FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

I WAS MADE IN CHINA

もうすっかり春ね。
暖かくなって、髪が伸びるのがめっぽう早くなったわ。

あ、あたし?
マイ・ネーム・イズ・ティファニー。
かれこれ6~7年前かしら。
パルコのインポートグッズ店で売られてたあたしの前に突然変な女が現れてさ、
ニヤニヤしながら近づいてきて、あたしをむんずと掴んだの。
あたしのとなりにはダーリンのチャッキーもいたんだけど、なぜかあたしだけ。
その女は、小銭だらけでお金を払ってレジのパンクキッズに嫌な顔されてたっけ。
ま、こうしてその女の家に連れてこられたってワケ。
家に帰るなりあたしのスカートをめくって中がどうなってるか確かめてたわ。
そんなことするの、男子小学生だけかと思ってたけど。

その女にはいろんなところに連れていかれたものよ。カバンに無造作に放り込まれて。
イベントやバー、仕事場なんかにもね。
でも、出されるといつもその女の部屋なの。
連れて出たはいいけど、結局出して遊ぶの忘れて帰ってるのね。
あほだわ。

昨夜。
片手になにやら持ったその女が、部屋の扉を開くなりあたしをまたむんずと掴んで、
壁に立たせたの。
するとおもむろに写真を撮られた。


じろじろ見るんじゃないわよ

・・・ディスカス・デビューらしいわ。



当然最初に借りたのは『チャイルド・プレイ』かと思ったのに、
『インプリント~ぼっけえきょうてえ~』だったなんて。

悔しくってアメリカに帰りたくなったわ。


・・・いや、中国かしら。




1、2、3・・・、バンジーーーーッッッ

IMPRINT~ぼっけえきょうてえ~

わしの大好きな三池崇史監督は針が大好き。
『オーディション』も『殺し屋1』も、針が出てこないと始まんないもんね。
まむしも針大好きだけど、岩井志麻子先生には負けたーーー。
針を持った志麻子先生のなんともうれしそうなこと。
素敵な映像のオンパレードで、魅せてくれました。
ただ、冒頭のシーンからがっぷり引き込まれたおかげで期待が高まってしまい、
あれよあれよという間に1時間ちょいで終わり。
えらいさっくり終わってしもうたなー、おい、という物足りなさが残りました。
最後、意味もちょっとようわからんかったし。(わしだけ?)
でもまあ雰囲気は楽しめました。
ホステルのようにスパーッと切ったりザクーッと落としたりするのと違い、
日本のホラーには、真面目で細かい作業を得意とする日本人気質がここぞとばかりに発揮されていて、合っているんでしょうね。ねちねちと繊細なところを責めるとこが陰湿でいいです。
あ、この映画を見てちょっと前に読んだある本を思い出した。


魔女の笑窪

大沢在昌氏の『魔女の笑窪』。
裏の世界でコンサルタントとして会社を持つ美しくて強い女、冬子。
冬子が秘密にしているのは、「地獄島」出身だということ。
その「地獄島」というのが、このINPRINTの舞台と同じく、売春島なのだ。
おもしろかったけど結構ハードボイルドだから、男性のほうが楽しめるかも。

また話しが脱線しちゃった。
そうそう、INPRINTですごくよかったのは工藤夕貴のお母さん役の今井久美子。
彼女はよかった。この映画の中でダントツに好きでした。

草むらで向かい合って抱き合う兄妹  こんにちはあかちゃん

そしてこの、兄で夫。『殺し屋1』で縦半分になっちゃう人だった。
ろくでなしオトコを演じさせたら、よっ、日本一!!

2009年、まむしが勝手に決めるベストカップル賞に早くもノミネートです。

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

ペットボトルにポン酒入れたの持って、息子とく◯寿司行って1000円で済ますの、どこのどいつだぁ〜い?あ、あなたもやってるの?なーんだ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター