FC2ブログ

大人の女三人がぐだぐだ

last year today

“人はみな、泣きながらこの世に生まれてきたのだ”
この世で待ち受ける困難や悲しみを恐れて。
そう言っていたのは確かシェイクスピアのリア王だったか。

まむしは感受性が乏しい。
だから昔からあまり泣くことがないけれど、去年の今日、とてもたくさんの涙を流した。
2007年4月12日、タロウが死んだ。
段々と弱々しく、足元のふらふらする彼を何軒も病院へ連れてまわった。
病院の駐車場で、のどが渇いたタロウに車の灰皿を抜いて、祈る思いでお水をあげた。
最後の病院で入院した次の日、タロウは死んだ。
死ぬ前に内視鏡で撮ってもらった彼の内臓は、紫色でぱんぱんに膨れ上がり、愕然とした。
のちに細胞を東京の研究センターへ送って調べてもらっても、結局病名も原因もわからなかった。
お花に囲まれ横たわっているタロウは、いつものお昼寝のポーズ。
今にも動き出しそうで、触るとまだ暖かかった。
泣いて泣いて涙がとまらなかった。
何度も鼻の奥がつーんと痛くなって、頭が痛くなる。
タロウがんばれタロウがんばれと言い続けた1ヶ月。
2年9ヶ月しか生きられなかったタロウ。

死ぬということは“無”になることだと思っていた。
死後の世界なんて信じていないから。
でも彼は“無”になったのではなく、まむしの中の“永遠の存在”になった。
雪が降るたびに、うれしくってぴょんぴょんと跳ね回っていたタロウを思い出す。

puppy

 | HOME | 

今日のぐだぐだ

あべくんの給食マスクが小さすぎて草。(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター