大人の女三人がぐだぐだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。

天橋立観光が終わったらちょうどお昼じゃったんで、

テラス席ペット可のくじからラーメンにてお昼ごはん。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
hanaしゃんはくじからラーメン(右上)、れんちはくじからラーメン大盛と白飯(左上)、
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
わしはくろたま中華そば味玉入り(下)。ちょっと尾道ラーメンっぽい?感じでした。

食後は伊根の舟屋に向かう予定じゃったんじゃけど、

元伊勢籠神社へ参拝する人の車でまさかまさかの大・渋・滞。

一の宮桟橋付近に駐車して観光すればよかったと思うも後の祭り。

あまりにも渋滞が酷くて諦めようかとも思ったけど、

せっかくここまで来たのに思うとやっぱり諦めきれず・・・、

約2時間かけて(渋滞でなければ30分ぽっちで着く。)やって来ました、

ずっと来てみたい思いよった情緒溢れる日本のヴェネツィアこと伊根の舟屋!
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
海の透明度もハンパない!底が見える!あー、諦めずに来てよかったー。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
見たい行きたいところは制覇できたけえ大満足、さあて、戻るよー。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
名残惜しいですが篠山口辺りでhanaしゃんとはお別れ。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
予定しとったよりも帰宅が遅くなってごめんね、

めっちゃ楽しかったです!またどっか御一緒しましょう!

このあと一気に家まで帰ることも出来るっちゃあ出来たんじゃけど、

暗い時間帯に運転するのは苦手なんで(だって夕方には風呂入ってさっさとビール飲みたいじゃん?)、

もう一泊犬連れで泊まれる宿を探してキャンセル待ちしとったんじゃけど結局取れず、

ロードサイドホテルチェーンのファミリーロッジ旅籠屋(たつの店)に初めて宿泊しました。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
(この画像↑は翌朝に撮ったんで明るいです。)

お部屋はこげな感じ。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
2016年10月にオープンしたばかりらしく、めっちゃキレイ!
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
何泊もする旅行でずっと旅籠屋に泊まるんはちょっと色気がないけど、

何泊かのうちの一泊なら全然アリですわ、至れり尽くせりの施設でWi-Fiもあるし、

なんてったって犬連れで泊まれるのがありがたい(車中泊はどうしてもしたくない派なんです。)。

車で約10分のところにあるスーパー銭湯・野天風呂あかねの湯があるのも嬉しかった。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
広島で言うところのほの湯じゃけど、めっちゃ広くて2倍以上はある感じでした。

帰りにマックスバリュ龍野店(宿の斜め前。めっちゃ近い。)で買い物をして宿へ戻り、

部屋でのんびり夜ごはん。眠いのに寝ず、棚ぼたを待つぶっち。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
諦めてやっと寝た、と思ったらいきなりゲボってびっくりした・・・。(ちゃんとビニールでゲットしたですよ。)
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
食った食った、さあて寝ようか。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
翌朝(1月2日)、ラウンジに置いてあるパンとコーシーは無料でいただけます。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
けっこう美味しかったです、コーシーは(パンは・・・、フツー。)。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
さあて、この日まず向かったのは白鷺城こと姫路城。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
まだ左側に足場が掛かっとって残念・・・、とか全然思いませんでした。

だってわしお城に興味ないもん。

トルコでみんなで食べた焼き栗を思い出したのでお買い上げ。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
でもトルコで食べた焼き栗とは全然違っとって、ただの甘栗味でした・・・。
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
お次に向かったのは岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク、

この日は入場料が半額(1000円が500円)でした。てか犬も入場料(300円)がいるんかい!

お昼ごはんはクローネでバイキング、
伊根の舟屋、姫路城、ドイツの森。
なんとビールは200円だったか300円だったかで飲み放題!

ドイツの森って来てみたいと思いつつなかなか機会がなくて今回初めて来たんじゃけど、

ムーニョ&ムニョムニョを連れて来たらいろいろとツッコミそうな、かなり寂れた施設でした・・・。

ぶっちがどんな反応をするか動画に撮りよったらえらいもんが撮れてもうたし・・・。

銭払って来とる客をブルーにさせんでほしいわ。

まあぶっちは楽しそうじゃったんでええか。

でももう二度と行かん。

さあて、家まであともう少し。お疲れじゃたね、ぶっち。

「・・・。」


おわり。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

2017年の元旦は天橋立へ。

はい、やっとこブログ上でも明けました、2017年のはじまりです。
2017年の元旦は天橋立へ。
お宿から見えた2017年の初日の出をつまむうちのおっさん、
2017年の元旦は天橋立へ。
の手がまるでグローブ。

はい、ひとっ風呂浴びたあとに頂いたお楽しみの朝ごはんは朝食会場にてこげな感じ。
2017年の元旦は天橋立へ。
元旦じゃったんで甘い・酸っぱい・しょっぱいの三重苦、大嫌い苦手なおせちばっかりじゃったら・・・、

と不安でしたが、普通の朝食に黒豆と数の子と田作りがプラスαされとっただけでほっとしました。

つか、多分出来合いのものではなくちゃんと手作りされとったっぽい黒豆は甘すぎず、

田作りはギッチギチじゃなかったしで意外と美味しかった!もちろん数の子も。

てかさあ、犬連れ可のお宿ではあるけれど、犬連れ専用のお宿じゃないのにさあ、

部屋で留守番させた犬が延々と吠え続けようるのに(朝食会場にまで聞こえるほどの大音量。)、

まったく気にせず飯を食らい続けるしとの神経ってどうなっとるんじゃろうか。

多分、留守番させた犬の部屋の隣の部屋の宿泊客から苦情が出たらしく、

(ほらほうよ、犬連れ専用のお宿ならまあお互い様じゃけど、

年末年始にまったりしっぽりしたくて宿泊されとっちゃった犬連れじゃないお客様からしてみりゃあ、

なんで元旦の朝っぱらから他人の犬のギャン吠えを聞き続けんにゃいけんのんやって思うわ。)

お宿の方が対応をお願いしたにも係わらず、まるっと無視で飯を食らい続ける本物の飼い主ばか。

こういうしとたちがおるけえペット連れ可じゃったところが不可になってしもうたりするんよねえ・・・。

わしらも気を付けようて。

部屋に戻って身支度しようったら、「おそといきたいんですけどー。」らしいぶっちが出口でスタンバイ。
2017年の元旦は天橋立へ。
チェックアウト(※現金払いのみです。)してぶっちのうんこを済ませてから車で約10分、

天橋立の表玄関にある、“三人よれば文殊の智恵”の諺で有名な智恩寺にて初詣。
2017年の元旦は天橋立へ。
おみくじは微妙な小吉・・・。
2017年の元旦は天橋立へ。
はい、いよいよ天橋立の松林を歩きます。
2017年の元旦は天橋立へ。
平成16年の台風で倒木したらしい松。
2017年の元旦は天橋立へ。
3匹で記念撮影。
2017年の元旦は天橋立へ。
約一時間歩いて一の宮桟橋辺りに到着ん。
2017年の元旦は天橋立へ。
かなり有名らしい(わしは知らんかった。)元伊勢籠神社があったのでもっかい初詣。
2017年の元旦は天橋立へ。
ここから先は写真撮影不可です。
2017年の元旦は天橋立へ。
おみくじはやっぱり微妙な小吉・・・。手のカサカサがハンパない。
2017年の元旦は天橋立へ。
傘松公園行きのケーブルカーはケージに入れればペット可です。
2017年の元旦は天橋立へ。
わしらはこのときみたいにリフトに乗ってまたおもろ写真を撮るつもりじゃったんじゃけど、

12月1日から2月末までリフトは運休とのことでがっかり、

もちろんケージなんか用意してなかったのでお借りしました。
2017年の元旦は天橋立へ。
このケージレンタル、(往復で)500円よ、500円!ちょっとぼりすぎじゃと思わん?

つかケージのことをゲージって言うしと多すぎ。

はい、やって来ました!日本三景のひとつ、天橋立です!
2017年の元旦は天橋立へ。
阿蘇海と宮津湾を分けて伸びる天橋立が昇り龍のように見えることから、

縁起の良い景色と言われとる昇龍観、元旦に相応しい景色で写真が撮れて大満足でした。

海と空が逆になり、天に架かる浮き橋のように見える、お約束の股のぞき。
2017年の元旦は天橋立へ。
子供のころは「???」としか思えんかったのに、この歳になってやってみたら見える見える!

歳食うことも悪いもんじゃないねえ、とはしゃぐ3人。
2017年の元旦は天橋立へ。
つかおっさん股おっぴろげすぎ。

もうひとつのお約束、かわらけ投げ。
でんでん入りませんでした。

帰りはモーターボートに乗って戻りました(抱っこでペット可。)。
2017年の元旦は天橋立へ。
気持ちよかったけどあっという間でした。

お天気にも恵まれた天橋立観光、かなり楽しかったです。

ね、ぶっち!
2017年の元旦は天橋立へ。
「・・・。」


つづく。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年、最後の晩餐は蟹テロ。

玄武洞のあとにもう一箇所観光しようかと思うとったんですが、

なんせこの日は12月31日でしたし?

早めに宿へチェックインしてひとっ風呂浴び、早めにおっぱじめたいよねえ?ということになったので、

玄武洞から一時間ちょっと車を走らせて向かったこの日のお宿は京都府の岩滝温泉ホテル喜楽家です。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
ペット宿泊料金はなんと強気の5400円(でもコロコロやトイレシーツなどの犬用の備品は一切ナシ。)、
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
でもマーキング臭は皆無でNOおむつで放牧OK牧場どころか清潔感ハンパない!

12畳の広ーいお部屋は畳のささくれや匂いなどの不快な部分は一切なし、

ぶっちも延々と匂いを嗅ぎまわることなくすぐに横たわってネンネしたほどの快適さです。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
犬同宿可のお宿でここまで行き届いとるお宿は初めてです、さすが強気の5400円。

ただ、広縁からは松林と阿蘇海が望めますが、
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
“全室から天橋立が一望できるお宿”とまで言っちゃうのはちょっと言い過ぎかな?

あと、Wi-Fiありと書かれとったけど感度が悪すぎてイライラするけえ、あれならないほうがまだマシかも。

一服したあと、さっそくひとっ風呂浴びに行ってみました。

日本庭園の露天風呂はちょっとだけとろみがある感じでつるっつる!最高に気持ちえかった!
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
ただ、しょっぱいんでわしみたいなあかぎれだらけの方はしゅみまくり、「ひー!」ってなります。

わしのデジカメは逝ってもうとったんでお風呂の写真はれんちに撮ってきて貰ったんじゃけどね?

なんのサービスのつもりなんだかこげな一枚もありました。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
はい、早めにおっぱじめたお楽しみの夜ごはんは部屋食です。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
家のネードーコでネンネしとったシュワシュワとグラスを堂々と持ち込みしたわしらは腐ってますか?

(いちご忘れた・・・。)

はい、お疲れお疲れー!乾杯っ!
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
お楽しみのかにづくしコース、まずはお刺身から。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
とろーり甘くてたまらんちん。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
ね!hanaしゃん!
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
「おいち?蟹のお刺身っておいち?」(お恵みが欲しいぶっち。)
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
「おいちいよ~。」(さすがに蟹はあげられん。)
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
焼き蟹は旨味が濃くて安定の美味さ。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
蟹みそ甲羅焼きは香ばしくてプカプカしとって日本酒が飲みたかったー!
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
白ワインまでも持ち込みしたわしらは腐りきってますか・・・?

この蟹みそ甲羅焼き、

「口コミで“鶏の卵を混ぜてある”と書いてらっしゃった方がおられましたが、

一切何も混ぜておりません(キリッ!)。」

だそうですよ。

あっこのは間違いなく混ぜてあったけど・・・。

「おいち?蟹みそっておいち?」(どうしてもお恵みが欲しいぶっち。)
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
ぶっちアレルギー体質なんじゃけえ旅行中にリスクの高い食べ物はあげられんのんじゃってば。

さあていよいよ蟹鍋です。でもすでに腹がかなりキツなってきました。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
蟹はしとり何杯くらいあるんか聞いてみたら2杯以上はあるとのこと、それはさすがに多いわ。

とは言うても途中で投げ出すわけにはいかんけえひーひー言いながらすべての鍋材料をぶち込み、

蟹の身をちまちまほじりながら「今日は大晦日じゃけえ。」を免罪符にワインをガブ飲みし・・・、

でももう無理ー!

火が通ったすべての具材を取り出し(ここまで来るとなんだかもう闘いですよ、蟹の乱!)、

ここまで濃い蟹出汁は過去に味わったことがないくらい濃いすぎる雑炊で〆。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
つかたったこれっぽちの雑炊も食べきれんかった・・・。いまなら食えるのに・・・。

ちなみに残った蟹たちは翌朝たっぷりの氷を添えて持ち帰るようにして頂けます。

前日は2時間ほどしか寝てなかったけえ宴の最後のほうはhanaしゃんとの会話はほぼ白眼、

紅白を観ることなく21時にはメルトダウン、川の字で意識を失いました。
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
つか持ち込みした酒の瓶や缶まで片付けて頂いたわしらって腐敗しまくりかね、ぶっち?
2016年、最後の晩餐は蟹テロ。
「・・・。」


つづく。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。

はい、確定申告をやっつけたったのでやっとこブログ更新です。

竹田城跡から車で約一時間ほど北上してやって来たのは兵庫県の豊岡市、

出石城山ガーデン(隣の“そばつづり”はペット可。)にてお昼ごはん&年越しそヴぁです。

出石皿そヴぁのお店はけっこうペット連れテラス席OKなお店が多いんじゃけど、

やっぱテラス席は寒いよねえ?というわけでここに決めました。

(つか12月31日に休むそヴぁ屋ってどがいやねん!)

出石城山ビール醸造所併設レストランなので飲まんわけにはいかんじゃろ、

とりあえず乾杯!(れんちはノンアル。)
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
三種類の飲み比べビールは蕎麦とブルーベリーとハーブ、だったかな?

わしは蕎麦ビールがいちばん好みで、ハーブは・・・でした。

はい、こりが名物の出石皿そヴぁです。
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
そヴぁとつゆだけで麺を味わったあとにネギとワサビで頂き、

とろろを入れて食べ、最後に生卵(わしは卵黄のみ。)を入れて食べたあとにそヴぁ湯〆。

卵入りのつゆで頂いたんが思いのほか濃厚かつまろやかで美味しかったけど、

そヴぁ湯はかなりサラサラで残念じゃった・・・。

そヴぁ打ち体験をしてらっしゃる方もおられましたよ。
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
食後にちょっくら寄ったのは出石町のシンボル、辰鼓楼の大時計(時計部分は写ってないwww)。
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
ほかにえっと観たいところがなかったので、車は下りずに車窓からの撮影です。

はい、お次に向かったのは車で30分ほど北上したところにある玄武洞へ。

想像以上にデカくて見応え抜群!
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
つかデカすぎてなんか目がおかしくなりそう、ピントが合わんというか。

白虎洞、
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
南朱雀洞、
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
北朱雀洞、
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
青龍洞。
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
竹田城跡以外の観光はわしに任せてくれて、

で、ぶっちゃけ玄武洞にえっと期待してなかったらしいhanaしゃんも、

「思いのほか良かった!」と喜んでもらえてえかったわ。

ね、ぶっち!
出石で年越しそヴぁ、のち、玄武洞。
「・・・。」


つづく。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。

正月気分が抜けんままのんびりしとったらすでに1月が終わりそうとか・・・。

はい、やっとこ更新です。

2016年から2017年にかけての年末年始ももちろんお出掛けして来ましたよ。

12月31日の午前4時に出発して高速道路をぶーんと走り、まずは吉備SAにて朝ごはん。
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
「あら?あんたちら大食いじゃのにいつもに比べて少なめじゃない?」と思われた方、大正解。

残り物のごはんで作ったでっかいわかめおにぎに4個を持参してたんです。

またまた高速道路をぶーんと走って、兵庫県の竹田駅に到着ん。
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
待ち人が現れるのを待つ間に取りあえず出すもんを出しとかにゃね。

てかおっさんさあ・・・、
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
もうちいとええがに撮れんのんけ・・・?

そうこうしようったら、はい!待ち人現る現る!
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
今回の旅行は4年前の年末年始にペルーで尻あったhanaしゃんと御一緒させていただいたんです!

(顔出しOK頂きましたー!)

駅から少し車を走らせて向かったのは・・・、
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
と、ここで6年選手のデジカメが御臨終・・・。

はい、改めまして、駅から少し車を走らせて向かったのは、
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
日本のマチュピチュとも呼ばれとる天空の城・竹田城跡です。
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
おー!
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
ぽいぽい!
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
「本物のマチュピチュに行ったことがあるけえそれっぽいのがようわかるわあ。」と、
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
ペペペペペルー!のページを開いて見比べてみたりとかして盛り上がる3人でしたが、
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
ぶっちはかなりどうでもよさそうでした。
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
この階段を上ると、
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
保護工事のために約2年間、立ち入り禁止だったらしい天守台です。
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
とりあえず盗撮ごっこ。
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
天守台で記念撮影、hanaしゃんええ笑顔じゃわ!
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
前日には雪が降ったっぽいけど、
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
この日は天気も良くてひんやりと澄んだ空気が気持ちえかったです。
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
雲海の竹田城跡も見てみたかったけど(麓の宿が取れんかった。)、
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
青空に映える竹田城跡もそれはそれでなかなか素晴らしかったです。
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
ね、ぶっち!
2016年の大晦日は天空の城・竹田城跡へ。
「・・・。」


つづく。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

 | HOME |  »

今日のぐだぐだ

さあて。そろそろ5月の旅行記をアップしようかな。(すぱな)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。