FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

神の島 宮島

酒まつりの酒も、まだ抜け切らぬハイテンションな13日の朝。
『宮島水族館ってさー、リニューアルオープンするんだってぇ。3年間くらい閉館するらしいから、
今のうちに行っておこうよぉ!』
全身から日本酒の香りを発しながら、すぱながゆらゆらと誘ってくれた。
そうと決まれば善は急げ、ドライヴのお供“いかなんこつ甘酢味”を持って、いざ宮島へ。

殻つき牡蠣屋さんでちょいと立ち食い  宮島は卓球のメッカ

ジビエの季節ですね  たこという名のあげはん

焼きたて柚子こしょうマヨぬれ煎餅&青海苔煎餅  もみまん製造機

広島人の間では、カップルで宮島に来ると宮島の神様(女)が嫉妬して、二人を別れさせるという
なんともかわいらしい迷信が今でもまことしやかに語り継がれている。
宮島水族館へ向かったすぱなとれんち、ケンカなんかしてなきゃいいけど。

ビール片手に、宮島の商店街をぶらり。
やっぱりいつ来ても宮島はいい。時間がゆっくり流れている感じ。
紅葉にはまだ早いけれど、ぽかぽか陽気が気持ちいいし。
すると、黒いカウンターとモダンな外観、明らかに計算しつくされたプロデュース感のある、
ひときわ目立つお店を発見。
吸い込まれる。
牡蠣屋と、堂々としたその名からもわかるように、こちらのメニューは牡蠣のみ。
よっしゃ、受けて立ってやろうじゃないか、このやろーーッ!!
カウンターに座り、焼き牡蠣、牡蠣フライ、そしてシャブリを発注。
セクシーこの上なし  手作りのタルタルがまた素晴らしい!
完敗、やられました。
おいしいーぃ!!!!何度アタって痛い目見ても、やめられません牡蠣だけは。
思わずシャブリをおかわり、またおかわり。
お店の方に「ボトルにしておけばよかったですね」なんて言われて、うれしはずかし。
ごちそうさまでした。

潮がひくと大鳥居の下まで行けるよ  帰りのフェリーから西の対岸を望む
西条酒まつりと宮島日帰り旅行。
広島をたっぷり満喫した週末だったのだ。




あ、宮島水族館行くの忘れた。

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

ペットボトルにポン酒入れたの持って、息子とく◯寿司行って1000円で済ますの、どこのどいつだぁ〜い?あ、あなたもやってるの?なーんだ。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター