大人の女三人がぐだぐだ

冷奴と冷やしトマト


「あれ、こっちじゃ1万円バーガー屋さんくらいよ、そうするの。ニューヨークかその辺で特上ヒレで作るバーガー。1万円以上したと思う。トリュフも入ってたかな。」

わしの行きつけのお肉屋さんでは、注文してからお肉の塊を挽き肉にしてくれる。カリフォルニアの美味いものを知り尽くしているロデニの娘がそれを見て、驚き、そう言った。
「ハンバーガー、おいしいけど高い金払うもんじゃないね。」というわしの意見から、天下の台所で今年の年末もまたてっちりや蟹をたらふくたいらげるであろうゆみこを交え、こんなものにはいくらまでしか払いたくないというチャット。


ロデニの娘(以下:ロ)「そうそう、冷や奴と冷やしトマトといっしょ。」
わし「わし長年疑問に思っとった。なぜただのひやいトマトが居酒屋のメニューに堂々と載ってるのか?と。あれだけは頼みたくない。」
ロ「今でもミステリーよ。」
わし「だよね!!!」
   「冷奴は、許せる。」
ロ「あれはね。」
  「材料手間暇かかるけ。」
  「でも1万円は出さんじゃろ。」
わし「出さん。」
ロ「五百円がわしの上限。」
わし「トマト?やっこ?」
ロ「やっこ」
  「トマトは頼まん。」
わし「やっこの上限は、」
   「380円。」
ロ「(笑)」
わし「そして浪花のゆみこはんのやっこの上限金額が楽しみ。」


~3カ国をまたぐチャットにつき返答は翌日へ持ち越される~


ゆみこ(以下:ゆ)「で、私の冷奴の上限」
  「答えは」
  「0」
  「家で食べる」
わし「(泣笑)」
ゆ「もったいのーてーよー頼まん」
わし「でも、自家製豆腐じゃの、酒盗のせじゃのだとつい頼んじゃう、わしは。」
   「好きなんだよね、お豆腐。」
   「近年特に。」
   「有名なお豆腐屋さんに買いに行ったり、」
ゆ「お豆腐屋さんで買うのはもちろんあり」
わし「実家にお豆腐売りが来るんよ、九州から若い男子が車で。」
   「ついつい買っちゃうね。」
ゆ「それに合う醤油なんかも」
  「若い男のエキス入りだな」
わし「それ。」


~また半日持ち越された後~


ロ「若い男のエキス入り」
  「すごく味わいたい」
  「それだったら冷奴で650円出すかも」

ロデニの娘にとって若い男のエキスは、150円という微妙な金額であった。


わしの住む町では、70円出せばとびきりおいしいトマトが1キロ買える。
そんな自分が、ニッポンの居酒屋で座るなりビールを頼み、「大将、たちまち冷やしトマトね。」と、原価率?なあにそれ?みたいな顔で言えるようになったら、そんな贅沢はないのであろう。


冷やしトマトとビールが、そんなに合うとはまだ思えないわしを、まだまだ青いなまむし、と笑うニトロの顔が目に浮かぶ。


どまてす





西条酒まつり 2016

やっとこ先月の出来事まで追っついたー、

はい、今年も電車に乗って行ってまいりましたよ、西条酒まつりへ!
西条酒まつり 2016
去年と同じく、もちろんぶっちも連れて行きました。
西条酒まつり 2016
たちまちビールで下地を作らにゃね。
西条酒まつり 2016
おっ!早速ちんどん屋さんハケーン!
西条酒まつり 2016
「姐さーん!い、犬ー!?」ってお声を掛けていただいて、わしゃ嬉ションが出そうになりました。
西条酒まつり 2016
「のちほど~。」と別れて、いつもどおり亀齢酒造に行ったら・・・?あれ?
西条酒まつり 2016
手作り感満載の“ようこそ!亀齢酒造へ”の、カラフルなウェルカム段ボールがなくなっとるー!

はい、いつもの大吟醸をクピッと煽ってエンジン、スタート(毎年のことじゃけはあコピペしまくり。)。
西条酒まつり 2016
まむたんが抱っこしてネンネしたいほど大好きな樽酒、日本犬ともよう合うわあ。
西条酒まつり 2016
ニンゲンの食べ物は味が濃いけえ家からぶっち用の焼き芋を持って行っとったのに、

「芋はいらんっ。肉をよこせっ。」と贅沢を言うぶっち。
西条酒まつり 2016
そしていつもどおり賀茂泉酒造へ行って竹酒をば。
西条酒まつり 2016
二個頼んだらもう一個サービスしてくれた焼き牡蠣。
西条酒まつり 2016
うんこ座りでふ~ふ~。
西条酒まつり 2016
うんこ座りであ~ん。
西条酒まつり 2016
うんこ座りでオメメがマッチョメマンになるほどの美味さでしたわ。

しかし、待てど暮らせどちんどん屋さんが登場せず・・・?

太鼓のおっちゃんに「ちんどは何時に来るんや?」って聞かれて「?」となったわし。

「あんたあ、ちんどのマネージャーじゃないんか?」と言われたいへん光栄でしたが、

結局、今年は賀茂泉酒造では大好きなちんどん屋さんにお会い出来ませんでした・・・。

賀茂泉酒造広場でまったりしとったボステリア?くん、たしか10歳って言いよったかな?
西条酒まつり 2016
道すがら出会ったシベリアンハスキーくんはすごい大人しかったのに、
西条酒まつり 2016
ブチ切れたぶっち。
西条酒まつり 2016
キレる意味がわからん。
西条酒まつり 2016
いやーしかし、今年も柴犬ぶっちは大人気でして。

「ワンちゃんがいるよー、触っておいでー。」と自分の子供に促す母親たち(やめれ。)、

すれ違う人すれ違う人、かなりの酔っぱに話しかけられ、こねくり回され、

はあええ加減ぶっちもイライラしてきたんで、はっきり言うたんですよ。

「犬が嫌がっとるんで触らんでください。うー言いようるし、噛みますよ?」って。

じゃのに、「わしゃ犬が好きなんど。犬は犬好きが分かるんじゃけー。噛んでもええでー。」

と、わけのわからんことを言うてますますこねくり回すひつこいおっさん。

「犬を触られるんが嫌じゃなんてケチか!」みたいな恨みがましい顔をするおばさん。

あのですね、

そげに柴犬が好きなら自分で飼いやがれやっ!

はい、お口直しの選べる日本酒三種飲み比べです。
西条酒まつり 2016
去年と同じく値段も、何の銘柄を選んだかもまったく覚えていません。

さあて、そろそろ帰ろうか?と思いよったら、
IMG_8374.jpg
おひさしぶり、西条の船越栄一郎にお会いしました。たぶん5年ぶり?
西条酒まつり 2016
帰るつもりじゃったけど話しが止まらんかったけえ腰を据えて振り出し(ビール)に戻る、と。
西条酒まつり 2016
「抱っこ。」と言うぶっちを抱え、

この5年のあいだにあった出来事をしゃべくる船越栄一郎の話しによると、

長いこと付き合っとった彼女と結婚し、家も購入し、なんと赤ちゃんも産まれたそうです。

ほんでもって、前妻さんとの間の子供・娘さんも結婚して赤ちゃんが産まれたそうで。

孫と自分の子供が同級生とか。www

さて、立ったまんまうつらうつら舟を漕いで膝カックンになりながら電車に乗り、

去年はぶっち連れじゃけ寄らんかった立ち食いうろん・そヴぁのお店へ今年は寄ってみました。
西条酒まつり 2016
案ずるより食うが安し、ぶっちええ子にしとってなんの問題もなかったです。
西条酒まつり 2016
わしのビールと天ぷらそヴぁに、
西条酒まつり 2016
れんちのラーメンと巻き寿司で〆。
西条酒まつり 2016
自称犬好きの(でも犬の表情や状態を全く読めん。つか読む気もない。)方々がかなりウザかったですが、

今年も楽しかったです、また来年!わしが噛んだろうかっ!
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年秋


直行便があるといううれしい偶然のおかげで、わしの住む町まで毎年遊びに来てくれるムーニョとムニョムニョ。キング&クイーンの来訪に合わせ今年もやって来た。


7回裏バルーンはハタ君のです

滞在はわしの別荘、毎夜宴会。ムーニョがお熱な秋元順子”愛のままで”鑑賞会。ムーニョ「うわぁ~~、鳥肌立つ~!」そんなに好きか、この歌が。


ちゃんとした衣装とブーツとかあってもいいのにね

のりおと三人で乗馬。馬場の従業員さんがずっと手綱を引いていたのが気に入らないムーニョ&ムニョムニョ「のりおだけずるい。オレらも自分たちだけで乗りたい。」のりおは馬を走らせる止まらせるターンさせる、が出来るからだよ。ムーニョ3年前、


おーい、どこへゆくー。

あやうく馬連れで迷子になりそうだったの忘れたか?


イカがうまい!とおかわりしたクイーン。

乗馬の後はエーゲ海を眺めながらランチ。魚介類を食べないムーニョとムニョムニョはキョフテやらジャンボマッシュルームチーズ焼きやらシガラボレイやら。シーフードばか高いトルコでお財布にやさしい二人。


学年で成績トップクラスのムーニョ

勉強するムーニョと邪魔するハタ。


晩酌イケるクチのムニョムニョ

ギャン泣きハタを抱っこしてくれる弾けるスマイルのムニョムニョ。3年前に抱っこしてくれていたのは、


夜のクシャダスはめちゃんこ楽しい

ちびモグワイ。


キングの歯はHOLY

ムーニョのどうしてもというリクエストでセブンスリーパーズへ。ムーニョ「やっぱりセブンスリーパーズ最高!」そんなに好きか、トルコの山賊が。「トルコ料理って、こう、日本料理みたいなきれいな盛り付けってないの?」というクイーンに「トルコ料理は味も盛り付けも最高じゃん!」と猛反撃するムーニョとムニョムニョ。君たち天使か。


若い男子と夜のデートは最高だね

ムーニョの、トルコで『どうしても食べたいものリスト』に入っていたトルコアイスを食べに二人で夜のお散歩。原色アイスのチョイスにジェネレーションギャップを感じる。わしのはしいたけではない。



イスタンブール空港で乗り遅れた3年前、3ヶ月先のチケットを買っていて2日滞在を伸ばした1年前、今年は何事もなく帰って行った。クイーンに買ってもらったジャケットを忘れて帰ったことを除けば。






2016年の夏、その5。

8月27日。

午前中は親戚親子とゴーカート、

午後からはれんちが仕事ほっぽって帰って来たのでぶっちも連れて宮島へ。
2016年の夏、その5。
今回も柴犬ぶっちは外国人の方々に大人気で、話しかけられまくりの写真を撮られまくり。

「あっちにも犬おるのに誰も行かんけえ可哀想じゃん・・・。」と、
2016年の夏、その5。
家から持参した残り物の枝豆を食いながらムニョムニョが言いよりました。

鹿と戯れるドイツ軍たち。この日はあんまり暑くなくてかなり楽だった!
2016年の夏、その5。
もうお昼はとっくに過ぎとったけえ、もみぢ茶屋に直行して昼ごはん。
2016年の夏、その5。
れんちは持ってって持って帰ってまた持ってった鬼嫁弁当を食いました。

この日はえっと時間がなかったので弥山もすいぞっかんもナシ、ただぷらぷらしただけです。
2016年の夏、その5。
ツアー客たちの記念撮影に付き合ってポーズをキメる鹿たち。ぶっちより賢いわあ・・・。
2016年の夏、その5。
大鳥居と、
2016年の夏、その5。
世界一の大杓子の前で記念撮影して、さあ帰ろう。
2016年の夏、その5。
帰りの車の中でキングから借りたCDを聞きよったら、

映画“ゴースト~ニューヨークの幻”の主題歌である“アンチェインド・メロディ”が流れ、

「どうしようかな、暗い気持ちになったり泣き出してしまったら可哀想じゃけえ言うまあかな・・・?」

と思ったけど、思い切って話してみました。

「この曲、おじじが好きって言うたらママが買ってきて、おじじにプレゼントしたCDなんよ。」って。

ふたりとも「えー?ほんまにー?」と驚いた感じではあったけれど、

暗い表情になることはなく、逆にリピートして聞いたりしよって、話してえかったです。

ムーニョは3年もの間、宮島のお土産物屋さんで悩みに悩んだ刀をやっとこゲットしてご満悦。
2016年の夏、その5。
「切腹のやり方を調べんにゃいけん。」と言うので「?」と思い、

何でか聞いたら「もしものために。」だと。そんなもしもなんてあるわきゃねーだろー!

夜は家めし。


8月28日。

イオンモールへ向かう車の中で、

キングの車の中で聞いた秋元順子の“愛のままで”が最高にかっこいいと言うムーニョ。

渋すぎ・・・。

落としたわけでもないのに買って10日でぶっ壊れたサングラスの交換に行ったけど同じものがなく、

ほいじゃあ返品で、とお願いするもそれはでけんとのたまう店員。おまいはアホか?

もちろんしっかり返金してもらいましたよー、わしが冷静かつぐっさり〆たったんで。

乳首が透けてやれんユニクロの白Tシャツ(生地が薄すぎ!)も返品し、

リュックや服を購入してほくほくのムーニョとムニョムニョ。

宇品周辺でぶっちの散歩をし、アミーゴ、ドン・キホーテ、コジマをブラブラして帰宅。

夜はジョリーパスタへ。

帰ってから、去年「来年観ようや。」と話題に出とった映画“生きてこそ”を観た。


8月29日。

朝ごはんにガーリック焼き飯を食べてからほぼじゃがりこのパッキング。
2016年の夏、その5。
昼ごはんは手作りサンドウィッチとチャーシュー、パンケーキにカップラーメン。

仕事に行っとったれんちがやっぱりお見送りしたいと昼に帰って来たけえ、

ぶっちも連れて一緒に広島駅へ出発、
2016年の夏、その5。
の数分後、

「あれ?あれー???パスポートが、ないっ!!!」と慌てるムーニョ。

来るときはええがに来たのに、最後の最後でやっぱりやらかしてくれましたわ。笑

急いで家に戻って玄関にポツリと置かれとったパスポートを握りしめ、

関空まで送って行くために先に広島駅へ行っとったクイーンに激怒されることを恐れた彼らに、

「れんちゃんが急にうんこしたくなったって言うときんちゃい!」とアドバイスし、

慌ててハグハグ。
2016年の夏、その5。
親戚のおじさんに一人5万円ものお小遣いをもらったと聞いて、

「わしらお小遣いあげてないね、ごめんね。」と言ったら、

「いっつもいっぱいお世話になっとるけえ。ありがとねー。」というなんとも素直で可愛い言葉を残し、

「今年もすっごい楽しかったよ!ありがとうね!また来年会おう!」とお別れしました。

翌日、関空から帰ってきたクイーンから渡された袋には、
2016年の夏、その5。
れんちと一緒になってポケモンGOにハマっとったムーニョが、

関空で見つけて自分のお小遣いで買ってくれたポケボールが入っていました。思わず涙ぐんだうちのおっさん。


おわり。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年の夏、その4。

8月22日。

寝坊した上にのんびりと朝風呂までしてもうて、バッタバタの朝ごはん。
2016年の夏、その4。
えっと食べたいもんがないビュッフェでしたが、柚子胡椒を入れただご汁だけは熱々で美味しかったです。

チェックアウトしたらお宿の方々がお見送りしてくれ、
2016年の夏、その4。
可もなく不可もない・・・、まあ正直に言うといまいちなお宿でしたが最後の最後にはほっこりしました。

さて、二年前と同じお店で馬刺しを購入したあとやって来たのは、

やはり二年前にも来たくまもん県の鍋ヶ滝
です。
2016年の夏、その4。
二年前は無料でしたが、2015年4月1日から有料になったらしいです。
2016年の夏、その4。
(大人(高校生以上)200円、小人(小・中学生)100円、小学生未満は無料。)

今回、松島菜々子出演のナマ茶のCMを探してみたらあったあった!

2016年4月に発生した熊本地震のあと、

落石の危険性があるとのことで一時期は入れんかったらしい滝の裏側。
2016年の夏、その4。
ムーニョとムニョムニョは泳ぐ気マンマンで水着を持参したのに、
2016年の夏、その4。
そげな雰囲気じゃないと思ったのか?結局は泳がず。

さあて、そろそろ戻りますが、竹田津港へ向かう途中、

こちらも二年前に来た宇佐のマチュピチュへ寄りました(本物との比較画像。)。
2016年の夏、その4。
ムニョムニョはジジババのマセラ茶に乗っとったんでわしらの車に乗っとったムーニョだけ同行。

あとでムニョムニョに、宇佐のマチュピチュを見に寄った話をしたら全然羨ましがりませんでした。

お昼ごはんは道の駅くにみにて、れんちはハモ南蛮御膳と偽物のビール、
2016年の夏、その4。
わしは刺身と車えびの刺身と本物のビール、ムーニョはハンバーグ定食(撮り忘れ。)、
2016年の夏、その4。
キング&クイーンとムニョムニョは別行動で、そヴぁを食ったらしい。

フェリーに乗って徳山港に到着後、ぶーんと車を走らせて夕方6時半ごろ無事に帰宅。

大洗濯して風呂入って、夜ごはんは家めし。


8月23日。

キング&クイーンと会社へ。

夜はルーパリへ(写真撮り忘れ)。

隣の外国人が「くっそ暑くてブタみたいに汗かいたぜ!」(通訳・ムーニョ)と言いよってウケた。

甥っ子たち曰く、キングは“HOLY”らしい。

キングがHOLY・・・?


8月24日。

ムーニョとムニョムニョ、親戚親子と川へ遊びに。

夜は家めし。


8月25日。

映画“オデッセイ”を観たあと、夕方ふたりだけで自転車でイオンモールへ行ってお買い物。

夜は近所のお寿司屋さんへ。


8月26日。

寝ぼすけムーニョはほっぽって、朝、ムニョムニョといっしょにぶっちの散歩へ。
2016年の夏、その4。
昼は近所の持ち帰りお好み焼きを食べ、映画“白鯨との闘い”を観た。

お風呂上りにムニョムニョの耳掃除をしよったら、
2016年の夏、その4。
「おいこらおまいらわしのボスとイチャコラしやがってなんしよんなら。」みたいな表情で、
2016年の夏、その4。
ぶっちがじっとりした目でガン見しようりました。

夜は家めし。


つづく。
spanner




ブログランキング・にほんブログ村へ

 | HOME |  »

今日のぐだぐだ

アメトークの熟女(好き)芸人のときに、熟女の定義「45歳以上」て言ってた。もうすぐだね、すぱな。
(まむし)
わしがもうすぐ熟女ってなんかウケる。
(すぱな)
だいじょぶ、わしもすぐ追いつく。
(まむし)

プロフィール

 nitro
 spanner
 mamushi 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

リンク用バナー

thanks&respect!

   500ml.org

 everyday icons   

 ブログランキング・にほんブログ村へ   

  ブローク 姉妹 ブログネットワーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター