大人の女三人がぐだぐだ

腕相撲

おととしの夏。
夕食後に家族で腕相撲をして遊んだ。それはそれは盛り上がった。
こんなことで楽しめる、安上がりでおぽんちなわしんち。
ついこないだは体温計で体温を計りっこし、大騒ぎして楽しかった。
おっとっと、話しが脱線。
ムーニョ(ニトロの長男)とムニョムニョ(ニトロの次男)が「ママ頑張れー!」っていう声援を送る中、
わしとニトロが勝負し、わしが勝利してもうた。
そしたら・・・ムニョムニョが泣いたんだよ~!勝ったのに、ちょっと悔しくて悲しいわし。(笑)
ムーニョが「ただの遊びじゃん。泣くなよ。」って言い、
みんなも、そうだよ泣かなくてもいいじゃん、なあんて言って終わった。

そして去年の11月。
鷹野橋商店街にあるネオポリスホールってところで友人Mっちのライブがあり、その帰り道のこと。
商店街で20代と思しきの男性が4~5人、
手作りっぽい(違うかな?)腕相撲の台を2台置いて、たむろってた。
思わず「腕相撲してるんですか?参加していいですか?」って聞いちゃった。
その中でいちばん強そうな男性とれんちが、いざ勝負!
ものすっごい接戦だったんだよ~!れんち、まじで「うおおおおおお~!!!」って唸ってたし。
腕が折れたらどうしようかと思ったよー!
そういうシーンをTVで観たことあるもん。あれ、すげーこわかった。
でもさ、あともう少し!ってとこで負けちゃって、
(もしかしたら腕相撲って力じゃなくて、いや、力も必要じゃが、技なんかもって思う。)
わし、まじで涙が出そうになった・・・
悔しいとか悲しいとかじゃないんだけど、なんだか泣いちゃいそうだったのだ。
その時に、あー、ムニョムニョもこういう気持ちだったのかあ、っておととしのことを思い出した。
自分の好きな人に勝ってほしかったんだね、きっと。

その男性たち、木曜日と日曜日に集まって練習してるんだって。おもしろいよね。
リベンジを誓って別れたんだけど、あれきり鷹野橋周辺には行く機会がないまま。
あれから半年以上経ってるんだけど、まだやってるのかなあ?

腕相撲といえば、もうひとつ思い出した。
高校時代の友人が、わしが通ってた中学校の同級生と知り合い、spanner
「すぱなって知ってる?」と聞いてみたら、
「ああ、あの腕相撲が強い人ね、知ってるよ。」と言ったらしい。
どういう印象なんじゃ、わし。
どういう思い出し方なんや、そいつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

美味しタイめし

タイ料理が大好物の我が家。
息子達なんてパクチーを手づかみで食べるくらいパクチー大好き。
今晩の美味しいビールのための献立~

まずはあっさりトマトサラダでスパニッシュビール「クルスカンポ」をグビグビ。
ビールはうまいが缶が紙みたいに薄くてぺコンペコン。
冷やしトマトがこんなにビールと合うなんて私つい最近知ったよ。まだまだ青かった。。。
メインはサテ・ガイ(チキン・サテ)を作りました。
ピーナッツ・チリソースを作っていると次男(納豆嫌い)が来て「あ~納豆作っているでしょう~」
違うって。納豆なんか無いし。

サテ・ガイをレストランで食べると必ずキュウリと玉ねぎの甘酸っぱい酢の物が一緒に出てくるよね。
すごくよく合うから真似して作ってみた。

   dinnerc1.jpg     dinnerc2.jpg
ごはんがめっちゃ食べれるこれ!辛さとスパイスで気分はもうタイランド。
今思い出せばものすごく口に合う素晴らしく美味しいものがたくさんあった、タイ。
プーケットで食べた蟹チャーハンなんてご飯と蟹が5:5の割合で入ってた。
ライム搾って食べればもう脳内天国。
コ・パンガンで食べたデカ海老のチリソース炒め、もち米のココナッツミルク蒸し、
まだ舌が忘れてない。
青春のカオサン通り、路地裏で炭火でチキンを焼く屋台で究極にうまいのあったな・・・。
パッポン通りは又違う意味で 各人種各趣向に合わせた美味しいものがざくざく。

思い出すとちょいと切なくなってきた。又行かねば。

ブログランキング・にほんブログ村へ

続・勝負パンツ考

ちわ。
とりあえずなんかあてがっときゃええ、くらいのまむしです。
今日なんか上下ともにすぱなのお古です。

何年か前、あんあんだかきゃんきゃんだかまむしには縁遠いキャピ雑誌をめずらしく読んでいたら、どこやらのイケメンが対談方式で語るという記事が載っていた。
お題は『グッくる女性の下着とは!?』とかなんとかそんなやつ。
そのイケメン(どんな男子じゃったか全く覚えとらん)はこう語っていた。
「やっぱ、白い下着っていいっすよね~。薄いピンクとか、まじ来るっす。ってか、いざって時に彼女の下着が上下バラバラだったらドン引き?みたいな?どんなのでもいいけどせめてブラジャーとパンツはセットのにしてって感じ。(笑)」

さあ、ここで問題です。
このイケメン、何か間違ったことを言っているでしょうか。
女子に清純なイメージを押し付けるつまらん男にありがちな色の好みは今さらどうこう言ったってしようがないし、たしかに今どき女子中学生だって上下バラバラの下着なんて着ないんじゃないかなと思う。(今どきのヤングはみんなおしゃれさんだもんね)
ほいじゃーなぜこんなにムカッぱらが立つのでしょう~♪

それはね、そんな「いざ」っちゅうシチュエーションを迎えいれる心意気として、
がこますぎるんじゃいっ、ぼけぇ~!
そんなときによ?色がどうのセットがどうの、なにを言うとんじゃ。
好きだからそういうシチュエーションに至ったわけでしょ?
そんなら、上下バラバラじゃろうが穴が開いとろうが45度ローテイトしとろうが、どうだっていいじゃん。
そんなこと予測してなかったから勝負パンツを装着してなかっただけかもしれんじゃん。
準備万端な下着よりもむしろ好感が持てると、わしは思うのだけれど。

どうせすぐ脱ぐんでしょ?

he made it!

おめでとう、琴欧洲。
広島駅ビル2階の千代の春で乾杯!
やっとリラックスしたのか恥ずかしそうな笑顔で優勝杯を受け取る琴欧洲。
ほんまにえかった。テレビに向かって拍手、涙涙だよ。こりゃ~もうおかんの心境です。
『角界のベッカム』と注目されつつもケガに悩まされ、繊細な精神面からかモンゴル勢相手になかなか優勝を勝ち取れなかったけれど、身長2メートルを越す戦う白くま元アマレスジュニア王者のカはそんなもんじゃないっ、まむしはやってくれると信じていたよ。
ブルガリアからやって来た少年カロヤン(銭湯のおけじゃないよ)。
言葉もわからない慣れない異国の地ニッポンで、好物のラーメン(かわいい)をすすりながら厳しい稽古に耐え、満を持してヨーロッパ出身力士初の優勝!素晴らしいの一言です。
オーディエンスは残酷だから、モンゴル出身力士以外の久々の優勝者を待ち望んでいただけという見方もあったかもしれないね。大関陣は相変わらずな感じなので日本人力士の優勝とはいかなかった。それでも優勝インタビューを聞いていて思ったのは、日本の国技であるにも関わらずまたもや外国人力士の優勝。それをとても正当に評価し、称え、ほほえましく言葉をかけていたこと。
きっとね、琴欧洲の人柄もあると思う。
見ているこっちもぽわんとなってしまうようなあの笑顔。
厚い胸板ほどよい胸毛。そしてマゲをほどくと、メタリカ並みのロン毛。
ステキすぎるんだよ~、欧洲~。
脱線しそうなのでこのへんで。

あ、相撲自体は安馬のもんです。

待ち焦がれたフレッシュヤングコーン

去年の今頃、フレッシュヤングコーンをネットでお取り寄せできることを知った。
しかし、既に収穫時期は終了してて、販売も終了してた・・・がーん。
来年は必ずや!と思い、そのお店のページをお気に入りに入れて1年待つことにした。
もうね、3月頃からそわそわ。まだかな~?と思いながらチェックする毎日。

 どどーんと50本      いわゆる“間引き”ね

そして。
これが1年待ってやっとこさ手に入れた、フレッシュヤングコーン!
50本入りと100本入り、どっちにするかまじで悩んだ~。
クイーンに「50本にしときなさい!」と怒られたので
しぶしぶ100本入りはあきらめた。くそ。
でも50本で十分だった。笑
まむしが言うには、皮ごと炭火焼にするとすばらしく美味らしいのだが、
ん~もっと手軽に食べたい。
っつうことで30本はチンして塩・マヨネーズ・ポン酢・タルタルソースなどを付けて食べた。
あーん!おいちーい!
中心に近い皮とかヒゲも食べられるのよ。なんかね、ステビアのような甘み。
残り20本は、ヤングコーンがメインの八宝菜に。すんげえゴロンゴロンしてた。笑
来年も食べたいな~今度こそ気合入れて炭火焼にしようっと!
spanner
・・・今、気がついた。
すぱな、初めてのお取りお寄せがフレッシュヤングコーン。
スイーツとかではなく、フレッシュヤングコーン・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

好き好き★ミカ・ハッキネン 

ミカ・ハッキネンのプロヴァンスの別荘が火事になった。
滞在中の出来事で、ガールフレンドとその友人も3人とも逃げ切って怪我もないとのこと。
ご無事で本当に良かった。
ミカとイリア婦人が離婚するというニュースを聞いたのは今年2月。
やっぱりもうガールフレンドいたんだなー。離婚の原因もミカの心変わりに一因あるらしい。
まあね・・・英雄色を好むっていうけど、nitroが思うに、女の方が英雄を好むんだよ。仕方ない。

ミカ・ハッキネン(Mika Häkkinen)を好きになったきっかけは、
ドイツに居た頃、大手携帯電話メーカーNOKIAのテレビCMにミカが出ていて
彼がフィンランド語訛りというか英語訛りミックスの、完璧ではないドイツ語で喋る
コマーシャルがもう楽しみで楽しみで・・・めっちゃ萌え!!でした。
すごい可愛いいんだもん!
その後、彼のメディア出現に敏感になった私はスポーツニュースをチェックしては
ベンチで見せるちょっぴりお茶目なガッツポーズとか、
F1優勝時に、沸き返る観衆を目の前にほっぺにキッスの嵐をイリア夫人から受けつつも
あえてクールに振舞う様子、
目を細めながらシャンペン・シャワーを放出する姿にもうハートをがっちり掴まれてしまった。

思うけど、歴代F1レーサーのスター達は
その実績や経済状態、公私共なる華やかさに終始囲まれているのにもかかわらず、
セレブリティー特有のちょっとした所で見え隠れする、
よくサッカー選手などのスポーツ選手にありがちな鼻に付く感じの驕りや虚栄心、
自意識過剰な態度を見ることが殆どない。
命をかけて立ち向かう厳しくて過酷なレースが彼達の精神構造と行動を
どんどん研ぎ澄ませるのではないだろうか。
ミカについても、その彼のクリーンなスポーツマンシップやニトロ  
ライバルであったシューマッハーとのフェアな人間関係も彼の格と好感度を上げるものばかり。
(シューマッハーも全くスキャンダル無いね・・・良い人だというエピソードしか聞かない)

うわ~ん、かっこ良過ぎるー。ミカのドライヴィング・スーツになりたい。
こういうちょっと目の細い北ヨーロッパ人に弱いnitroだす。
まむしとは好みがかぶってなくて良かった。取り合いしたくないもんね。

   mika-h.jpg     mika-h-champaign.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

ファスナー全開

今日ベリーダンスのレッスンに行ったのだけど終始お尻の中心にあるズボンのファスナーが全開だった。
レッスン終了後着替える時にクラスメイトに「あら、ニトロさんそのズボンはそういうデザインなの?」と
尋ねられ 後ろに手をやると全開~♪ 
最近いろんな奇妙なファッションも流行るのでそういうお尻が全開のデザインだと思ったらしい。
その子が言い出したとたんにみんなが「え~どれどれー」って集まってきて、
次のレッスンの音響準備をスタジオでしていたエステラまでも私の所に来て
「どうなってるの、見せて~」って見に来た。
皆嬉しそうに興味津々に何度も見て「うわ~」とか「わ~薄い下着ね!」とか好きなことを言っていった。

ファスナー壊れかかっていることは知っていたけどそのままはいていたんだよねー
でもフルオープン黄門様丸出しで踊っていたなんて。ラッキー池田もびっくりだ。
(絶対ラッキー池田は普通の人じゃない気がする。なんか匂うのよね。)
Tの字下着は一応はいていたし、ヒップスカーフ巻いていたから全見せではなかったとは思うが、
人にわざわざ黄門を見せたのは沖縄水上スキー事件以来だ。
(これについては又今度ね)

昔 wowwowで見たMTV AWARDSでプリンスが全身黄色のオールインワンでギター持って
パフォーマンスしたことがあった。
小柄な彼を迫力いっぱいに魅せる、彼にしか着こなせないかっこいい衣装だった。
曲の間奏で彼が後ろ姿を見せたとき観客がどっと興奮に沸いた。
その衣装のお尻部分にぽっかり丸い窓が開いていてニトロ  
下着を纏っていないプリンスのぷりりと可愛い臀部が全部丸見えだったのだ。
私たちもテレビの前でキャーって小躍りしたよね。


最近 カーステはプリンスの「very best of prince」 いくら聴いても飽きない。
”get off ”と”kiss”がかっこいい!ライヴ見たいなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ

girl's talk

マコと遊ぶ。
彼女とゆっくり会うのは、香港以来かも。2007年大晦日は夜まで買い物しまくった後、香港のメキシカンバーで女二人、マルガリータを飲みまくってカウントダウンしていたのだ。
香港での買い物はめっちゃアガッた。二人して試着しまくって買いまくって足が棒のようになってもまだ試着して。ありゃ、なんか得体の知れんもんにとり憑かれとったとしか思えん。香港でショッピングするという夢が叶わず死んだ、成仏できん女子かも。もう両手に抱えきれないくらいの袋袋袋で、まわりのみんな、わしらを見て笑いよったじゃろうて。電車で出かけたのに帰りはシータク。自分らで自分らを笑ってやりたい。いや、ショッピング幽霊の思いを遂げてやったと思うことにしよう。
それはさておいて。
ひさびさに会って乾杯。マコは焼酎、わしはぽん酒を飲みながら盛刺しや納豆天ぷらをつまみにそんな香港の思い出話。それから音楽ネタやら恋愛話やら、まるで女子高生のようにくっちゃべってきた。
もう一杯飲んで帰ろう、ってことになって、マコの知り合いの店へ。
kobaの入り口
 


 

 『koba』は、袋町のREGOビル3階にあるバー。
 中2階もあって、ステキな空間。
 入り口にこんな看板アリ。
 
 まむし「写真撮っていい?」
 マスター「こんなこと書いてるけど、カレー屋じゃないからね~。」
 おちゃめっ。

キャンドルがきれい  マコ

マコはいつものジンリッキー、わしは大好きなラムトニック。
それにしても、まむしのまわりにはええ女が多いのう~と思う。
レスポールの似合う女なんてそうそういないよ、マコ以外ね。

そういや、広島のどっかのバーのママさんとやらがギター弾きで、
着物でレスポールを弾くとか言ってたな。
もし80才くらいのおばあちゃんなら最高にカッコいいかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ベリーダンス・ショー

ベリーダンス教室開催のショーがスタディオ階上にあるアラビアン・バーでありました。
今回は初心者クラスの初お披露目会ということで、実は私も本当は踊れと先生に言われたのですが
残念ながら仕事があったので辞退。
でもクラスメイトのデビューをどうしても見たくてショーには間に合うことができました。
左の画像のベージュXピンクの彼女は今回がデビュー。初舞台とは思えない余裕ある優雅な踊りっぷり。
衣装は手作りしたそう。さすがカーニバルのための衣装で裁縫し慣れてるだけあるね。
トライバルの先生タマラちゃんはもう既に女王の風格。
トルコの曲に合わせたトライバルをまさに”舞う”。純白の衣装でなまめかしい。
tu1.jpg  tua2.jpg  tua3.jpg


左の彼女はもう見るだけで圧倒される存在感。キャンドルを頭の上に乗せてどっしりとしたブレのない踊り、ラストはひざを床に付けてバックベンド&ドロップで拍手喝采。
ベールの彼女はダイナミックなダンスと楽しそうな表情が素敵でした。
タマラちゃんは衣装変えしてトライバルを披露。キャーーッ可愛過ぎる!まさに姫
性格も良いし、是非お嫁に来てもらいたいくらい。
tua5.jpg  tua6.jpg  tua4.jpg


今回は我らの先生エステラはタブラを披露。ラミナちゃんも踊りながら叩く叩く。芸達者万歳。
そして集合写真。皆いい笑顔です!フェロモンも出てます!
tua7.jpg   tuare8.jpg
  ニトロ  

今回のショーを見て私も俄然やる気が出てきました。かなり。日々勉強。
スネークアーム頑張るぞー。腹筋割るぞー。あ、その前に四十肩を完治ね。リハビリ又行こっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ

my sweetheart

んもう~、ジェシーったらおばかさんなんだから~ぁ。
そんなカッコでステージに立つなんて、ほんとにクレイジー。(うっとり)

                          じゅるっ

見えちゃう見えちゃうっ、後ろ向いちゃだめっ、ゆらゆらしてるからーー!!
まむしはいいの、まむしは!他の女子が見ちゃうでしょーー!!

何年もまむしの心をわしづかみにして離さない、Jackyl
チェーンソーギターをかき鳴らし、大量のビールを胃に流し込みながら日々トラックでアメリカ内陸部を移動し続けるトラベリンバンド。AC/DCのブライアン・ジョンソンとも交流のあるギターヴォーカルのジェシーは、おちゃめだけど男くさくってもう、よだれ。
以前はこんなセクシーな体でした。そりゃすっぽんぽんになって生まれたままの姿を自慢したいのもわかるわ~。最近はもっぱらビールっ腹が、気になる気になる木~。
でも、いいの。好きになったらあばらもえるぼー。

ライヴが終わってモーテルでシャワーを浴びるジェシー。
めんどくさがりやさんなので、髪の毛ぬれたまんまベッドに寝っころがる。
そこにひっついて、彼の腕まくらの中でビールっ腹をさすりながら「今日もお疲れ様☆」と言いながら、二人でトム&ジェリーを見ながら寝るのです。


オーケー、まむしの妄想、いつもこんなカンジ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

風呂でもFMラジオ。

わしは朝から晩までFMラジオを聴く。
昨日のお昼。
鈴木あみの THANK YOU 4 EVERY DAY EVERY BODY という曲が流れた。
キーモーいー。へーたーすーぎー。さぶいぼ、ぼこぼこ!まじで。
あの曲を鳥肌立てずに聴くことが出来るひとっているのだろうか?
あの、“あひるくち”もキモい。あれ、まじでかわいいと思ってやってやがんだね。おえ。
こっちが恥ずかしい気持ちになんだよ。えーかげん、やめれ。

おとといは華原朋美の I’m proud が流れた。ほんで、思い出した。
数年前、広島FMのMUSIC MANIAっていう番組内で、
ある女性リスナーさんからのメール(もしかしたらファックスだったのかも?)を
DJの清野茂樹さんが(だったと思う。記憶が曖昧。)読んだ。
その女性はピアノ講師をしていて、尚且つ絶対音感を持っているらしい。
そんな彼女は、テレビやラジオで「華原朋美は歌が上手い。」って言われてるのを聞くたび、
腑に落ちない気持ちになると。彼女によれば、華原朋美は音程ずれてると。
それ、わしも思ってた!ずっと思ってた!
よくぞ言ってくれた!絶対音感持ちのあなた!
そんでもってその番組も、そんな内容のメール(ファックス?)をよくぞ読んでくれたものよ!
その後、DJが何てコメントしたのかは、全く憶えてない。

そりゃあよ?音程に忠実に歌うだけが歌手じゃないとは思うけどさ。
まわりが持ち上げ過ぎてて、本人勘違いしちゃってるじゃん。あれがイヤ。

なあんて書いてたら、今!また!
鈴木あみの love The Island って曲がラジオから。
やーめーちーくーりー。
何でこんなに頻繁に彼女の曲が流れるの?と思ってたら。
来週の福山バラ祭りに来るらしいね、鈴木あみ。どうでもいいけど。

話しはかわって、最近のお気に入りの番組。
日曜日の17時からやってる東京FMの、
NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE~。
わしは刈谷勇が大好きだ。つぼりまくり。spanner
先々々々週くらい前(?)は、ねるとん紅鯨団バーションでめっちゃおもろかった!
同年代のれんちといっしょに腹かかえて笑ろうた。
鉄腕ミラクルベイビーズのTALK SHOWが流れたときは
思わず胸キュンしたぜい☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

勝負パンツ考

去年下着のパンツをたくさん買った。
昔の会社勤めの頃にバレンタインデーのお返しとしてもらった義理パンツを
平気で何年も何年も色が変わるまではいていたのを
(赤い服と一緒に洗濯して赤くなり、次に青い服と一緒に洗濯して紫になり・・・今は薄いグレーになった)
すぱなにうっかりはちべえ見つかって「いい加減にパンツ買いなさい!!」と怒られたので
奮発して大人買い。大手のランジェリー会社はどこもハイエレガンスなラインを出していて
(スタディオ・ファイヴはかなりお気に入り。店ごと買いたくなる)
日本製の下着も捨てたもんじゃないと実感。刺繍やレース、縫製やデザイン、耐久性
どれをとってもそのクオリティの高さは世界に誇れるのでは??

飾っておきたいほど美しいお花の刺繍にまみれたパンツはくの、けっこういい気持ちだね。
スーパー銭湯に行ったときも湯上りにパンツ一丁で脱衣場のベンチに座り片足立てたポーズで
意味無くまったりしたくなったり。(もちろん誰も私のパンツなんか見やしないが)

ところでお題の”勝負パンツ”だが昨日たまたま眠れなかったので勝負パンツについて熟考してみた。
勝負パンツとは勝負するつもりの日にはくパンツだと思うのだが
果たして本当にパンツで勝負できるのか。そもそも勝負パンツとはこれいかに?
男の立場から想像するに彼女とタイミングが熟した時に
今更パンツをチェックするなんて野暮なことはしないんでは?
ということは女が景気付けに「いっちょ行ったるでぇ~!」という予定のある朝、
ある意味ねじり鉢巻っぽいニュアンス的に
引き出しから数多くのパンツの中から選び出され日の目を見るのが勝負パンツなのではないかと。
どんなにたくさんパンツ持っていても普段履くのは3枚くらいのローテーション。(岡本夏生もそう言ってた)
その普段着レギュラーパンツは無視され、いつもはレギュラーの下に待機していた2軍の中から
やや上品でしかもほのかな色気を備え、装着部分の広すぎず狭すぎないパンツを
頭の中妄想いっぱいであんなことーこんなことー想像力フル回転状態で選ぶ。
そうやってバッターボックスに高々と立った勝負パンツ、女の意気込みとともに勝負に立つ。
いや~ドラマティックやないの。

しかし・・・そういった闘志抱いたいわばマタドールと化した日に当の彼氏に全くモーティべションニトロ
無しで完璧スルーだった場合とかはもう肩透かし通り越して考えたくないね。あはは。
っていうか全く勝負する機会なんか無いんですけど。                 
時々股のクロッチ部分と横ウエスト部分を間違えて(つまり45°ローテイト、半回転っつうやつ)
更に後ろ前ではいていることを気づかずに一日過ごし、
夜お風呂入る前に服を脱ぐ時初めて気づいたりする、
そんな勝負パンツ以前の問題を抱えるちと寂しい女の四十路。

ブログランキング・にほんブログ村へ

live to drink, drink to live

元気ですかーーーっっ!!
人間元気があれば何でもできる!お酒も飲める!たくさん飲めるぞ、コノヤロー!!
今日はすぱなとれんちとまむしの「春の飲み比べ大会!無制限一本勝負!!」。
1、2、3、何本飲んだかわからんーーっ!!
「それは売り切れました」
「それも売り切れました」
「それも・・・」(まだ飲むんかいっっちゅう目で見んとってー、ねえちゃん)
何本飲んだか並べてみよう~、それっ。
ファイッ!








 
 この道を行けば どうなるものか
 危ぶむなかれ
 危ぶめば 道はなし・・・


レインボーネイル

nail うう~ん・・・なんでなの?
 なんでこうもセンスがないの?すぱなってば。しょぼん。
 “カラフルなシェルを使ってキラキラ☆トロピカル☆レインボーネイル☆”
 っていうコンセプトのつもりが。
 出来上がってみると、関西のおばちゃんが好みそうな、
 センスの欠片もない下品ネイルになってもうた。
 ちくしょう。

 ところで。
 ゴールデンウィーク終わりましたね。
 皆様、どのように過ごされたのでしょうか?
 すぱなは3日間で市民球場2杯分くらいのビールを飲みました。
 (おなかジャブジャブ!)
                フラワーフェスティバルでは大得意な金魚すくいをしました。
               spanner (コツは“ホロ酔い”!)
      れんちの実家で焼肉もしました。
      (彼らは家の中で焼肉をするのだ!!!驚愕!)
      れんち母に貰った竹の子が腐ってました。
      (糠をキレイに洗い落としてないからね!すぐ逝っちゃうよね!)
      まあ、彼らの家の冷蔵庫自体が腐ってっからね。
      わはははは。

wine, wine and wine!

ゴールデンウィークよ!飲みっぱなしよー!!
ってか、もう終わったわー!!!
おいしいイタリアンでワインをがぶ飲みするためだけに、行って来ました福山市。
今回は新妻かつら子も参戦。
この看板が目印  入り口はこんな感じ

TRATTORIA Buona Vita ~ボナ・ヴィータ~
ここの料理は本当に素晴らしいんです。
高架下という立地やこんなポップな外装とはうらはらに、料理はダイナミックなのに繊細で、どれを食べても最高においしい!
のぞみシェフは知り合いだけど、もちろんひいき目なんて全くなし。
とってもいい男なのに料理も完璧なんて、罪だわ。
ラムも骨までしゃぶっちゃったし、写真はないけど生うにのペペロンチーノは行くと必ず食べるほどの感動のうまさ。
もちろん白ワインがあっという間にからっぽになるので要注意よ。
興奮して写真がどれもぶれぶれ・・・。
太アスパラポーチドエッグ添え  丸蹴り

1本目はヴェルディッキオ  子羊!赤ワインも1本はさむ

スカンピのトマトクリームソースリングイネ  コーヒーとかつら子

白の2本目はシャルドネ  開け放しの窓を飾るトマト





野外ベリーダンス

bellydance in the airもしかしてエキゾチック・ジャパンは
ゴールデンウイークまっ只中?今頃気づいたよ。
すぱなもまむしもどっかへお出かけして旨い物食べたり
飲んだくれている頃かな~いいなあ。。。

ニトロは語学学校でインターナショナルフェスタがあったので行って来た。
祭りごとになるとやたら張り切るスペイン人、
この国祭りが多過ぎ。
校庭でアラビアン風茶屋とベリーダンスの即興レッスンを
やっていた。”踊ってしまえー!”みたいな能天気な
雰囲気っていいわあ。
野外で踊るのってかなり気持ちがいい。
踊った後はちょいと小腹がすいたのでフレッシュミントティーとなつめやしをぱくぱく。
でもお茶でのどの渇きは癒せずにやっぱりその後はビール飲みにアフリカンミュージックの
これまた野外コンサートへ。
アフリカン音楽に合わせてベリーダンスを踊る怪しい女三人酔っ払いでした。

思い出フラッシュバック☆荒井由実

you tubeやニコニコ画像のおかげで昔の貴重な映像に出会える事ができるって有難い。
大好きだったココ・シャネルの、
ヴァネッサパラディスが鳥かごの中でさえずる鳥に扮するCMを見つけた時感動したし、
(アフリ・コーラafri colaのCMも探しているのだー!
レトロな映像で何ともいえない美しいボサノヴァをバックグランドに女性がバルコニーで
まったりするショートムービー風ヴァージョン。私の中でベスト1のCM。是非とももう一度見たい!)
ザ・ピーナッツがエド・サリバンショーに初めての日本人ゲストとして出演した時の白黒番組見て
「この人が沢田研二の元妻だったのかーフムフム」と思いながら見たり、
最近では荒井由実の「生まれた街で」のライヴを見つけてぶっ飛んだ。
裸足のユーミンがシースルーのシルクオーガンジーのオールインワンに身を包み
頭はパイレーツ巻き、額にビンディ、何ともエレガントなメロディにジャズタッチの間奏が組み込まれた
曲に合わせて優雅に踊りながら歌うその姿・・・ユーミンは天才だったことを再確認!
ハイテクでもない、天才的歌唱力でもないけど(失礼) 心揺さぶられるほど斬新でモダンシック。

実は私はずっとユーミンファンだったのだが、特に好きだったのは荒井由実時代、
まだ私はちびっこだったけど彼女の作る曲の叙情的かつデカダンス調な感じや歌詞の内容に
ものすごく憧れ、全くテレビ出演をしていなかったユーミンのことが知りたくて、
せっせと著書を買い集めたり
(一度きり出版した雑誌”STYLE”かっこ良かった~)レコード借りたり買ったり、
松任谷さんになってからは大人になった私はコンサートへ出かけたものだったけど
アルバム「NO SIDE」くらいまでは聴いていたが、
その後は好きになれる曲が無くなってだんだん興味も冷めてしまっていた。

pcでライヴ画像を見ては当時幼かった私が憧れてた世界にタイムトリップできて胸がいっぱいになる。
コンサートで盛り上がる「埠頭を渡る風」のサビのところ
「♪もうこれ以上もうこれ以上優しくなんてしなくていいのよー♪」
四つんばいになったユーミンが長い髪を振り乱してシャウトする切ない曲。
デートの後大好きな彼にさよならを言わなくてもいい方法を思いつく「一緒に暮らそう」を
聴いたときも切なさ全開。
私にはもう一生こんな気持ちになることが無いんだなーと思うと
なんか人生折り返し地点を充分超したみたいで寂しかった。
仮にも誰かを好きになって”一緒に暮らしたい”って思うことがあったとしても
この歌の様に手放しでハッピーになれることはない、子持ちの私にはそれよりも
経済・教育問題などの現実問題がくっついてくるに違いないから。寂しいのう。

今晩は何を聞こうかな~しかしyoutube見てると時間忘れてしまってなかなか就寝できないねxxx

an another fxxkin' asshole

よくいくSというお店での出来事。
そこはアメリカンなダイニングバーで、プールテーブルもありキャパもかなり大きくっていつもたくさんの人、さまざまな人種でわらわらしてる楽しいお店。
ついこないだ。
食事の後、もうちょっと飲んで帰ろっかってことになって2軒目でSに行き、カウンターに座ろうとすると、仲のよいバーテンダーの王子が、「ethanたち、今日はテーブルに座りなよ~」って。なんでよ~、と聞くと、我らの座ろうとした席の隣の人がかなりの厄介もんらしい。
ま、王子がそういうならいいよ、っつってテーブルに座ったけど、時間も経って、やっぱカウンターで飲もうよ、ってことになってその「厄介もん」の隣に座って飲みよったら・・・。
そいつ、王子にぐだ巻いてる。めっちゃぐだ巻いてる。「お前は何人や?お?」(軽蔑口調)だって。
相手するのもばかばかしいからわし心の中で瞬時に叫ぶ。「お前が言うな!!」
だいたい、何人がどうのこうの言うやつはその店には来んでよし、じゃ。
だって、その店、もともとオーナーアメリカ人だもん。
そんな場所でそんなことが言えるなんて、KYどころか立派なキ印。
その後も電話で大声でけんかし始めたり、ビリヤードしてる人の邪魔したり。
ethanも堪忍袋の緒がぶっちぎれて、もう取っ組み合いになりそうな勢い。そんな中、そのあほは「お前ら、KS会のほにゃららを知っとるんかーっ!?」とかなんとかばかの一つ覚えみたいなセリフを酔っ払って、もとおらん口調でおらぶおらぶ。
お店の人もみんなおともだちだから、気の毒でしょうがなかった。
たのむ、おっさん。
家で一人で飲んでくれ。


やっぱカウンターが好き

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

T-BOLANがアツい。~Bye for now~ (まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター