FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

容疑者Xの献身 東野圭吾

容疑者Xの献身初めて読んだ、東野圭吾さんの作品。
わりと速く、するする~っと読みすすめることができた。
ふつうにおもしろかったんだけど。

でもね・・・途中でトリックが分かっちゃったのよん。そりゃあもう、ガッカリ。
死亡推定時刻ってずらすことが可能なのかしら???って
考えてたら、はっちゃけちゃったのよ。伏線も多すぎるし。
最後の最後で「おお!なるほど!」と思いたかったよ・・・
そうじゃないと意味ないよね?推理小説なんだから。

石神さん、刑務所で数学の研究に没頭出来るからよかったんじゃない?
不本意に教師をしてたんだしさ。
なーんて書くと、この小説のファンの方にとってはブチ壊し?

一目惚れの経験のないわしには、
石神さんが靖子を理由もなく好きになったっていうのが
説得力に欠けると思うんだけど。

映画化も決まってるらしいね。でもわしは見んぞ~spanner
だって、面白い小説の映画化ってほとんど面白くないんだもん。
“博士の愛した数式”なんてそれはもう・・・時間の無駄だったよ。

ところでさ、何で“X”なの???

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

「いらんのんならわたしが金で買ったのに、あんたの命。」パンクなおねいちゃんの発言は、深い。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター