどん、じゃないです。なんつうか、うんがっんっんっ系。
じゃあマズイのか?っつうとそんなことはなく、それなりにウマイ。また来てあげてもいいです。
でもね、小海老のかきあげは、どこに小海老が?って感じ。玉葱ばっか。食うんじゃなかった・・・。
17歳のときに知り合った男性との初デートもここだったなあ・・。  うっさい!今日は釣りはしないって言ってんだろ!!!
工業地帯の大竹市(いつも思うけど、大竹市ってハウルの動く城みたい。観たことないけど。)を
通り過ぎ、岩国市の米軍岩国基地を通り過ぎ、ずうっと海沿いを走ってると、やっとこ大島大橋が
見えてきた!わし、橋って大好き。瀬戸大橋とか渡ると、毎度毎度その素晴らしさに感激する~。
ちょっと我が家に似てりゅ。  このテレビっ子め!てめーなんかテレビと結婚すればよかったんだよ!
泊まったのはサンシャインサザンセト。ドライブがてら遊びにきたことは何度かあるんだけど、
泊まるのは初めて。ここね、夏(休み)にはすんごい人でごったがえします。いんぐりもんぐりです。
パねぇよ、パねぇ。(←ふと思い出したので久しぶりに使ってみた。)
右みて~  左みて~
オーシャンビューのお部屋はひとり1000円追加。ふたりで2000円。これくらいは計算できりゅ。
この宿で山側に泊まっても、ねえ?てか、全室オーシャンビューで建てればよかったのでは・・・?
塩素のニオイが懐かしい。  あっぽー!
温水プールがあるって聞いて、どしよかな?と思ったけど、水着を持参してきて本っ当によかった!
プールってしょっぱくないから好き。  大。
オフシーズンで宿泊客が少ないせいか(推定6組)、プールが貸切状態!誰もいない、来ない!
懐かしのビート板でプカプカしたり、思いっきり飛び込んだり、ざっぶんざっぶんバタフライしたり、
誰もいないことをいいことにまっぱになったり。(うそ。)なんとも贅沢~。
ちょっとしょっぱい。  もちょっと晴れてばな~。
プールでしこたま遊び、フヤフヤにふやけて一回り大きくなった体を片添ヶ浜天然温泉でもう一回り
ふやかすぞ、と。てか、温泉も貸切状態。こんなに誰もいないと、なんか逆に不安になるね・・・。
あわび・鮑肝味噌もろきゅう と 既にセッティングされてた、ぬるいお刺身・・・。 お宝・長州地鶏のコンフィー糂汰味噌風味 あわび・鮑殻盛 平鯵造り 芽物一式 お宝・地鯵、太刀魚、鱸、 芽物一式
あわび・鮑田楽焼 お宝・鱸のポアレ 竹の子のタップナードソース あわび・鮑と肝入り串揚天麩羅 お宝・和牛ロース肉の網焼き 和風おろしソース
あわび・鮑入り海鮮チゲ鍋 お宝・オコゼの唐揚げ あわび・鮑山菜雑炊 お宝・サザエの釜飯 と 鱧のつみれ団子仕立て
お楽しみの夕食はレストラン・バナナビーチにて、れんちがあわびづくし(10000円のプラン)で
わしがお宝会席(11000円のプラン)。お品書きはそれぞれツールチップに書いてまっせ。
正直ね、いまいち、いや、いまさんです。でもまあ値段が値段だしねえ。こんなもんか???
デザートがね、なんかね、とっても悲しい感じだったのね・・・。ので写真はナシです。
朝食はなんてことない和洋ビュッフェ。なんてことないとか言いながら、しこたま食ったけど。
OK牧場。 わし・「ミニブタ飼いたいな~」れんち・「二匹になるじゃん~」 く、くっせー! 誰かに似てる・・・誰だっけ?
翌日、帰り道でふれあい動物村を発見!乗馬したいな~!ワンコ追っかけまわすぞ~!なあんて
ワクワクしてたら、ガーン・・・。お休み・・・。行った日は木曜日、HPで確認してみたら火曜日が
定休日になってんすけど・・・?どゆこと?木曜日って火曜日なの?火曜日が木曜日なのか?
渡りたかったけど、サンダルだったので諦めた。  土・日曜日のみ営業・・・。
周防大島のエンジェルロード・真宮島(しんぐうじま)と、ジャマイカンレストラン・I-TAL CORNER
(アイタルコーナー)。結構、見所がいっぱいあるんだね、大島って。
橘ウインドパークではハングライダーやパラグライダーもできるらしい!
spannerれんちに「おもしろそうじゃん。今度やってみようよ~。」って言ったらさ、
鷲羽山ハイランドで飛んだバンジージャンプの恐怖を思い出したらしく、
「しない!」ってプリプリ怒ってた。
飛ぶとき、すんごい縮んだんだろうな~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

うちのモグワイはひいき目に見ても10段階の3あたりだと思うけれど、きれいにしたチャッキーは意外と10段階の7くらいはいきそうな気がする。(飼い主バカM)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。