大人の女三人がぐだぐだ

冷奴と冷やしトマト


「あれ、こっちじゃ1万円バーガー屋さんくらいよ、そうするの。ニューヨークかその辺で特上ヒレで作るバーガー。1万円以上したと思う。トリュフも入ってたかな。」

わしの行きつけのお肉屋さんでは、注文してからお肉の塊を挽き肉にしてくれる。カリフォルニアの美味いものを知り尽くしているロデニの娘がそれを見て、驚き、そう言った。
「ハンバーガー、おいしいけど高い金払うもんじゃないね。」というわしの意見から、天下の台所で今年の年末もまたてっちりや蟹をたらふくたいらげるであろうゆみこを交え、こんなものにはいくらまでしか払いたくないというチャット。


ロデニの娘(以下:ロ)「そうそう、冷や奴と冷やしトマトといっしょ。」
わし「わし長年疑問に思っとった。なぜただのひやいトマトが居酒屋のメニューに堂々と載ってるのか?と。あれだけは頼みたくない。」
ロ「今でもミステリーよ。」
わし「だよね!!!」
   「冷奴は、許せる。」
ロ「あれはね。」
  「材料手間暇かかるけ。」
  「でも1万円は出さんじゃろ。」
わし「出さん。」
ロ「五百円がわしの上限。」
わし「トマト?やっこ?」
ロ「やっこ」
  「トマトは頼まん。」
わし「やっこの上限は、」
   「380円。」
ロ「(笑)」
わし「そして浪花のゆみこはんのやっこの上限金額が楽しみ。」


~3カ国をまたぐチャットにつき返答は翌日へ持ち越される~


ゆみこ(以下:ゆ)「で、私の冷奴の上限」
  「答えは」
  「0」
  「家で食べる」
わし「(泣笑)」
ゆ「もったいのーてーよー頼まん」
わし「でも、自家製豆腐じゃの、酒盗のせじゃのだとつい頼んじゃう、わしは。」
   「好きなんだよね、お豆腐。」
   「近年特に。」
   「有名なお豆腐屋さんに買いに行ったり、」
ゆ「お豆腐屋さんで買うのはもちろんあり」
わし「実家にお豆腐売りが来るんよ、九州から若い男子が車で。」
   「ついつい買っちゃうね。」
ゆ「それに合う醤油なんかも」
  「若い男のエキス入りだな」
わし「それ。」


~また半日持ち越された後~


ロ「若い男のエキス入り」
  「すごく味わいたい」
  「それだったら冷奴で650円出すかも」

ロデニの娘にとって若い男のエキスは、150円という微妙な金額であった。


わしの住む町では、70円出せばとびきりおいしいトマトが1キロ買える。
そんな自分が、ニッポンの居酒屋で座るなりビールを頼み、「大将、たちまち冷やしトマトね。」と、原価率?なあにそれ?みたいな顔で言えるようになったら、そんな贅沢はないのであろう。


冷やしトマトとビールが、そんなに合うとはまだ思えないわしを、まだまだ青いなまむし、と笑うニトロの顔が目に浮かぶ。


どまてす





ファンシーなオイスター


fancy  【不可算名詞】 (気まぐれで自由な)空想、(詩人・画家などの)創造的空想力、(事実に基づかないで想像された)思いつき、気まぐれな思い、思いつき、感じ、(個人的な)好み、嗜好、愛好
~weblio辞典~



米国からニッポンへ渡り、さらに中東の一国に連れて来られようとは思いもよらなかったはずの芸者さん。きゃぴきゃぴした特別な女子会にでも開けようと思っていたのだが、「仕事大人数、うまいもん小人数(こにんずう)」と言う、クイーンから叩きこまれた我が家の家訓に従い、酔っぱらった勢いで夜中の12時にぱっかん。


しゅんすけく~ん、だ~い好き!

かぼちゃぺぁ~~んつ!!!(すぱなしかわからんネタでスマソ)


右の真ん中のやつがでけえ

ぱっかん開けるときの最後の瞬間の油はねをどうにかする方法を考えた人にはなんかいいものあげたい。という気持ちはあっという間にどっか行ってしまうほどご立派かつちょっと松崎しげる風の大粒のオイスターたちこんにちは。勝手に想像していたよりも、かなりふっくらしっかりしたしげるたち。


もにょふわ

美しい人生よ、限りない喜びよ、歌いながらお箸で持ち上げるも、崩れるんです。儚いほどソフトです。ファーファもびっくりです。そろーっと口に入れてみました。


うまい!!!!!!!

ここんとこニッポンでは”缶○ま”なるものがブームじゃけれど、こりゃ比にならんうまさ。もにょふわな牡蠣にたっぷり詰め込まれた海の旨み、ニッポンの海食品の、ちょっと間違った”磯臭さ”がまるでない。しっかりめのスモークなのに牡蠣のうまさは清々しく健在。これ可能ならば段ボールでお取り寄せしたい。一気食いです。


提供は、アトランタスタジアムより、じぇにーさんです。

ありがとうございました。


なにげに創業100年以上だもんね

創業104年の貫禄に、ありがたみさえ感じるfancyのキャッチコピー。芸者さんとおいしいオイスターなんて、米国の方々にとっては空想レベルの夢のコラボといったところか。





ハラハラしたい貴方へ


お寿司。

なぜか辿り着いたこの動画。
なんでやねん、の部分も多くあるが、なぜか異様に正しい部分もあり、興味深く最後まで鑑賞した。
しかし、一番動揺したのは、



醤油をつける部分。そ、そんなにつけたら、シャリが!、、、ほぐれ・・・・・・・、ない!?






風に吹かれて。

先日、クイーンの生誕24838日目記念日に美味しいもんを食べに行てきたあるね。
Blowin 'In the Wind
こちらのお店、何年かまえに一度だけ来たことがあるね。

けこう美味しかたので「また来るあるね!」と言いつつ来る機会がなかたあるね。

どうやらミシュランガイド広島に掲載されたらしいこちらのお店、

わしらの味覚に間違いなかたあるね。

本日のおしながき。
Blowin 'In the Wind
おば夫婦がまだ到着してませんが、喉がひってやれんのでお先に乾杯っ。
Blowin 'In the Wind
このビール、なんかえらいクリーミーで美味しかった。

まず一品目。“広島牛A5の炙り 炙り生ウニ醤油”
Blowin 'In the Wind
一発目からいきなりお肉とはこれいかに。しかもA5。おまけにファイヤー。

ジリジリと焦る気持ちを抑えつつ、ジブジブとお肉を炙ります。箸が焦げるのなんの。
Blowin 'In the Wind
が、どうにもこうにも焦る気持ちを抑えられんかったので、

「はあえかろう?」と言い合いながら、超レアなお肉に炙り生ウニと山葵を乗~せ~て~、
Blowin 'In the Wind
ぱくっ。

二品目。“『寿』印入り 国産フカヒレ姿煮 (お一人様一枚)” 
Blowin 'In the Wind
シャクシャク。

ちなみにこちらのお店のコース料理は、

面倒な取り分けの必要のない、個人盛りで出てくるんがええです。取り分けは喧嘩勃発のタネ。

三品目。本日のおしながきの順番とはちょっと違いますが、“活アワビの鉄板焼きステーキ”
Blowin 'In the Wind
むっちりおセクシー。

四品目。“伊勢海老の葱・生姜 香港風炒め”
Blowin 'In the Wind
ぶりっ。ぶりっ。

コースとは別で注文した、“炙り生ウニと季節野菜バゲット添え”。
Blowin 'In the Wind
なんぼでもイケル。

コースとは別で注文した、“旬野菜とズワイ蟹のあんかけ”。
Blowin 'In the Wind
蟹たっぷし。

五品目。“北京ダック (お一人様一枚)”
Blowin 'In the Wind
あったかいお皿にあったかいクレープを乗っけて~、具を乗っけて~、
Blowin 'In the Wind
クルクルまっふんして、顎が外れんように気をつけながら、あ~ん。

六品目。“金華ハムスープのあんかけ炒飯”
Blowin 'In the Wind
はじめて食べた金華ハムはまるで煮アワビのようなゴジゴジの歯ごたえで、

そのすごいボリュームに「食べきれるかな?」と心配したけどでんでん心配御無用、

あんかけなのでスルスルと飲み込むように完食してしまいました。炒飯って飲み物じゃったんじゃね。

七品目。“ゴディバのプレミアムアイスクリーム二種添え”
Blowin 'In the Wind
透け透け。
Blowin 'In the Wind
中華といえば油分塩分が過多で翌日は胃もたれしてやれんイメージがあるけど、

こちらのお店はしょっぱくて油っこいんが苦手なわしには嬉しい、とっても優しいお味でした。

帰り際にはお花のサービスや記念撮影して各家庭に一枚づつプリントしてくれるサービスもあり、
Blowin 'In the Wind
さらに一袋二食のラーメンをお一人様にひとつづつのお土産もあった、
Blowin 'In the Wind
高級食材をふんだんに使ってあったこのコース料理、

アルコール飲み放題込みでお一人様おいくらだったでしょうか?

正解されたかたにはなんと!

“要冷蔵”だったことにまったく気づかず、

常温で二日ほど熟成された↑のラーメンをプレゼントあるね!だりか当てろ。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

ミニなのはタコだけじゃないってことです

知りませんでした。
「小さい」ということが、こんなにファンタスティックだったなんて。



なんだって大きいほうがいいと、ずっと思っていました。
ほら、「大は小を兼ねる」って言うじゃないですか。
感動は、常に壮大なものから生まれると思い込んでいたのです。

間違っていました。
本当に人の心を震わせるのは小さいもの、そう、イッツ・ア・スモール・ワールド。ねずみの王国だって一日に何万人もの人をしあわせにしてあげているじゃないですか。これがイッツ・ア・ビッグ・ワールドだったら、大味そうにもほどがあります。

そんな「小」の素晴らしさに気がついたのは、桜もまだ散りきらない2013年3月末日。
桜の下でしこたまやり上げた後(アクセントは「り」)、2次会の居酒屋でオーダーしたのは、瀬戸の珍味の代表選手「つぶ」。滋味深い磯の香りがたまらないアレ。ときどきジャリッとなるのがイケズなアレ。
ちぎれたじゃーなんじゃー言いながら、みんなで夢中になってくるっとやっていると、ここで全員の酔いが一気に覚めるイッツ・ア・スモール・ワールドが、あの音楽とともにやってきたのです。


ムイペケニョだぜ
せーかいーはせーまいー♪

このかわいらしさ、まさに奇跡としかいいようがありません。
つついてつついて、最後には親指と人差し指ですりつぶしてしまいたいくらいキュートです。
長く広島人をやっとりますが、こんなにも完璧なカタチをしたミニ牡蠣にはお目にかかったことがありません。ぱくっといっときましたが、歯にはさって終わりでした。




そして昨日。
青空市場で新鮮なおくらを見つけたので半キロほど買い、もくもくとガクの部分をくるっとやっていたのですが、また驚くべきイッツ・ア・スモール・ワールドがやってきたのです。


ムイグランデとムイペケニョだぜ
帽子???

もはやおくらではありません。食べるのがもったいないほどの、かわいいかわいいどんぐりこ。
まあでも、食べましたけどね、しっかり咀嚼して。




時代はミニです。


 | HOME |  »

今日のぐだぐだ

T-BOLANがアツい。~Bye for now~ (まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター